糖尿病というと、合併症が怖いと聞いたことありませんか?動脈硬化、網膜症、腎症、そして神経障害というのがあります。生活に支障が出たり、命に関わったり、怖い合併症なんですが、その中でも今回は神経障害に注目したいと思います。

実はこの糖尿病の神経障害、これによって足を切断する人もいます。

切断・・・これは絶対に避けたいですよね。そこで、そんな最悪な結果にならないために、糖尿病の合併症で神経障害が出るかも!とある程度予測しておくことも大切です。

  • 神経障害ってどんな症状?
  • 原因は?
  • 治療法は?
  • 予防できる?

以上についてご説明しますので、糖尿病の方は最悪の事態にならずに済むよう、参考にして頂ければと思います。

Sponsored Link

糖尿病の神経障害ってどんな症状が出る?

神経障害と言われてもピンときません。どんな症状があるんでしょうか?
糖尿病の合併症の中でも最も早期に出て、しかも頻度が高いのが神経障害です。その症状についてご説明します。
  • 足指の違和感
  • しびれ
  • 痛み
  • こむら返り
  • 感覚麻痺

末端神経障害として最初は、足指に何がが貼りついてるような違和感、正座し続けた時のようなしびれや痛み、そしてこむら返りなどの症状があります。そして、それらの症状が進行すると、今まであったような感覚わ分からなくなる麻痺が起こります。

麻痺が起こると、怪我しても気付かない、熱い冷たいなどの感覚もなくなり、麻酔にかかったような状態で、気付いた時には骨折してたなど、症状が進行してることも・・・。

また、この末端神経障害以外にも症状が進行すると以下のような症状が出ます。
  • 顔面神経麻痺
  • 外眼筋麻痺
  • 胃不全麻痺

これ以外にも、心筋梗塞や狭心症など、本来ならば異変を察知できるものが、感覚麻痺により感じることが出来ず、突然の発作が現れるまで気付かないこともあります。

feet

関連記事)糖尿病の合併症で怖い腎症。症状は?

原因は?どうしてこんな症状が出るの?

糖尿病といったら血糖値が高いだけじゃないんですか?
糖尿病は色々な影響を及ぼす怖い病気なんです。

糖尿病になると、血糖値が上がります。この高血糖状態が神経にも影響を及ぼし、神経がむくんでしまったり、蛋白がたまったり本来なら神経に栄養を送るはずの血管が詰まり、神経が死滅し、そうすると感覚が分からなくなってしまうというわけです。

tounyou

つまりは、その高血糖こそが原因なんですね。

Sponsored Link

どんな治療法があるの?

治療法ってあるんでしょうか?
治療法についてご説明します。

初期の場合には血糖値コントロールで症状を抑えることが出来ます。ですが、症状が進むと、血糖値コントロールに加え、糖尿病性神経障害治療薬が処方されます。

糖尿病性神経障害治療薬には以下のようなものがあります。

糖尿病性神経障害治療薬

  • ビタミンB12
  • 抗けいれん薬
  • 抗うつ薬
  • 抗不整脈薬
  • 漢方薬

ですが、症状が進んでしまうと、これをしたらすぐ改善されるという特効薬がありません。なので、症状が進行しないようにするために予防が大切なんです。

関連記事)糖尿病の合併症で眼に出る網膜症とは?

予防法は?重症化を未然に防ぐ

未然に防ぐ予防法ってあるんですか?
最悪、壊死とまでならないよう予防することが大切です。
  • 食事療法と運動療法を徹底する
  • 検査を行い、今の状態を知る
  • 禁煙
  • 自分の体をよく観察する

まずは、糖尿病の治療が第一です。しっかり医師の指導を守り、薬を服用し、合わせて食事療法や運動療法を徹底しましょう。ですが、既に感覚麻痺などの症状が進んでしまってる場合、運動に制限がかかることもあります。

そして、定期的に血糖値を測り、今の状態を知ることも大切で、血糖コントロールがカギとも言えます。また、タバコは血流を悪くしたり、血糖値や血圧上昇につながることも・・・。禁煙をしましょう。

更に、毎日のお風呂の時など、自分の体をマッサージし、血流促進するついでに、体の隅々まで観察すると良いでしょう。

run

ありがとうございました。まずは、予防が大切というわけですね。大変参考になりました。

関連記事)糖尿病の足病変の症状は?予防はできる?

最後に

  • 足などの末端神経麻痺として、しびれや違和感、痛み、症状が進むと感覚が麻痺してくる。
  • 病気の前兆に気付かず、発作が起こり始めて気付くということも。
  • まずは、血糖コントロールが大切。
  • 症状が進んだら、血糖コントロールに加え薬を服用。
  • 悪化して手遅れになってしまう前に予防が大切。

とにかく、糖尿病は合併症が怖いんです。糖尿病と分かったその時から、いえ、予備軍の段階から、動脈硬化の危険性は常にあります。まずは、糖尿病を甘く考えず、しっかり治療することが大切です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら