Tumor marker PIVKAⅡ Eye-catching image

腫瘍マーカーの一つであるPIVKAⅡはどのようながんで数値が上昇するのか、また、そもそもPIVKAⅡとは何なのかについてまとめました。

Sponsored Link

PIVKAⅡとは?

まず読み方はピブカ・ツーです。

肝で合成される凝固活性を持たない異常なプロトロンビンであり、protein induced by vitamin K absence or antagonistⅡの略称で、頭文字をとってPIVKAⅡと呼ばれています。

肝細胞癌の腫瘍マーカーとして知られていますが、他の肝細胞癌の腫瘍マーカーである、AFPやAFP-L3%とは相関関係はありません。

感度、特異度ともに高く、腫瘍マーカーとしての信頼性は高いのが特徴です。

PIVKA2

PIVKAⅡの正常値は?

PIVKAⅡの正常値は40mAU/ml未満です。

Sponsored Link

異常値をきたす病気は?

  • 肝細胞癌
  • 慢性肝炎、肝硬変:陽性率は数%程度。
  • 胃癌、盲腸癌
  • ビタミンK欠乏時
  • ワルファリン使用時
  • 閉塞性黄疸
  • セフェム系抗生剤投与
  • アルコール性肝障害

といった病気が挙げられます。

がんなどの腫瘍では、圧倒的に肝細胞癌です。

HCC

慢性肝炎など良性疾患でもこの数値が上がることがありますが、陽性率は数%と低く、AFPのようになんでも上がるというものではなく、この数値が高い場合は肝細胞癌である可能性がより高いといえます。

また、胃癌や盲腸癌といった癌でも上がることがありますが、稀です。

それ以外では、プロトロンビンがビタミンKを必要とする酵素であることから、ビタミンKが欠乏する状態にあれば必然的にこの値が上がります。

  • ビタミンKの摂取不足
  • ビタミンK拮抗薬=ワルファリン使用時
  • ビタミンKの腸管吸収が妨げられる=閉塞性黄疸
  • ビタミンKのサイクルを阻害=セフェム系抗生物質
  • ビタミンKの取り込み、利用障害を起こす=アルコール性肝障害

といった場合にこの値が上昇します。これらの薬を飲んでいたり、病態を把握できていれば肝細胞癌と誤診する可能性は低いと言えそうです。

PIVKAⅡの評価の注意点

Woman (5)

PIVKAⅡは非常に感度、特異度が高く、高値を認めたときに、画像診断をして、肝細胞癌がなくても、その後肝細胞癌が発症することがあるので、フォローが重要です。

ただし、上記のようなビタミンKが欠乏する病態はもちろんのこと、いくら感度、特異度が高いと言っても、100%信頼できるわけではありません。

肝細胞癌の他の腫瘍マーカーである、AFPおよびAFP-L3%と組み合わせた測定が重要なのです。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら