結婚前のブライダルチェック。耳にされたことはあっても、女性が対象と考えている方や、実際の検査内容などを知らない方が多いのではないでしょうか。

ブライダルチェックとは、これから結婚を予定されている方や家族を持ちたい方が妊娠力の測定や性感染症、がんの有無などを検査するものです。

特に、不妊については約50%は男性側に原因があるとされますで、妊娠に至るには男女ともに妊娠力が必要です。その様な点からも最近では男性でも気軽に検査が出来る医療機関も増えているようです。

そこで今回は、男性のブライダルチェックの内容などについてまとめました。

Sponsored Link

ブライダルチェック男性の検査内容は?

Cuple (3)

一般男性 Bさん
男性のブライダルチェックの検査内容を教えて下さい。
男性医師
検査を受ける方に合った適切な治療を受けて頂くため、初診時に採血の他に以下の検査を受けていただきます。

精液検査

精液検査でチェックするのは、

  • 精子の数
  • 精液量
  • 精子濃度
  • 精子の正常形態率運動率
  • 運動の質

などを自動検査機器および、目視にて測定し専門医が精液・精子の状態を見て評価を下します。

超音波検査

前立腺または精巣の検査をし、正常かどうかの判断をおこなう検査です。
この検査をする事で、前立腺疾患の早期発見も可能となります。

検査方法としては、ゼリーを塗布して陰嚢に機械をあて、精巣の状態をモニターでチェックしますが、その際痛みなどはありませんので安心です。

性感染症検査(性病検査)

検査は特殊な方法ではなく、専門医師による問診があります。

男性の場合、感染が原因で尿道炎が引き起こされるので血液検査尿検査を行いますので、採血の12時間前より禁酒となり、睡眠を十分とることが大切です。

血液検査で

  • HIV抗原・抗体
  • ヘルペス
  • 梅毒など

尿検査で

  • クラミジア
  • 淋病

の有無を検査します。

感染症は不妊や胎児への障害をもたらす原因の一つとされますが、多くの場合は治療によって完治しますので、将来の家族計画を立てるためにも重要な検査となります。

Sponsored Link

ブライダルチェック男性の検査方法は?流れは?

一般男性
男性のブライダルチェックの検査方法や流れを教えて下さい。
男性医師
以下にご説明しますので、参考にされて下さい。

初回

1、まずは、事前に予約された医療機関へ。

受付にて名前を伝え、問診票を受け取ります。

2、カウンセリング

問診票は、既往歴や生活習慣、性行為、EDなどについての内容となるのが一般的です。

男性医師が担当することがほとんどのようですので、普段不安に感じていることや質問、男性機能に関する悩みなども気軽に相談できます。

3、各種検査

専門の医師による、精子をつくるためのホルモンの値を計るための血液検査精液検査などの必要な検査を実施します。

また、精液の採取においては、プライバシーの保たれた採精室にて精液を容器に採取する方法がとられます。

4、会計/次回の予約

帰る際に、次回の予約の案内があります。

男性医師
検査の所要時間は、約1時間程が目安となり、これに採精の時間がプラスされます。

2回目

1、再び医療機関へ。

受付にて名前をお伝えください。

2、検査結果説明

専門医師からの検査結果の説明があります。
検査結果によっては、この日からすぐに投薬などの治療を始められます。

男性医師
お受けになる医療機関などで検査の方法や流れに違いがありますので、ご利用される医療機関にて事前に確認されて下さい。

Doctor (3)

ブライダルチェックの男性の費用は?

Money (4)

一般男性
男性のブライダルチェックの費用を教えて下さい。
男性医師
料金の相場は、約25,000円〜約35,000円となっています。

病院やクリニックで受診した場合、保険は適用されません。
料金の相場はあくまで目安ですので、お受けになる医療機関で事前にご確認下さい。

ブライダルチェックってどこで受けられる?

Man

一般男性
ブライダルチェックはどこで受けられますか?
男性医師
検査は、泌尿器科性病科、一部の産婦人科、または不妊治療専門のクリニックなどで受けることが可能です。

また、お仕事などで検査を受ける時間がない場合や、泌尿器科・性病科などの医療機関がお近くにないなどの場合は、自宅で行える郵送検診を利用する事も可能です。

この検査キットを使った郵送検診は、医療機関などで行われる一般的なブライダルチェックとほぼ同等の精度とされているようです。

最後に

cuple (2)

ブライダルチェックをお受けになるタイミングについては、病院の予約待ち時間や検査結果が分かるまでの時間なども考慮され、結婚式の準備で忙しくなる前に受診されるのが安心ではないでしょうか。

男性のブライダルチェックは、一般的に浸透していないのが現状ですが、もし将来カップルで不妊治療を始める事になった場合に、男性側もブライダルチェックを受けることで不妊治療の効率は上がりますので、一度お受けになることをおすすめします。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら