AFP rise of tumor markers Eye-catching image

腫瘍マーカーの一つであるAFPが上昇した場合、どんな病気が考えられるのか、またそもそもAFPとは何なのかについてまとめました。

Sponsored Link

AFPとは?

αーフェトプロテインとも呼ばれるAFPですが、アルブミンに近い糖蛋白で、癌胎児性タンパクの代表的な腫瘍マーカーと言われています。

胎児の肝細胞と、成人の肝細胞癌で生成されます。ですので、胎児ではこの数値が高く、生後1年以内で成人と同じくらいの濃度になります。胎児でAFPが高くても慌てる必要ありません。

また、妊婦は、胎児からのAFPにより妊娠8ヶ月をピークにAFPが上昇します。同じように妊婦の場合もこの値が高くても慌てる必要はありません。

AFP

AFPの正常値は?

AFPの正常値は10ng/ml以下です。

臨床的には通常、20ng/mlをカットオフ値としています。

Sponsored Link

異常値を示す病気は?

  • 肝細胞癌
  • 胃癌
  • 精巣腫瘍(非セミノーマ胚細胞腫瘍)
  • 肝芽腫
  • 急性肝炎
  • 劇症肝炎回復期
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 新生児肝炎
  • 先天性胆道閉鎖症

といった病気が挙げられます。ご覧のように、必ずしも癌などの悪性腫瘍だけではなく、肝炎などの良性疾患でもこの腫瘍マーカーは上がるということです。

どの腫瘍マーカーにも言えることですが、腫瘍マーカーの上昇=がん、というわけではないのでその解釈には注意が必要です。

hepatic carcinoma

AFPが上がる腫瘍について詳しく

上に挙げた悪性腫瘍は、肝細胞癌、胃癌、精巣腫瘍、肝芽腫です。このうち肝芽腫は子供の腫瘍ですので、大人の場合は、肝細胞癌、胃癌、精巣腫瘍ということになります。

代表はなんといっても肝細胞癌です。一般的に、AFPが上昇するがんといえば、肝細胞癌を意味するくらいです。ただし、慢性肝疾患患者においては、この値だけではなく、AFP-L3%やPIVKAⅡという別の腫瘍マーカーと相補的な関係にあり、これらの値を交互に測定するのが大事だとされます。

HCC

AFPが上昇しており、慢性肝疾患のある人は、必ずCTやMRIの画像検査を行い肝細胞がんがないかをチェックしていくことが重要です。

胃癌の中でもこのAFPが上昇するのは、特殊な組織型であるAFP産生胃癌と呼ばれ、稀です。

精巣腫瘍には、セミノーマと非セミノーマに分けられ、このうち非セミノーマでこのAFPが上昇します。またこの非セミノーマでは、hCGという値も上昇をし、これらの2つの値の程度により予後が異なるとされます。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら