目次

急性虫垂炎とは?

「急性虫垂炎とは何なのか?」

を説明する前に、そもそも虫垂とは何なのかについて説明します。

そもそも虫垂(ちゅうすい)とは?

虫垂(ちゅうすい)は、下のイラストのように小腸(回腸)から大腸に移行する部位の近くの盲腸下部から出る細い管状の小突起です。

acute-appendicitis1

急性虫垂炎とは?

そして、急性虫垂炎とは、簡単に言うと、この虫垂に感染が起こった状態です。

acute-appendicitis2

虫垂は、通常、空気を含んでいる空洞の管腔です。

この虫垂が何らかの原因でふさがり、中の圧力が上昇することによって循環障害が生じ、二次的に感染が加わることで発症するのが急性虫垂炎です。

つまり、

という機序で虫垂炎が起こります。

急性虫垂炎の原因は?

では、虫垂炎を引き起こす虫垂がふさがる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

これには

が原因となり、虫垂の内腔が閉塞します。

細菌ウイルスによる感染症ストレス食生活との関連性も考えられていますが、詳しいことは解明されていません。

最も多く発症するのは10〜20歳代ですが、乳幼児期の子供から大人(妊婦・高齢者)にも起こります。

糞石とは?

fecalith

糞石(Fecalith)とは、消化管の内容物である食べ物・老廃消化管細胞・消化液が消化管の中で固まって虫垂内(主に虫垂根部)に停留したものを言います。

胃のバリウム検査や大腸のバリウム検査のバリウムがこの虫垂に残ってしまい糞石を作ることもあります。

糞石を伴った急性虫垂炎は、抗生剤で一時的に症状を抑えることができても、糞石自体は無くならないので、再発する頻度が多いと言われます。

そのため糞石がある虫垂炎は、手術適応があると言われます。

急性虫垂炎の症状は?

acute-appendicitis4

という風に、初期と、進行した後で痛みの場所が移動するのが虫垂炎の特徴です。
(ただしこのような典型的な痛みの移動を起こさないこともあります。)

初期症状

acute-appendicitis5

初期症状として

などがあらわれます。

この時の症状は、虫垂内圧の上昇にともなう内臓痛が主で、右下腹部の圧痛はまだありません。

また、腹痛の前に、下痢や便秘症状が認められることもあります。

進行すると

acute-appendicitis6

症状が進行すると(初期の腹痛から数時間経過)

などがあらわれます。

医師
また、上記以外にもある特徴的な痛みをご説明します。

乳幼児の場合は、腹痛をうまく訴えられず、泣き止まないと行った症状もありますが、初期から発熱・嘔吐・脱水が見られます。

関連記事)盲腸(虫垂炎)の症状をセルフチェックしよう!

急性虫垂炎の診断は?

身体診察・採血検査・超音波検査・CT検査などをおこない診断します。

身体診察

限局性(病気による影響が局所に限定されている状態)を認める部位圧痛点といいます。

虫垂炎では特徴的な圧痛点があります。

医師
特徴的圧痛点を、それぞれご説明します。

acute-appendicitis7

McBurney点

右上前腸骨棘とおへそを結ぶ外側3分の1の点(虫垂の付着部)。

Lanz点

左右上前腸骨棘を結ぶ線の右外側の3分の1の点(虫垂の先端)。

採血検査

が確認できます。

超音波検査

肥大した虫垂や糞石が超音波検査で確認できます。

重症例では、腹水や虫垂壁断裂なども見られます。

CT検査

肥大した虫垂や糞石、周囲への炎症の波及が確認できます。

また、虫垂結石がある場合には、高い確率で穿孔をともないます

穿孔とは?

穴が開いた状態を穿孔といいます。

穿孔をともなう場合には、壁外遊離ガス・イレウスの合併・周囲膿瘍が確認できます。

 

CT検査は、合併症の有無や他の疾患との鑑別にも有用です。

穿孔することにより、様々な合併症を引き起こします。

急性虫垂炎のCT画像診断についてはこちらに詳しくまとめました。→急性虫垂炎のCT所見のポイント!

 

医師
以下のような合併症があります。

急性虫垂炎の鑑別診断は?

医師
また、鑑別疾患としては以下のものがあります。

急性虫垂炎のガイドラインは?

急性虫垂炎のガイドラインはありません。

日本プライマリ・ケア連合学会の急性腹症ガイドライン案では、いくつかの項で虫垂炎について触れられています。

以下に要点を抜粋します。詳細は、急性腹症ガイドライン案を参照ください。

参考 30歳代 男性

acute-appendicitis-xp-findings-fecalith

レントゲンにて虫垂結石を認めています。

(ちなみに急性虫垂炎はありませんでした。)

Alvaradoスコアとは?

これらの合計が7点以上を虫垂炎陽性とした場合

感度81%、特異度74%であった。というもの。

急性虫垂炎の治療は?

内科的治療外科的治療があります。

抗生剤(内科的治療)

炎症が軽度の場合には、入院管理のもと安静にし、絶食とし、輸液をおこないます。

治療薬としては抗菌薬を第一選択とし、起因菌の頻度を考え、セフェム系抗菌薬が選択されることが多くあります。

また、解熱・鎮痛・制吐薬が症状に合わせて投与されます。

手術(外科的治療)

内科的治療によって回復しない場合や、穿孔による合併症をともなえば緊急手術となります。

医師
手術方法として以下のようなものがあります。

関連記事)虫垂炎の手術の適応は?ガイドラインはあるの? 

急性虫垂炎の術後の看護のポイントは?

術後は頭を少し高くし、休みます。

術後の痛みや発熱、傷跡の様子やバイタイルサインの変化を見逃さないようにしましょう。

排ガス(オナラ)が出れば、肛門からガスが通常通り排出された証拠とになり、食事をすることが可能となりますが、それまでは絶食となります。

術後1週間程度で患者の状態や傷の具合を確認し、抜糸し、退院となります。

参考文献:
病気がみえる vol.1:消化器 P184〜189
消化器疾患ビジュアルブック P126〜130
新 病態生理できった内科学 8 消化器疾患 P140・141
内科診断学 第2版 P856・857

最後に

 

早期診断が早期回復にもつながるため、初期症状を見逃さないようにすることが大切です。

また、特に子供の場合は訴えが不明瞭なこともあるため、心配な症状を見逃さず、早期受診が重症化を防ぐポイントになります。

 

関連記事はこちら


コメントを残す