目次

尿ビリルビンとは?

ウロビリノーゲン同様に、赤血球中のヘモグロビンが代謝されてできる物質です。

ビリルビンは肝臓で処理され、間接ビリルビンから直接ビリルビンとなり、胆道から胆汁として腸管に排泄されます。

bilirubin figure

ですので、正常ですと尿からビリルビンは検出されないのです。

ところが、胆道に閉塞などがあれば、直接ビリルビンが胆道から排泄されなくなります。

排泄されない直接ビリルビンは、血中にあふれてきて、腎臓から尿中へ排泄されることになります。

bilirubin figure1

 

これが尿へビリルビンが出てくる機序になります。

ですので、尿検査でビリルビンを調べる目的は、基本的に、肝臓や胆道系疾患のスクリーニングとして行われます。

2種類あるビリルビン

ちなみに、ビリルビンには上のように間接ビリルビンと直接ビリルビンがあり、これらを合わせて総ビリルビンと言います。

つまり

ということですね。

間接ビリルビンは、腎臓からは排泄されず、尿中ビリルビンは、直接ビリルビンのことを意味します。

関連記事)尿検査でわかることは?どんな病気が見つかる?

尿ビリルビンの基準値は?

検査は一般的に、試験紙法(ジアゾ反応)という定性法が用いられます。

健常者なら尿中ビリルビンは検出されないので、陰性ならば問題がなく、正常(基準)としています。

ジアゾ反応とは?
条件を酸性とし、ビリルビンがジアゾニウム塩と合わさり(カップリング)、赤いアゾ色素を形成することを用いた検査方法です。
ビリルビン濃度が0.4〜0.8mg/dLで陽性化します。

 

尿ビリルビンが陽性な場合考えられる病気は?

胆道が詰まった状態となると、ビリルビンがあふれて逆流することで血液中に入り、腎臓から尿に排泄されるようになります。

そのため、陽性の場合は、胆道の閉塞が疑われます。

胆道の閉塞だけでなく、急性肝炎や肝臓がんでもビリルビンの排出が不良となります。

医師
ですので、考えられる病気としては、以下のようなものがあります。

bilirubin figure2

肝障害では、急性肝炎肝硬変・原発性肝炎・高濃度うっ血性心不全・薬物性肝障害などが原因となります。

閉塞性黄疸では、胆石症(中でも総胆管結石)・胆嚢胆肝炎・膵頭部癌などが原因となります。

関連記事)尿検査のウロビリノーゲンとは?基準値は?陽性になる原因は?

尿ビリルビンの検査をする上での注意点は?

尿ビリルビンは、光や酸化剤、重金属や高温、長時間室温で放置すると成分が変化してしまいます。

例えば、酸性化で発色するビリジウムのような薬物の代謝物によって偽陽性となってしまうこともあるのです。

そのため、新鮮な尿(1時間以内の尿)を用いて検査を行う必要があります。

参考文献:今日の臨床検査 2011ー2012 P33
参考文献:最新 尿検査 その知識と病態の考え方P63〜67
参考文献:よくわかる検査数値の基本としくみP114・115

最後に

 

ビリルビンは黄色い色をしています。

そのため、ビリルビン値が上昇すると、皮膚や眼に黄疸が現れます。

同様に、尿ビリルビンが陽性の場合、尿の色にも変化が現れ泡沫が黄色く染まり、茶〜褐色尿となります。

 

関連記事はこちら


タグ

コメントを残す