腹部エコー検査では、膵臓や脾臓、腎臓、肝臓、胆嚢、膀胱、前立腺、子宮、卵巣などのあらゆる臓器の形態的な変化や腫瘤の有無について調べることが可能です。

また、超音波の反射を利用して体内を観察しますので、検査時に痛みもなく体への負担も少ない検査です。

この腹部エコー検査、多くの臓器に対応できる検査ですから、その部位により絶食の有無や水分の摂り方に違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 腹部エコー検査前は絶食なの?検査する部位で違いがあるの?
  • 腹部エコー検査前は水分もダメなの?
  • 腹部エコー検査前に内服しても大丈夫?

について説明して行きます。

医師
これを読めば検査前の不安が解消出来ます!

Sponsored Link

腹部エコー前は絶食なの?検査する部位で違いがあるの?

echo-machine-doc13

午後から腹部エコー検査の予定で、昼食は絶食と聞いたのですがなぜでしょうか?
医師
その理由は以下の通りです。

腹部エコー前の絶食の理由

腹部エコー検査では、膵臓、肝臓、胆嚢、腎臓、脾臓を主に観察することになります。

左季肋部(みぞおちの左側あたり)には胃があり、食事を摂る事で消化管ガスが発生するため臓器によっては観察が困難になってしまいます。

また、胆嚢は胆汁が充満していますが、食後はこの胆汁が消化管に分泌されるため小さくなり胆嚢内部の状態がエコー検査で見えにくくなり、胆嚢内部にポリープや結石があっても分かりにくくなってしまいます。

ちなみに、胃の中に食物が入ることにより、胃の背中側にある膵臓が見えにくくなりますが、その一方で血管エコーや乳腺エコー、心エコーなどは胆嚢も膵臓も観察しないので食事制限はありません。

関連記事)人間ドックの前日の食事制限は?その他、絶対覚えておきたい注意点!

検査する部位による違いと時間の目安

検査する部位で絶食の有無に違いがあるのでしょうか?
医師
そうですね。部位別に以下に説明します。
上腹部:膵臓、肝臓、胆嚢、脾臓、腎臓、腹部リンパ節、消化管など
  • 午前の検査の場合―検査前日23時から絶食
  • 午後の検査の場合―検査当日9時から絶食
下腹部:膀胱、尿管、精巣、子宮、卵巣、前立腺など
  • 検査の2~3時間前から水分摂取、検査終了まで排尿しない
体表:甲状腺、乳腺、血管など
  • 特に食事制限なし

 

絶食が必要な場合、食事は検査の4時間前まで、水分は1時間前までが一般的ですが、水については制限が無い場合もあります。

Sponsored Link

腹部エコー前は水分もダメなの?

food

腹部エコー前は水分も摂ってはダメなのでしょうか?
医師
水やお茶などは大丈夫です。

牛乳甘い飲料などを飲むと、体が食事をしたと勘違いして胆嚢の中身をはき出してしまい検査の時に胆嚢や胆管が見えなくなってしまいます。

肝臓のエコー検査の時は胆嚢や胆管の観察は必須ですので、十分な検査ができなくなってしまいます。

一方で、下腹部の検査では、膀胱に尿が貯まった状態の方が超音波の反射が高まり、より画像が鮮明になるので、検査2~3時間前から水分を摂取し、検査終了まで排尿を我慢することになります。

夏の暑い日ですと脱水にもなりかねませんから水やお茶は大丈夫ですが、他の検査があったり、生検をする場合などは安全のため胃を空の状態にしておく必要がある場合もありますので、ご利用になる医療機関で事前に確認することをおすすめします。

関連記事)胃カメラの当日の朝は水分を摂ってもいい?NGな飲み物は?

腹部エコー前に内服しても大丈夫?

drug10 doc3

腹部エコー検査前に内服しても大丈夫でしょうか?
医師
普段服用しているお薬は飲んでも大丈夫です。

但し、糖尿病で経口血糖降下剤やインスリンを服用の方は例外ですので、必ず医師と相談するようにして下さい。

関連記事)

 まとめ

医師
今回のポイントのまとめ!
  • 食事を摂る事で消化管ガスが発生するため臓器によっては観察が困難になるため絶食が必要となる。
  • 甲状腺、乳腺、血管などの腹部エコーでは絶食の必要はない。
  • 下腹部の検査では、検査2~3時間前から水分を摂取し、検査終了まで排尿しない。
  • 絶食が必要な場合、食事は検査の4時間前まで、水分は1時間前までが一般的だが、水については制限が無い場合もある。
  • 検査前でも水やお茶は摂っても大丈夫だが、牛乳や甘い飲料などは避ける。
  • 普段服用しているお薬は飲んでも大丈夫だが、糖尿病で経口血糖降下剤やインスリンを服用の場合は例外である。

 

腹部エコー検査が必要となってもどの部位を検査するかによって絶食の有無や水分の摂り方が違ってくる事がお分かりいただけたと思います。

絶食や水分の制限は難しい事ではありますが、「ちょっとぐらいなら・・・」と規定を破る事で、検査のやり直しに繋がる事もありますので、十分に注意して下さいね。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら