鳥肌胃炎とは若年者の胃がんの早期の内視鏡(胃カメラ)所見として知られているものに、「鳥肌胃炎」があります。
この鳥肌胃炎をベースに生じた胃がんは悪性度が高いことで知られています。

今回は鳥肌胃炎の原因と、治療などについてまとめてみました。

Sponsored Link

鳥肌胃炎とは?

読んで字のごとく、胃の内視鏡(胃カメラ)所見が鳥肌のようにみえることから付けられています。

10~20歳代の若い人、特に女性のピロリ菌感染の胃によく見られます。

実際の内視鏡所見はこんな感じです。

nodular gastritis

2013年放射線科診断専門医試験問題62より引用。

まさに「鳥肌」のような胃の壁ですね・・・。

なぜこんな胃壁になるかというと、ピロリ菌への初感染時に現れ、病理組織学的には、粘膜固有層のリンパ濾胞の増生が隆起を形成して鳥肌のように見えるのです。

この鳥肌胃炎を見つける方法は、実際に胃の壁の様子を見る検査をする必要があります。その検査は2つあります。

  • 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
  • 胃透視検査(バリウム)

この2つだけです。触診などではもちろん診断できませんし、CTなどの画像検査でも診断できません。

ちなみに胃透視検査で見るとこのように見えます。

nodular gastritis1

2013年放射線科診断専門医試験問題62より引用。

鳥肌胃炎は胃がんになりやすい?

鳥肌胃炎の、最大の問題は胃がんになりやすいことです。

非鳥肌と比べて発がんのオッズ比は64。つまり、64倍胃がんになりやすいということです。特に悪性度の最も強い未分化胃癌が多いのです。

若い人で悪性度が高い胃がんが発症しやすい胃炎として、注目されているのです。同じピロリ菌感染でも20歳以上では、鳥肌胃炎よりも、がんの発症の確率のずっと低い萎縮性胃炎の割合が増えてきます。

Sponsored Link

鳥肌胃炎の原因は?治療は?

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_sピロリ菌(H.pylori)感染が原因と言われています。

 

ですので、治療は、速やかにピロリ菌の除菌が効果的です。ただし、現状、保険適応になっておらず、自費での除菌が必要なのです。

参考)ピロリ菌の除菌の保険適応:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃がん内視鏡治療後のみ。

胃がんになりやすい胃炎で、その原因はピロリ菌であるのに、保険適応になっていないのは残念です。

最後に

10-20歳という非常に若い、特に女性の鳥肌胃炎は胃がんの発症率が高く注意が必要です。

この鳥肌胃炎は胃炎ですので、腹痛の原因にもなります。若い女性の腹痛で原因が不明の場合、内視鏡検査や場合によってはバリウム検査も考慮に入れましょう。

参考)Dig Endosc,19:180-184.2007

Sponsored Link

 

関連記事はこちら