ビリルビンとは、赤血球の寿命がつき破壊されるときに生成される黄色い色素のことです。

ビリルビンは血液で肝臓に運ばれ、胆汁中に破棄れますが、肝臓で処理される前のビリルビンを間接ビリルビン、処理された後のビリルビンを直接ビリルビンといい、2つを合わせて総ビリルビンといいます。

この総ビリルビンは通常は血液中にごくわずかしか存在していませんが、病気になると異常に大きく上昇しますので、肝臓などの状態を知るための重要な血液検査項目になっています。

今回は、このビリルビン(Bil)の基準値などをまとめました。

Sponsored Link

 

ビリルビン(Bil)ってなんで検査するの?

Medic

ビリルビン(Bil)は、血液中の赤血球が分解されて出来る色素の事で、胆汁色素とも呼ばれています。

肝臓の機能に異常がないかどうかを調べる検査の一つで、略してTB検査ともいいます。
肝機能障害や胆管障害などがあると、ビリルビンが血液中に増加してきますので、ビリルビンの数値を調べれば、それらの臓器に異常がないかを知ることができます。

ビリルビン(Bil)には、間接型直接型があります。
間接型は赤血球が分解してヘモグロビンが血液中に流れ込んだもの、尿から排出されることはありません。
直接型は間接型が肝臓に運ばれて別の物質になったもの、これは尿から排出されます。

検査にあたってはモイレングラハト法が用いられ、血清を生理食塩水で薄めて重クロム酸カリ標準液と同じ色になったときの希釈倍数で測定します。

 

ビリルビン(Bil)の正常値と異常値は?

0-59

正常値

検査の結果0.2~1.0mg/dLであれば正常値と見なされますが、0.8以下が健康な状態とされます。
直接型は総ビリルビンの半分以下0.3mg/dL正常値です。
モイレングラハト法では4~6単位となります。

異常値

検査の結果、1mg/dL以上のときは、異常ありと判定されます。

Sponsored Link

異常のときに考えらえる病気は?

Woman (4)

  • 黄疸、
  • 肝臓病、
  • 胆石、
  • 溶血性黄疸、
  • 体質性黄疸、
  • 慢性・急性肝炎、
  • 肝硬変、
  • 溶血性貧血 などが疑われます。

ビリルビン(Bil)の検査で注意すべき点は?

Carrots

 

モイレングラハト法では、みかんや人参などを多く摂っていると、カロチンの影響で高い数値が出ることがありますので、検査前にはこれらを制限されるようにして下さい。

体質によって、数値が高く、黄疸が出るものを体質性黄疸といいますが、この場合は、肝機能は正常なので治療の必要はありません。
しかし、黄疸の症状が出たら直ぐに検査を受けて、問題がないかを調べることが大切となります。

最後に

検査の結果、異常が見られた場合は、他の肝機能検査の結果と照らし合わせて検討し、さらに必要ならば、腹部超音波検査、腹腔鏡検査、肝生検などのより精密な検査を進め、その上で病気が診断されます。
病気が判明した場合は、医師の指示の下に適切な治療を行うことが大切です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら