尿中に排泄される糖を測定する検査は尿糖測定と呼ばれ、排尿から排尿までの間の血液の状態がわかる検査となります。

つまり、血糖値を直接測定しなくても、尿糖を測定することで食後に高血糖状態があったかどうかを間接的に知ることが可能となります。

それでは、尿の糖の正常値や異常値の判断はどの様にするのでしょうか?また、測定により異常値が確認されると、どの様な病気の可能性があるのでしょうか?

今回は、この尿糖測定についてまとめました。

Sponsored Link

なぜ尿の糖を測定するの?

0-44

糖尿病や脳血管障害、内分泌異常などを検査するために、尿の糖を測定します。

検査では、尿糖の有無を調べる定性検査、その量を調べる定量検査が行なわれます。

 

尿の糖の正常値と異常値は?

0-43

・定性検査
体の中の糖は一度尿の中に入っても尿細管で再吸収されて血液中に戻る仕組みになっています。
したがって、健康な人は100ml中に2~30mgしか検査しても出てきませんので、この程度の数値なら陰性で正常値となります。

・定量検査
1日1g以下では正常値です。
定性で陽性と反応し、定量検査で1日1g以上の糖が検出されると、異常値と判断されます。
なお、最近では定性・定量の双方をみる判定量法が普及してきました。

Sponsored Link

異常のとき考えられる病気は?

 

・糖尿病
血液の中に糖が増えすぎたために尿細管での再吸収が鈍って起こる真性糖尿病、腎臓機能の低下により血液の中の糖が正常値以下になって起こる腎性糖尿病が考えられます。

・そのほかの異常疾患
内分泌異常、脳血管障害など。

 

尿糖測定で注意すべき点は?

日常生活においてお酒を飲みすぎたり、高脂肪食、糖分の多い食生活を続けていると糖の排出量が持続的に多くなり、いわゆる2型糖尿病の原因となります。

この2型糖尿病では、インスリンの作用不足を改善し、血糖値を上手にコントロールすることで、病気の進行を防ぎ、合併症を予防することができます。

Diabetes

 

最後に

尿糖測定は、採血を必要とせず、痛みも伴わずに気軽に測定できるメリットがあります。

血糖値が測定時の瞬間的な数値なのに対し、尿糖値は尿が膀胱に溜められてから排泄されるため、前回の排尿から実際の測定までの平均的な数値となります。

最近では、*食後高血糖が重要視されていますが、食後の血糖値は変動が速く、血糖測定でこれを確認するためには頻回測定の必要があり、痛み、そして費用が掛かる問題点があります。

その点、尿糖測定の場合は、食事直前に排尿し、食後1~2時間の尿を測定するだけで腎閾値を超えるような食後高血糖状態があったかの有無が簡単にわかります。

 

既に糖尿病の方は、空腹時、食後共に血糖値が高い状態が続きます。
しかし、糖尿病になる前の糖尿病予備軍、隠れ糖尿病の方は、食後のみ血糖値が高くなることがあり、これを食後高血糖と呼びます。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら