健康診断のバリウム検査は

健康診断のバリウム検査の場合、どこも悪くないのに、検査の為にあのまずくて苦しいバリウムを飲むことが負担となり、嫌で嫌でたまらないと、ストレスになる方も多いんじゃないでしょうか?

私もあのバリウム、苦手です。そもそも、バリウムが好きという人なんていないんじゃないでしょうかね?しかし、あの健康診断のバリウム検査、実は拒否できるんです!

今回は、健康診断のバリウム検査を拒否できる理由うまく断る方法バリウム検査以外の別な検査方法をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

健康診断のバリウム検査は拒否できる!その理由は?

健康診断のバリウム検査が嫌で嫌でたまりません。ですが、知人から「あれ、拒否できるよ」と聞いたんですが、本当ですか?どうして検査項目に入ってるのに拒否できるんですか?
あの健康診断のバリウム検査、拒否できるんです!その理由についてご説明します。

胃の中の隠れた病気を見つけるバリウム検査。発泡剤を飲むのにゲップはしちゃだめ、それにあのまずいバリウムで吐きそうに。そこを我慢しレントゲン。更にバリウムを便として出し切るまで心配も残ります。

bariumu

実は、健康診断のバリウム検査は厚生労働大臣が定める基準では、必須ではなく、医師または本人の希望で断ることも出来るんです。

え?断れるの?と思われた方もおおいでしょう。その理由として、皆さんどういう理由で断ることが多いのか、こご説明します。

理由

  • バリウムアレルギーがある
  • 精神的な負担
  • 具合が悪くなったことがある
  • ひどい便秘に悩まされる
  • 妊娠中

バリウム検査の場合、胃がんを調べることが主となりますが、その場合、バリウム検査だけで判断するのではなく、バリウム検査、胃カメラ、血液検査で判断するため、バリウム検査だけで確定とはならないため、理由によっては拒否することができるんです。

ですが、自分の考えで拒否する場合は自己責任となります。その時検査を受けてなかったから胃がん発見が遅れたと言っても、それは自分で決めたことですからね。

Sponsored Link

うまく拒否する方法ってある?

会社の集団検診で受けることになってる場合、拒否すると変に思われるんじゃないかと心配です。うまく断る方法ってないのでしょうか?
会社で皆が当然のように受ける検査を受けないというと、協調性がない、豊胸してる?何かバレて困る事でも隠してるんじゃないの?と疑われても仕方ありません。なので、うまく拒否するには正当な理由が必要でしょう。

会社の健康診断の場合健診費用を出してるのは会社なので、その会社が決めた検査を受ける義務が社員にはあるんです。なので、嫌だからという理由だけで断るのは最悪なケース、会社の指示に従わなかったと解雇されるということにもなりかねません。

 

「バリウム検査後に下痢で一週間寝込んだことがあるので、仕事にも支障をきたす可能性があるため拒否したい」

「バリウムアレルギーがあり、蕁麻疹が出たことがあるため拒否したい」

 

バリウム検査で苦しいのは皆一緒です。精神的理由で拒否すると、会社の周りの人達の不信感にもつながります。身体的原因で受けれないとなれば、業務にも支障をきたすため、それ以上会社も文句は言えないでしょう。

kotowaru

関連記事)バリウム検査の副作用は?便秘になるの?

代替方法で乗り切る!

バリウム検査を受けないとなると、その間に胃がんなどが見つかったらなどと不安にもなります。バリウム検査の代替方法ってあるんですか?
胃の検査ができる他の方法をご説明します。

胃カメラがおすすめ!

バリウムはX線で胃を広範囲に調べるものですが、胃を調べる方法としてエコーや胃カメラという方法があります。おすすめは胃カメラです。鼻、または口から直接カメラを入れることで、胃内部が鮮明に見れるのでバリウムよりも更に詳しく胃を調べることができるんです。特に鼻から入れる場合は口から入れるよりも楽なのでおすすめです。

ikamera

ありがとうございました。バリウム検査が憂鬱だったんですが、拒否できると知り気分が晴れました。胃カメラも苦しいのは分かっていますが、バリウムよりも胃カメラの方が確かな判断もできそうですし、自費となっても胃カメラにしたいと思います。

関連記事)

最後に

  • 健康診断のバリウム検査は医師または本人の希望でしないという選択肢もある
  • 会社の健康診断の場合、嫌だから受けたくないと拒否するのは、会社のルール違反にもつながる
  • 会社の健康診断の場合、周りに不信感を抱かれない方法は、身体的理由で業務に支障をきたすという理由が最も良い
  • 代替方法として胃カメラがおすすめ

拒否できる検査なら拒否したい!ですが、その受けない間にもし病気が発見されず進行してしまい、気付いた時には手遅れ・・・となっても、それは自分の責任です。なので、そうなっては困るから、健康診断は必要で、皆苦しくても頑張って受けているんです。

もし、拒否する場合は、自己負担となっても代替方法として胃カメラ検査を受けるのがおすすめです。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら