アミラーゼは、デンプンを糖に分解する消化酵素のことで、主に膵臓唾液腺から分泌されており、その他肝臓、心臓、肺、腎臓、小腸、横紋筋、乳腺、甲状腺などにも含まれています。

血液中に膵臓から分泌される膵型アミラーゼが40%、唾液腺から分泌される唾液腺型アミラーゼが約60%が正常な割合となります。

今回は、血清アミラーゼ(AMY)の基準値などについてまとめました。

Sponsored Link

血清アミラーゼ(AMY)ってなんで検査するの?

Medic

アミラーゼは、膵臓や唾液腺から分泌される酵素です。

膵臓に最も多く含まれることから膵臓に何らかの異常がある場合、膵臓の細胞が破壊されることによって血液や尿の中にアミラーゼが流出します。
このため、血清や尿中のアミラーゼを測定することで、膵疾患の診断や経過検察において有効とされます。

アミラーゼを測定する場合は、血液を採取して、血清部分を自動分析器にかけて測定するのが一般的な方法です。

血清アミラーゼ(AMY)の正常値と異常値は?

Woman (3)

・正常値
検査の結果、血清アミラーゼが40~122IU/L であれば正常と判断されます。
なお、尿アミラーゼは、65~840IU/L正常値とされています。

・異常値
上記の数値よりも高くても、低くても異常値とみなされます。

Sponsored Link

異常のときに考えらえる病気は?

pancreas

・正常値より高い時
急性膵臓炎、急性胆のう炎、急性虫垂炎、化膿性耳下腺炎、唾液腺閉塞、腎不全などが疑われます。

・正常値より低い時
慢性膵臓炎、流行性肝炎、中毒性肝炎、肝硬変などの肝臓疾患が疑われます。

血清アミラーゼ(AMY)の検査で注意すべき点は?

docter-woman

・検査法には色々あり、正常値は種類により違ってきますので、どの検査を用いたかを把握してから数値を読むようにして下さい。

・新生児では低値を示しますが、5~10歳頃にはほぼ成人と同じ値となり、その後60歳ぐらいまでは有意な変動はありません。

・やせている方は、血中アミラーゼは約20%ほど高くなる傾向になります。

最後に

アミラーゼは膵臓唾液腺で分泌される物質ですので、血液検査の結果アミラーゼの数値が高くでても、それだけでは膵臓に関した病気なのか、唾液腺に関した病気なのかを推定することは不可能です。

そこで、どちらかを推定するためにはアイソザイム測定が行なわれます。
膵臓と唾液腺では同じアミラーゼでもアミノ酸配列が違いますので、アイソザイム測定を行うことでアミラーゼが高値になる原因となっている由来臓器を推定する事が可能となります。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら