barium diarrhea Eye-catching image

胃の検査の時、バリウムという液状の金属を飲みますが、出ないことがたびたびあるようです。大抵は病院でもらった下剤を飲めば1日~2日で排出されるのですが、もしでなかった場合どうなるのでしょうか?

バリウムが出ないなんてことあるの?
医師
便秘ぎみの方は起こりやすいですね。

 

出なかったらどうしよう・・・なんて考えたら怖くなってきました。そこで今回はバリウムが出なかった場合、出ない状態が長期間続くとどうなるのか、調べました。

 

Sponsored Link

検査後下剤を飲んでもバリウムが出ないとどうなるの?

医師
まずは出なかったバリウムがどうなるかお話しします。
  • 腸内でバリウムが固まる
  • 腹痛が起こる(憩室炎)
  • 腸閉塞になる

ibiki

腸内でバリウムが固まる!

バリウムがうまく排出されなかった場合、バリウムが腸内で固まってしまいます。バリウムは造影剤で、元は石の粉です。それを水に溶かしただけのものなので、時間が経つと腸内で水分が体内に吸収されることによりどんどん固まってきます。

腸の中でバリウムが固まって石になってしまうなんて考えただけでもおそろしいですね。

腹痛が起こる(憩室炎)

前述したとおり、腸内でバリウムは石になりますが、腸内はただのまっすぐの管ではなく、ひだがたくさんありますからそのひだの中にもバリウムが入り込んでいくんです。そしてそこでまず起こり得る可能性がある疾患は憩室炎です。

大腸にある憩室とは腸の内壁の一部が袋状にとびだしているもののことです。憩室は年齢と共に増加していきます。その憩室にバリウムが入り込むことで炎症をおこしてしまうのです。

医師
憩室炎の主な症状です。
  • 急な下腹部痛(右わき腹)
  • 下痢
  • 発熱
  • 血便

軽症の場合は内服治療になりますが、重症になると憩室の動脈が破れて大出血を起こしてしまいます。そうなると手術になります。盲腸に症状がよく似ている疾患です。

腸閉塞になる

腸閉塞とは別名イレウスともいわれます。腸にバリウムが詰まることによって発症します。

医師
腸閉塞の主な症状です。
  • 激しい腹痛
  • 激しい嘔吐
  • 激しい腹痛が起こったり収まったりを繰り返す(疝痛)
  • お腹が張る

腸閉塞の中でも絞扼性腸閉塞と呼ばれる症状になると激しい痛みが収まらず、顔面蒼白や冷感が見られ、ショック状態になります。この場合は手術が必要です。

絞扼性腸閉塞以外の腸閉塞ならば手術をせず、断食を行い、胃を休めることで治療が可能です。

関連記事)バリウム検査の副作用は?便秘になるの?

どんな状態になると開腹手術になるの?

医師
次は手術は必要が場合についてお話しします。

手術はどうしても出なかった時の最終的な手段です。手術になってしまう前、様々な方法でバリウムを出すことを試みます。バリウムを取り出す方法はこちらです。

  • 下剤を使って出す
  • 高圧浣腸によって出す
  • 内視鏡手術によって出す

 

これだけやっても出ないことがあるの?
医師
大丈夫ですよ。これらの過程についてお話しします。

高圧浣腸

高圧浣腸とは石鹸などを大量に直腸に注入することで直腸に刺激を与え、便通を促す方法です。病院で使われる浣腸は一般で売られている浣腸とは違います。薬局で売られている浣腸を想像していると驚いてしまいますので気を付けましょう。

内視鏡による手術

バリウムが奥の方にあって浣腸でも届かない場合など、出すのが困難な場合、内視鏡による手術によってバリウムを砕く方法があります。

 

20130128133459

 

 

開腹手術になったら

すべての手段をやりつくしても出なかった場合開腹手術になります。

医師
これらがバリウムが出なかった時の対処方法になります。
 バリウムが出ないことがあるとわかってよかったわ。
医師
お話しはまだ終わりませんよ。

 

重症の場合は人工肛門も!?

人工肛門もあり得るって本当ですか?
医師
重症の場合はあり得ます。

バリウムが留まることにより腸が破裂することがあり、そうなった場合は人工肛門もあり得ます。そうならないうちに早めに受診しましょう。

Sponsored Link

バリウムが何日出なかったら受診すべき?

最初でも書きましたがバリウムは通常1日~2日ぐらいで出てきます。ですので4日以上でないようなら受診しましょう。

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

 

まとめ

いかがでしたか?今回はバリウムについてあまり知られていないお話しでした。バリウムが出なかったら・・・想像しただけでも怖いですね。

バリウム検査のリスクをきちんと理解し、安心して検査を受けるようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら