血小板は血液の成分の一つで、血管が傷つくと反応し、出血するのを防ぐ働きがあります。

ケガなどにより出血した後で自然に血が止まるのは、この血小板が正しく機能している証拠です。
血管が傷つき破れると、血液中の血小板がその部分に次々と集まってきて破れた部分を塞ぎ、やがて固まることで止血しています。

今回は、その血小板数(Plt)の基準値などをまとめました。

Sponsored Link

血小板数(Plt)ってなんで検査するの?

0-71
血小板は出血した時、それを止める大切な働きをしています。

それが多すぎても、逆に少なすぎても問題で、出血がみられます。
そこで、血小板の数が適正値であるかどうかをみるのが検査の目的です。

また、近年においては様々な疾患の発病に伴い血小板数が増減することが確認されてきており、主に血液中の血小板数を調べることで疾患の可能性を検討する指標として検査が行なわれるようになって来ています。

血小板数(Plt)の正常値と異常値は?

Research
・正常値
血液1立方ミリメートル中に20~40万個あれば正常値とみなされます。
ただし、正常値でもその働きに問題がある事もあるので、機能の検査もおこないます。

・異常値
数が10万個以下になると出血症状がみられ、5万個以下では自然に鼻血が出たり皮下出血が始まって紫色の斑点が出たりし、3万個以下では血尿や腸内出血、2万個以下になると生命に危険が及ぶこともあります。
また逆に正常値より多すぎて、50万個を超えると出血しやすくなります。

Sponsored Link

異常のときに考えらえる病気は?

0-59

・血小板が少ない場合
理由もなく鼻や歯茎から出血しやすくなり、血小板減少症がみられます。

・血小板機能異常の場合
出血しやすくなり、また一度出血するとなかなか血が止まらない血小板無力症が考えられます。

 

血小板数(Plt)の検査で注意すべき点は?

0-43

この検査は季節的な変化の影響もあり、春は比較的低く、秋は高く出る事もあります。

最後に

血小板数が10万個以下、あるいは40万個以上と確認されると精密検査や治療が必要となります。

また、血小板の凝集能力が高まると血栓がつくられ、これが脳血管や心臓の冠状動脈が詰まり脳梗塞急性心筋梗塞などを引き起こす可能性を高めます。

治療としては、血小板が著しく増加している場合には、血栓症予防のためにアスピリンやワーファリンなどの薬剤の投与が行なわれます。

血小板の異常な増減には重い病気との関係も高いため、血液内科のある病院において精密検査を受けることが大切となります。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら