尿検査で蛋白が

尿検査で蛋白が陽性になると、何か病気?悪いとこがあるのかな?と心配になりますよね。

女性の場合、尿蛋白という言葉をよく耳にするのは、妊娠中の定期検診の時だと思います。毎回のように血液検査と尿検査をし、糖と蛋白の数値を計り、母子手帳にも結果を記入されますよね。

そこで、今回は尿検査で蛋白が出る原因とは?についてご説明し、女性の場合考えられる他の原因、尿蛋白は体からのシグナル?といったことをお話したいと思います。

Sponsored Link

尿検査で蛋白が!原因は?

先日、尿検査をし、蛋白が陽性となりました。どうしてでしょう?原因はどんなことが考えられるのでしょうか?
病気ではない尿蛋白・病的な尿蛋白と分けて、考えられる尿蛋白の原因をご説明したいと思います。

尿蛋白は、尿に含まれるタンパク質で、通常は腎臓でろ過されるため、尿に混じることはないんですが、何らかの原因で尿にタンパクが混じって出ることがあり、それを尿蛋白といいます。

病気でない尿蛋白の原因

  • 生理前
  • ストレス
  • 起立性蛋白尿
  • 発熱
  • 激しい運動
  • たんぱく質過剰摂取
  • 入浴後

これ以外では、精液が混じったり、膣からの分泌物で陽性反応が出ることもあるようです。

病的な尿蛋白の原因

  • 糖尿病
  • 前立腺の異常(男性の場合)
  • 腎臓の病気
  • 肝臓の病気
  • 心臓の異常
  • 膀胱の異常

尿蛋白が出たからといってすぐに病気に結び付くものではありませんが、腎臓などが原因だった場合、自覚症状が出にくく気付きにくいこともありますので、詳しい検査をすることをおすすめします。

jinzou

関連記事)尿検査の蛋白の基準値は?前日の注意点は?

女性の場合は他にも原因が!

女性の場合は他にも原因があるって本当ですか?
女性の場合は、妊娠中にも尿蛋白が出ることがあります。

妊娠中は、検診時に毎回尿検査をすると思います。それは、妊娠中の尿蛋白の数値を見ることで、妊娠中毒症が隠れているか判断するためでもあるんです。ですが、妊娠中は普段よりも尿蛋白が出やすく、母親自身の分だけでなく、胎児の分もろ過するため、出やすくなるんです。

検診の度に尿蛋白が陽性となる場合は、詳しい検査をし早期に治療する必要があるんです。妊娠中毒症を放置すると、妊娠高血圧症候群腎臓にも負担がかかり、流産や胎盤早期剥離の原因ともなり、母子共に危険な状態に陥ることがあるからです。

ninnshin

私の場合、妊娠中1度だけ尿蛋白が出たことがあります。その時は、「運動不足もあるのかも?」と言われ、適度な運動をするように指導され、その結果、次の検診時には数値が改善されていました。

Sponsored Link

尿蛋白は体からのシグナル!生活を見直そう

病気が原因でない場合、改善することはできるんですか?
尿蛋白は体からのシグナルで、体のなかから「気を付けなさい」と教えてくれてるものなんです。生活を見直すことで改善できるため、日々の生活を見直しましょう。
  • 運動不足の解消
  • 食生活の見直し
  • ストレス解消

運動不足の解消

健康な人でも尿蛋白は出ます。激しい運動でない、適度な運動をすれば改善されるでしょう。おすすめの運動は、ウォーキング、ジョギング、水泳、水中歩行、ヨガやエアロビクスなどです。

食生活の見直し

腎臓に良い食事をとることが改善にもつながります。オルニチンやカリウムを含む食材がおすすめです。

それぞれを多くふくむ食材をご紹介します。
オルニチンを多く含むもの
  • チーズ
  • しじみ
  • ホンシメジ
  • エノキダケ
  • キハダマグロ
  • アミノサプリ・・・などなど・・・

cheese

カリウムを多く含むもの
  • ほうれん草
  • バナナ
  • かぼちゃ
  • 芽キャベツ
  • ひじき
  • 高菜漬け
  • トマトジュース
  • 豆乳
  • 日本茶・・・などなど・・・

hourensou

ストレス解消

ストレスも原因となります。ですので、ストレスをためない生活、ストレス解消が大事になります。それぞれストレス解消は違うと思いますが、自分に合った解消法を見つけておきましょう。

ありがとうございました。尿蛋白=腎臓の病気というイメージがあったんで、その他の原因も色々あるんですね。大変参考になりました。

 

最後に

  • 尿蛋白の原因は、病気ではない原因と病気が原因の場合がある
  • 女性の場合、妊娠中に出やすい
  • 妊娠中の尿蛋白を放置すると妊娠中毒症になり母子共に危険な状態になる事も
  • 運動不足の解消・食生活の見直し・ストレス解消で改善できる場合もある

いかがでしたでしょうか?妊娠中尿蛋白が出た場合塩分や糖分を控えるだけでも改善につながります。また、医師の言いつけを守り、制限体重を守ることも大切です。だからといって無理はいけませんが、十分な休息をとり、日々の生活を見直してみましょう。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら