血液検査の項目の1つにLAPというのがあります。

ですが、この検査で何が分かるのか?

LAPが高い場合や低い場合は問題なのか?

など、気になることも多いと思います。

そこで今回は、このLAPについて

  • どんな検査なのか
  • 分かること
  • 基準値
  • 異常
  • 注意点

などについてまとめました。

Sponsored Link

血液検査のLAPとは?

LAPは胆汁の中に多く存在し、肝臓の異常を見つける検査において重要な指標となっています。

LAPは、英語表記で「leucine aminopeptidase」読み方は「ロイシンアミノペプチターゼ」その略語でLAPといいます。

LAPは、ロイシン(必須アミノ酸)などのタンパク質を分解する働きを持つ酵素の一種です。

leucine aminopeptidase

LAPとALPγ-GTPの3つは胆道系酵素と呼ばれ、肝臓や胆道の病気で上昇する重要な酵素です。

関連記事)人間ドックの血液検査で分かる内容。1回で終わる?何度もやる?

LAPを検査するのはなぜ?

LAPは、

  • 肝臓
  • 膵臓
  • 胆道
  • 腎臓
  • 心臓
  • 小腸
  • 子宮
  • 精巣

など多くの臓器の細胞に含まれているものですが、血液中に増えるのは主に肝臓、胆道などに異常がある場合です。

そこで、血液を採取してLAPが血液中に漏れていないかを確認することで、肝臓や胆道に何らかの異常がないかを調べ病気を診断することが可能となります。

特に肝臓障害などで胆汁のうっ滞が起こると、胆汁が逆流してLAPが血液中に流れ込み、血液中の濃度が上がります。

検査法には、ゴールドバーカ・ルーテンベルク法、竹内―高橋法などがあります。

LAPの基準値とは?高い・低いと異常?

LAPの基準値は→35〜80 U/L

数値が低い場合は特に問題はないとされます。

なお測定法はいくつかありますので、測定法と数字の単位に気をつける必要があります。

医師
では、異常値となるのはどんな時なのか、ご説明します。

異常値

lap

低い場合は問題ないといいましたが、高い場合は問題となります。

検査の結果、上限の1.5倍未満で要注意それを超えると病気の危険性が高くなります。

LAPが異常(高値)のときに考えらえる病気は?

などが考えられます。

ただし、このLAPだけの値を見てこれらの病気と診断されることはありません。

肝臓の酵素や、ALPγ-GTPといった他の胆道系酵素、腫瘍マーカー、画像検査などを組み合わせて病気を診断していきます。

関連記事) 肝臓の検査の方法は?何科に行けばいい?

LAPの検査で注意すべき点は?

女性は妊娠末期に上昇することがあります。

1歳未満の子供では高値を示しますが、それ以降は成長と共に安定してきます。

飲酒などアルコールの摂取が多いとγ-GTPと平行して上昇する事もあります。

LAPは肝臓以外にも多くの臓器に存在していますので、この数値が高いだけでは肝臓の病気と特定することは不可能です。

参考文献:改訂新版 検査と数値を知る事典P124
参考文献:検査結果なんでも早わかり事典P114
参考文献:最新 病気の検査がよくわかる医学百科P94・95
参考文献:今日の臨床結果2011 2012P192・193

最後に

LAPとALP 、γ-GTPの3つは胆道系酵素と呼ばれ、これらは一緒に上昇する傾向にあります。

しかし、ALPはクル病など骨の病気でも上昇しますが、LAPは骨の異常では上昇しませんので、LAPとALPが一緒に上昇していれば肝臓・胆道系の病気ALPだけが上昇していれば骨の病気であると推察することが可能となります。

また、LAPの数値がやや高い程度で、他の肝機能検査で異常が見られないな場合は、特に治療は行なわれませんが、再検査をして経過観察となります。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら