尿沈渣の基準値は?異常ならどんな病気?

尿沈渣(にょうちんさ)とは、尿タンパクや尿糖などの定性検査で陽性(+)と出たときに行なわれるものです。これは、尿を遠心分離器にかけ、沈殿してくる赤血球や白血球、細胞、結晶成分などの固形成分のことを指します。

これらを顕微鏡で観察し、尿沈渣の数の増加や有無を調べて、腎臓などにみられる異常の診断、またその病状の経過観察を行なうのに用います。

今回は、なぜ尿沈渣の検査をするのか、尿沈渣の基準値、異常の時に考えられる病気、尿沈渣検査で注意したい点などについてまとめました。

Sponsored Link

尿沈渣なんで検査するの?

尿沈渣の検査を受けるように言われてしまいました。どういう検査なんでしょうか。
医師
に腎臓や膀胱に異常がないかどうかをみる検査の一つで、尿タンパクが陽性のときは必ず検査を受ける必要があります。

Science

検査をする時は、まず新鮮な尿を試験管にとり、それを1分間に1000~1500ほど回転する遠心分離器にかけます。5分ほどかけると、尿の液状成分は上に、尿中の細胞や血球などは下に沈殿します。この沈殿物をスライドグラスにのせ、顕微鏡で観察します。

関連記事)尿沈渣の上皮細胞の基準値は?異常の場合考えられる病気は?

尿沈渣の正常値と異常値は?

尿沈渣の正常値と異常値について教えて下さい。

White-blood-cell

・正常値
―観察の結果、沈殿物の中になにもないか、赤血球白血球しか確認されないときは、正常値と判断されます。

・異常値
―沈殿物の中に多量の赤血球、白血球、上皮細胞、円柱、脂肪顆粒細胞、尿酸塩などが発見されると異常と判断されます。

Sponsored Link

異常のとき考えらえる病気は?

0-11

・赤血球が多い場合
腎炎、腎結石、腎腫瘍、動脈硬化、心不全など。

・白血球が多い場合
腎炎、膀胱炎、尿道炎など。

・上皮細胞がみられる場合
尿路系の炎症。

・脂肪顆粒細胞がみられる場合
ネフローゼ、慢性腎炎など。

・円柱がみられる場合
腎炎、心不全、高血圧、膠原病など。

関連記事)尿沈渣で円柱の正常値ってどれくらい?どんな病気がわかる?

尿沈渣検査で注意すべき点は?

尿検査って薬や前日の食べ物や飲み物で結果が変わってきたり、疲れていたりすると影響することがあると聞きますが、尿沈渣検査でも注意点ってあるのでしょうか。
医師
薬剤を使用しているときは、赤血球や白血球、上皮細胞ほかの結晶がみられるので、検査前には予め薬剤名を告げるようにされて下さい。

0-02

関連記事

最後に

  • 尿沈渣は尿タンパクが陽性のときは必ず検査を受ける必要がある
  • 尿沈渣は腎臓や膀胱に異常がないかどうかをみる検査の一つ
  • 正常値は沈殿物の中になにもないか、赤血球や白血球しか確認されないとき
  • 異常値は沈殿物の中に多量の赤血球、白血球、上皮細胞、円柱、脂肪顆粒細胞、尿酸塩などが発見された場合
  • 異常の時に考えられる病気
    • 赤血球が多い→腎炎、腎結石、腎腫瘍、動脈硬化、心不全など。
    • 白血球が多い→腎炎、膀胱炎、尿道炎など。
    • 上皮細胞がみられる場合→尿路系の炎症
    • 脂肪顆粒細胞がみられる場合→ネフローゼ、慢性腎炎など。
    • 円柱がみられる場合→腎炎、心不全、高血圧、膠原病など。

赤血球や白血球は使用している薬剤や体調の変化などにより一時的に多くなることがあるので、正確な診断のためには必ず再検査を行なう必要があります。その結果、再び異常値となり、感染症が疑われれば、細菌培養検査で原因となっている菌を調べることになります。

また、その他の異常値の場合は、主に腎臓内科泌尿器科で尿中成分の定量検査、血液検査、超音波検査、腎生検、X線CT検査、腎盂造影などの詳しい検査をします。

尿沈渣により、大小不同な赤血球と共に円柱と呼ばれる円柱型のものが見えたり、その他、白血球、塩類、上皮細胞、細菌などが観察されます。

この様に、尿沈渣は健康情報の宝庫であり、腎臓病の診断や治療効果をチェックするのにも優れた大切な検査となります。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら