General anesthesia a gastroscope Eye-catching image

病院や検診で、胃カメラでの検査を受ける機会がありますよね。胃カメラを使っての検査は、色々な病気を発見出来るのでとても良いと思います。しかし、胃カメラが初めての方はちゃんと受けられるだろうかと不安になる事でしょう。

そんな不安を少しでも軽減する為に全身麻酔という方法がありますが、麻酔というと高額になるのではと心配しますよね。私もまだ胃カメラでの検査をした事がないのでもし麻酔をしたら高額になるのではないか、と心配してしまいます。

今回は、胃カメラでの検査を楽に受けられる全身麻酔についての料金や検査をする時の流れ、メリットなどについて少しですが調べてみました。

Sponsored Link

胃カメラは全身麻酔でも受けられる?料金は?

胃カメラのイメージは苦痛で、特に嘔吐反射が強い方には辛いばかりの検査ではないでしょうか?そういう時に思い浮かべるのは全身麻酔だと思いますが、胃カメラの検査で全身麻酔をするのはリスクがあり、金額も別途かかってしまうので恐らく病院からは鎮静剤(精脈麻酔)を勧められます。但し、病院によっては鎮静剤を使っての胃カメラ検査が出来ないという病院もあるので、インターネットなどで事前に確認すると良いですね。

胃カメラで全身麻酔を受けるなら詳細な料金の確認を

鎮静剤を使っての胃カメラの検査料金は健康保険が適用されるので3割負担となり、使用する薬剤の料金を含んで3000円~4000円程度で受けられます。これは検査料金なのでこれに受診料などが追加され、トータルすると5000~10,000円となります。はっきりとした料金は、事前に聞く事も出来ますので聞いてみて下さいね。

Sponsored Link

全身麻酔での胃カメラ!前日からの流れは?

ここでは全身麻酔ではなく、一般的な鎮静剤での胃カメラ検査の流れをご紹介しましょう。

  1. 前日の午後9時以降は食事をしない(水分は検査当日の2時間前まで取ってOK)
  2. 当日、病院に行ったら血圧などの測定をする
  3. 胃除泡剤を内服、咽頭麻酔を含む
  4. 検査室に移動して咽頭麻酔の追加をする
  5. マウスピースをくわえて、左を下にして横になる
  6. 鎮静剤を注射する
  7. 検査(検査時間は約10分程度)
  8. 検査が終了したらリカバリールームに移動して休む
  9. 目が覚めたら検査結果や検査後の注意事項の説明を聞く
  10. 会計をして終了、麻酔を掛けていたので帰宅する時は気を付けて
医師
詳細な流れは検査が決まった時に医師か看護師から説明がありますし、当日も指示に従えば良いので覚える必要はありません。

胃カメラで全身麻酔を受ける時はしっかり医師の話を聞いて

関連記事)胃カメラの後の食事は普通に摂っていいの?

全身麻酔と鎮静剤の違いは?同じもの?

全身麻酔と鎮静剤の違いについては以下の通りです。

全身麻酔

全身麻酔は自発呼吸が出来なくなるので人口呼吸器で呼吸管理をしなければなりません。それと薬剤料金以外に麻酔管理費など、別に費用が発生するので15万円は必要となります。

鎮静剤

鎮静剤は完全に意識がなくなる全身麻酔と違い、個人差はありますが呼びかけると意識が戻る程度の麻酔です。別名、精脈麻酔と言われていて全身麻酔よりもリスクが少なく、胃カメラの検査をする時に使われるのはこの鎮静剤が主流です。

全身麻酔のメリット・デメリットは?

胃カメラ検査をする時に全身麻酔や鎮静剤を使用する時のメリットとデメリットには、以下のような事があります。

メリット

  • スコープを押し出そうする嘔吐反射がなく受けられる
  • 検査中に喉にはスコープがある状態なので圧迫感を感じるが、それを感じる事がない
  • 胃の中をしっかり観察する為、胃の中に空気が入っているので、膨張感や胸を突き上げるような苦しさがあるがそれも感じない
  • 意識のない状態で検査を受ける為に苦痛がないので、適切な検査が受けられる

デメリット

  • 意識がないのでリアルタイムに医師とやり取りが出来ない
  • 麻酔の効き目が切れるまで病院で休む必要があるので、すぐに帰宅する事が出来ない
  • 検査を受けた当日は車の運転や細かい作業が出来ない
  • 全身麻酔だと高額になる(15万円程度かかる)

メリットは緊張や違和感がなくなり身体的な苦痛が軽減される事、デメリットは麻酔が投与される為に出来なくなったりする事が多いです。

胃カメラでの全身麻酔はメリットもデメリットもあるので確認を

さいごに

  • 胃カメラ検査で全員麻酔を受ける事は不可能だが、鎮静剤で軽減させられる事が可能
  • 検査料金は3000円~4000円程度、受診料などを追加したら5000~10,000円程度
  • 検査をする流れは前日の夜から始まる。詳細は検査が決まったら説明があるのでしっかり聞いて
  • 胃カメラ検査で全身麻酔や鎮静剤をするメリットは身体的な苦痛を軽減させる事、リットは検査後に運転などの日常生活に支障が出るという事

胃カメラで検査をするのが大事だけど、辛いと聞くと受ける事にどうしても抵抗を感じてしまいがちです。鎮静剤をする事によって身体的にも精神的にも楽に受けられるので、抵抗がある方は医師に相談してみると良いですね。

私はまだ胃カメラでの検査を受けた事はないのですが嘔吐反射が強いので、この記事を書いていて全身麻酔が必要だと思いました。鎮静剤なら、料金も思った程高額ではなかったので胃カメラで検査する事になったら鎮静剤が可能な病院を探してそこで検査を受けようと思います。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら