GOT(AST)とは、人間ドックや健康診断で肝臓病の有無を調べるときに行なわれる血液検査です。

GOTの正式名は、グルタミン酸オキサル酢酸トランスアミナーゼといいますが、この名称は、AST=アスパラギン酸アミノトランスフェラーセという名称に変更されつつあります。

今回は、GOT(AST)の基準値などについてまとめました。

Sponsored Link

 

GOT(AST)ってなんで検査するの?

0-44
正式には、グルタミン酸オキザロ酢酸トランスアミナーゼ検査、略してGOT検査と呼ばれるものです。

これはGPTと共にトランスアミナーゼと呼ばれるアミノ酸の造成を促す酵素です。

それはアミノ酸からアミノ基を奪い取り、他の物質と結合させて新たなアミノ酸を作り出す作用をもっています。

GOTは、心臓に最も多く含まれ、次に肝臓、骨格筋などにも含まれます。
そうしたことから、心臓や肝臓での異常の有無を調べる検査として、最近、広く用いられるようになりました。

細胞内の酵素は、血液の中に放出されるので、その酵素の量を測定すれば、心臓や肝臓に障害が起こっているかどうかを知ることが可能となります。

GOT(AST)の正常値と異常値は?

0-08

・正常値
検査の結果、40IU/lであれば正常値であり、障害はみられないと判断されます。
なお、正常値より低い時は、別に心配するほどの事はありません。

また、GOT(AST)は、現在壊れている肝細胞はどの程度かを表していますが、肝臓は再生可能な臓器のため、細胞が壊れた量だけ再生できれば機能は低下しません。
そのため、検査値が多少基準値を超えた場合でも総合的な評価で「異常なし」であれば、心配には及びません。

・異常値
検査の結果、40IU/lを超える異常値
障害の疑いありと判断され、さらに詳しい精密検査が必要となります。

Sponsored Link

異常のときに考えらえる病気は?

hepatic carcinoma
・肝疾患=急性・激性・慢性肝炎、肝硬変、肝がん、脂肪肝など。

・心臓、骨格筋疾患=心筋梗塞、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、多発性筋炎など。

・血液疾患=溶血性貧血など。

・その他の疾患=膵炎、胆管炎、胆道がん、遺伝による影響など。

GOT(AST)の検査で注意すべき点は?

Glasses-

検査の前日に飲酒すると、数値は跳ね上がります。
日常的にお酒を飲む方は、正常値の10%増程度なら心配ありませんが、それ以上だと異常ありと判定されます。

また、激しい運動により高値を示すことがあるので、検査の2日前からは激しい運動は控えるようにされて下さい。

 

最後に

慢性的に高いGOT(AST)の数値を下げていくには、暴飲暴食、運動不足、睡眠不足、ストレス過多などの生活習慣を改善して、肝臓を疲れさせないようにすることが大切です。

また、肝炎を発症している場合は、月に一回程度の定期健診を要し、感染はしているが発症していない状態の方は年に一回の定期健診が必要となります。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら