陽性」タグアーカイブ

尿検査で蛋白が陽性になる割合はどれくらい?

 

Urinalysis Eye-catching image

 

手軽に行え、体の状態を知ることができる検査として、尿検査があります。

その中でも、尿蛋白がでた場合、病気が原因のことや病気以外が原因のこと、女性の場合でしたら妊娠中に出るものなど・・・様々な原因で陽性となることがあります。

しかし、実際のところ・・・

どれくらいの人(何%くらいの人)が、尿検査で蛋白が陽性になっているのでしょう?

今回は、そんな尿検査で蛋白が陽性になる割合(比率)について、

  • 小・中学生
  • 大学生
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 70代
  • 80代以上

と、年代別に分け、データを紹介したいと思います。

続きを読む

尿ビリルビンが陽性の場合考えられる病気は?基準値は?

Urine bilirubin Eye-catching image

 

尿検査をして、分かる項目の一つに尿ビリルビンがあります。

ビリルビンというと、新生児期(生まれてすぐ)に調べる黄疸の検査を思い浮かべる方も多いと思います。

新生児黄疸の場合は、血液中に含まれるビリルビンを調べて診断しますが、実はある病気が原因で、尿にビリルビンが含まれることもあるのです。

そこで今回は、尿ビリルビンについて、どんなものなのかを説明しつつ

  • 基準値
  • 病気
  • 注意点

をお話ししたいと思います。

続きを読む

【図解】尿潜血の原因は?陽性ならどんな病気の可能性がある?

Cause of occult blood Eye-catching image

 

赤ちゃんから高齢者まで、年齢問わず行え、痛みも苦痛も感じることのない尿検査

尿には、体内のさまざまな成分が含まれており、病気などの異常を発見することも可能です。

では、尿検査によって尿潜血(にょうせんけつ)が陽性となった場合、どのような病気の可能性があるのでしょう?

今回は、尿潜血(英語表記で「urine occult blood 」)について

  • 基準値
  • 陽性の場合の原因
  • 考えられる病気
  • 注意点

を解説したいと思います。

続きを読む

尿ケトン体とは?基準値や陽性の場合考えられる原因は?

尿には様々な成分が含まれ排出されますが、手軽に体への負担もなくできる尿検査は、様々な検査としてよく行われます。

その尿検査でわかる項目の1つに、尿ケトン体というのがあります。

では尿ケトン体から、何が分かるのでしょう?

今回は、この尿ケトン体について

  • 基準値
  • 陽性の場合の原因
  • 改善方法
  • 注意点

などをご説明したいと思います。

続きを読む

便潜血検査で陽性のとき大腸がんの確率は?次の精密検査は?

便潜血検査で陽性の場合

食生活の欧米化に伴い、日本での大腸がんによる死亡者数は年々増えてきます。

特に若い男性が突然大腸癌の進行癌で見つかることも増えてきており、早期発見が非常に重要です。

大腸がん検診の最も簡易な検査が1992年より開始された便潜血検査(読み方は「べんせんけつけんさ」)です。

まず、絶対に覚えておいていただきたいのですが、便潜血検査で引っかかった場合(便潜血反応が陽性と出た場合)、必ず精密検査を受けるようにしてください。

せっかくの検査で引っかかったのに、放置しておくと、大腸がんが進行する可能性があり、検査を受けた意味がなくなります。

今回はこの

  • 便潜血検査で仮に陽性だった場合、どれくらいの確率で癌が見つかるのか、
  • またその後どのように検査を進めていくべきなのか

についてまとめてみました。 続きを読む

【まとめ】尿蛋白の基準値は?陽性の場合の再検査は?

尿検査は、手軽に負担なく行える検査で、様々な病気の指標ともなるため、多く行われる検査の一つです。

しかし、その尿検査の中でも引っかかりやすい項目の一つに尿蛋白があります。

「尿蛋白(1+)と結果が返って来たけど大丈夫だろうか?」
「尿蛋白(±)プラスマイナスってどういうこと?」

などと疑問が出て来ます。

では、この尿蛋白の基準値はどれくらいなのでしょう?

今回は尿蛋白について

  • 基準値はどれくらいか
  • どんなときに陽性と判断するのか
  • 再検査になるのはどんなときか
  • 再検査になったらどんな検査をするのか

などをご説明したいと思います。

続きを読む

乳がんの遺伝子検査とは?気になる内容や費用について

Genetic testing for breast cancer Eye-catching image

 

乳がんの病名は広く知られており、早期発見の為に定期的に検診を受ける事は大変重要とされています。

そんな乳がんに関して、『遺伝子検査』が出来る事を知っている方も増えてきているのではないでしょうか?
乳がん患者の中には、遺伝的な要素がある方もいるのは分かっています。

乳がん遺伝子検査を受ける事で自分が遺伝性乳がんかどうか調べる事が可能となるのですが、実際どの様な検査になるのでしょうか?

今回は、そんな『乳がんの遺伝子検査』について

  • 検査内容
  • 乳がんと遺伝の関係
  • 検査費用

など、気になる内容についてご説明したいと思います。

続きを読む

大腸がんの検査方法とは?精密検査の大腸カメラの頻度は?

Inspection method of colon cancer Eye-catching image

 

食生活の変化に伴い、日本でも男女ともに増加している大腸がん

早期発見・早期治療が重要であり、大腸がん検診は受けておきたい検査です。

しかし、

「大腸がん検査は、どんな検査方法でおこなわれるのか?」

「大腸がん検診で、再検査となった場合は?」

など、気になることも多いと思います。

そこで今回は、大腸がんの検査について

  • 検査方法
  • 精密検査
  • 受ける意味
  • 検査頻度

などをお話ししたいと思います。

続きを読む