健康診断でγ-GTPの数値が高いとされる中高年の方が増えて来ています。
原因は様々でしょうが、アルコールとの関わりが深いことは良く知られています。

しかし、数値が高いとされても,具体的な内容が分からないまま放置されてしまえば、
健康診断の意味さえ無くなってしまいます。

そこで、γ-GTPの基準値を知り、高い場合に疑われる疾患についてまとめました。

Sponsored Link

γ-GTPの基準値とは?

γ-GTPは、肝臓と深い関係にあると言われています。
これは、特に肝臓の解毒作用に関する酵素です。

肝臓や胆管の細胞が破壊されると、血液中にγ-GTPが流出する事から、肝臓や胆管の細胞の壊れた事を表す指標として使われています。

血液中にγ-GTPが流出する事が、人体に悪い影響を与えるわけではありませんが、このγ-GTPが何故増えるのかについて注目しなくてはいけません。

この数値が高いという事は、その分、肝臓が破壊された事に繋がります。
つまり、肝臓に何らかの疾患があるので数値が上昇するのです。

Hospital 7illustration by フリーメディカルイラスト図鑑

この基準値は、男性で10から50女性で9から32とされています。
この数字より低い事は問題ありませんが、高い場合は注意が必要です。

Sponsored Link

γ-GTPが高いと疑われる病気は?

以下に、数値別に疑われる病気を挙げました。

 

*基準値以上100まで
―アルコール性の肝障害、薬物性の肝障害,脂肪肝、慢性肝炎。
又、肝硬変や肝臓がんの可能性もあります。

*100から200
―アルコール性の肝障害、薬物性の肝障害、慢性活動性肝炎。
又、肝硬変、肝臓がん、胆道疾患の可能性もあります。

*200から500
―アルコール性肝障害、肝内胆汁うっ帯、閉塞性黄疸。
又、慢性活動性肝炎の可能性もあります。

*500以上
―急性アルコール性肝炎、肝内胆汁うっ帯、閉塞性黄疸

 

この数値は高くなっても自覚症状が無いとされています。
その為、健康診断でこの数値が明らかになるまでは、放置された状態のまま、病気が進行してしまう事もあります。

Foodillustration by フリーメディカルイラスト図鑑

特にアルコール摂取量が多目の方や、食生活の乱れのある方は、定期的に検査をされて、早めにご自分の数値を把握される事が大切となります。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら