低血圧を改善したい場合に、どんな食事をすればいいのかご存じでしょうか。

低血圧の改善効果が期待できる食材はもちろん、食事の摂り方や外食についてはどうか等、知りたいですよね。
また、アルコール類の摂取についてはどうなのかも気になります。

そこで今回は、低血圧の改善のための食生活についてご紹介します。

Sponsored Link

低血圧を改善したい!効果の期待できる食材とは?

teiketsuatu-cheese

 

低血圧を改善したい場合に効果の期待できる食材を教えて下さい。
医師
改善効果を期待できる食材として、以下のものが挙げられます。

チェダーチーズ

チラミンという栄養素が含まれており、血圧を上昇させる効果があるのです。

大豆・大豆製品

高タンパク質低カロリー食品であり、必須アミノ酸も含むため、血圧の調整力を期待できるのです。

牛肉

鉄分を含むため、貧血だけではなく低血圧の改善にも効果を期待できます。

うなぎ

ビタミン類が豊富に含まれており、特に、ビタミンEの抗酸化作用や血流改善ビタミンB1の血行促進や疲労回復の効果が、低血圧の改善効果を高めます。

以上の食材以外にも、様々なものがあります。低血圧を改善するためにも、効果が期待できるものを選びたいですね。

関連記事)低血圧の原因とは?考えられる病気ってある?

低血圧の食事の摂り方、気をつけたいことは?

eiyou-balance

 

低血圧になると、疲れやすくなったり体がだるくなったり、様々な症状が現れます。
具体的な症状については、『低血圧の症状は?チェックしてみよう』でも簡単に説明があるのでご参照下さい。
このような症状を和らげるためにも、滋養のある栄養バランスが取れた食事を心がけることが必要です。

尚、高血圧の人と違い、低血圧の人に対して摂取量を控えなければならない食事内容というのは特にありません。
もちろん、どのような食材も過剰な摂取はよくないので、摂りすぎには気をつけたいですね。

しかしながら、摂りすぎを心配されることが多い塩分については、1日あたりの摂取量が10~12gくらいとされています。
これは、塩分に血圧を上昇させる効果を期待できるからなのです。

Sponsored Link

低血圧改善の食事、外食はどうなの?

on-vegetable

 

外食はどのようにすれば良いのでしょうか?
医師
外食の時に注意したいポイントを以下ご紹介します。

 

  • 野菜は生よりも加熱してあるものを選ぶと、生の時よりも多くの量を食べやすくなる。
  • 炭水化物がメインの1品料理が食べたいなら、野菜がたっぷりの具入りタイプにするか、サラダ等も頼む。

 

このように、栄養バランスを考えてちょっとした一工夫の追加があるといいですね。
外食でのメニュー選びにも、自宅でとる食事メニューを考える時にも、使えるポイントなのです。

低血圧の改善に、アルコールはOK?

no-osake

 

アルコールの摂取はOKなのでしょうか?

医師
いいえ、低血圧の人がアルコールを摂ることについての答えは、NOなのです。

その理由としては、アルコールを摂取すると、それを分解しようという働きによって血液が内臓に集中しやすい点が挙げられます。

低血圧の人はただでさえ、全身をめぐる血流の勢いを作る血圧が低めという状態ですよね。
そんな状態なのに、さらにアルコール摂取による分解の働きによって、体の中心部に集中する内臓に血液の流れが集まってしまいます。
すると、末端への血行がさらに少なくなってしまうため、顔色が悪くなって不調を訴えたり立ちくらみがしたりという状況になることが多いのです。

ですから、低血圧の人は、アルコールの摂取を控えた方が良いのですね。

関連記事)低血圧の治療とは?病院は何科を受診すればいい?

最後に

医師
今回のポイントのまとめ!

 

  • 低血圧を改善するためには、栄養バランスの良い食事をして滋養することが大切。
  • 良質のタンパク質やビタミン、ミネラル類を多く含む食材を利用する。
  • 牛肉やうなぎ、大豆類やチェダーチーズなどがおすすめ。
  • アルコール類の摂取は控えた方がよい。
  • 塩分は1日10~12g程度摂っても構わない。

 

ポイントをしっかり頭に入れて、低血圧の改善に努めたいです。ありがとうございました。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら