Does not work is a sedative in the stomach camera Eye-catching image

「胃カメラの鎮静剤が効かない人がいるって本当なの??」

胃カメラの検査は苦痛を伴う検査なイメージがありますよね?
「オェ」っとなったり、痛みがあったりとイメージからの恐怖心やトラウマなどから検査自体を嫌がる人も多いです。

でも病院によっては鎮静剤を使って検査をしてくれる病院があるのを知っていますか?

先日うちの主人が鎮静剤を使った胃カメラ検査を受けてきましたが、いつ始まっていつ終わったのかもわからないくらいなんの苦痛もなく終わった、と言ってました。

でもその鎮静剤も効く人と効かない人がいるとか…。
せっかく勇気を出して検査に来たのに鎮静剤が効かないとさらなるトラウマになりかねません。

今回は

  • 鎮静剤が効きにくい人がいるのか?
  • また効かない場合にはどうすればいいのか?

などをまとめました。

どうしても胃カメラが怖い!
そんなあなたにオススメです。

Sponsored Link

胃カメラの鎮静剤が効かない理由は?効きにくい人っているの?

tinseizai

医師
鎮痛剤が効かないと言われている人の特徴は以下の通りです。
  • 飲酒を好む人
    長期の飲酒習慣がある人は効きにくくなることがあります。
  • 睡眠薬や精神安定剤を服用している人
    薬の種類によっては効きにくくなる場合もあります。
  • もともと麻酔が効かない人
    数十人に一人という割合で麻酔が効かない体質の人がいらっしゃいます。

 

飲酒を好む人といっても、「アルコールに強い人=鎮静剤が効かない」ということではありません。
長期の飲酒習慣がある場合に、鎮静剤の量を増やさなければならないことがある、ということです。
まったく効かないというわけではありません。

睡眠薬や精神安定剤などを服用している方は、必ず事前に医師に申告するようにしてください。
鎮静剤にもさまざまな種類がありますので、服用しているお薬によって使用する鎮静剤も変更になることがあります。

医師
不安な場合は医師に鎮静剤が効きにくい体質かもしれないことを相談しておきましょう!

Sponsored Link

鎮静剤が効かない、効いているの判断は?

鎮静剤が効いているかどうやったらわかりますか?
医師
投与される鎮静剤の量によっても変わります

もともと鎮静剤というのは、胃カメラによる苦痛を軽減するため意識を低下させる程度に使用する、とされています。

そのため眠る、というよりは呼びかけには反応するけれど、かなりぼーっとした(ふわふわとした)状態であれば効いていると考えてよいでしょう

よく眠っている間に検査が終わりますよ!
と言われるそうですが、眠っているのではなく記憶にない状態になっている、ということですね。

実際、呼びかけには反応していても、それすらも覚えていないという人もいるようです。

ただ投与する量によっては本当に眠ってしまい、なかなか起きないこともあるのだとか。
この場合は、鎮静剤が効きすぎている(投与する量が多かった)、といえますね。

逆に鎮静剤が効かない人はこのふわふわする感覚もなく、しっかり会話もでき記憶もなくならないようです。
鎮静剤投与後にふわふわした感覚もなく、いつもと変わらないな?
と思ったら鎮静剤が効いていない状態です!

医師
医師に鎮静剤が効いていない事を伝えて対策を取りましょう!

関連記事)胃カメラの麻酔の種類は?鎮静剤とは?

検査の途中で鎮静剤の効き目が切れることもある?

途中で効き目がきれることはあるの?
医師
基本的にはありません!

検査時間やその人に合った量の鎮静剤を投与するので、検査中に切れることは基本的にはありません。

しかしながら効きにくい人がいるのも事実なので、普通の人よりはっきり意識が戻るまでの時間が短い人がいることはあります。
ですが検査自体は10~20分で終わるため、 検査中に鎮静剤が切れて苦痛にうめく!
なんてことはまずないと思います。

医師
逆に鎮静剤が効きすぎて歩けない、帰れない人がいらっしゃいますのでそちらも注意が必要です。

hinketsu

鎮静剤が効かない場合はどうする?

効かない場合は検査ができないのですか?

医師
鎮静剤は患者さんの苦痛を軽減するために用いられるものなので、鎮静剤が効かなくても検査はできます。

先ほどもお話しした通り大量の鎮静剤は副作用などのリスクがあるため、効かない場合いくらかは追加してもらえますが効くまで追加してもらえるわけではありません。

効かない場合そのまま続行する場合が多いそう。
しかしながらあまりの苦痛に検査が困難だと医者が判断した場合は、中止になる場合もあるということです。

では苦痛が少ない検査方法はないの?

鼻からの胃カメラは苦痛を軽減してくれる

医師
鼻からの胃カメラ検査がオススメです!

medical_ikamera_hana

オェっという咽頭反射が苦痛で検査をしたくない!
という人にオススメなのが鼻からカメラを入れて検査をする方法です。

咽頭反射がゼロになるわけではないですが、舌の根元に内視鏡が触れないので、咽頭反射をかなり軽減できます。

こんな経験もあります↓

 

あまりの胃痛に当日検査することになり、車で来院していたため鎮静剤が使用できませんでした。
やむを得ず喉と鼻の麻酔のみで検査を受けましたが、圧迫感や胃に水を流し込む不快感などは多少ありましたが トラウマになるほどの苦痛はありませんでした。

歯磨きをするだけで咽頭反射が起こる私なのですが(笑)
この検査では咽頭反射はまったくありませんでした。

 

医師
検査前に不安なことは医師に相談して、より快適に検査を受けられるようにしましょう!

関連記事)胃カメラを鼻からした場合の痛みは?

最後に…

医師
今回のお話のまとめです。
  • 長期の飲酒習慣がある人や睡眠薬や精神安定剤を服用している場合は効きにくいことがある
  • 効果は個人差や体質が多く影響している
  • 効かない場合はそのまま検査をしないといけない場合がある
  • 鎮静剤の効きにくい人は苦痛の少ない鼻からの検査で咽頭反応の軽減と、快適な検査を!

嘔吐反射がきつい、不安感が消えないなど、検査に対する苦痛やストレスを和らげるのを目的で鎮静剤を使用したいのに、それが効かない、効いてるのかわからないとなると、検査を受けること自体が怖くなってしまいますよね。

またあまりに緊張しすぎることで鎮静剤の効きが悪くなる、ということもあるそうです。

そうならないためにも、事前に不安なことは医師に相談するようにしましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら