尿検査」カテゴリーアーカイブ

尿検査で蛋白が陽性になる割合はどれくらい?

 

Urinalysis Eye-catching image

 

手軽に行え、体の状態を知ることができる検査として、尿検査があります。

その中でも、尿蛋白がでた場合、病気が原因のことや病気以外が原因のこと、女性の場合でしたら妊娠中に出るものなど・・・様々な原因で陽性となることがあります。

しかし、実際のところ・・・

どれくらいの人(何%くらいの人)が、尿検査で蛋白が陽性になっているのでしょう?

今回は、そんな尿検査で蛋白が陽性になる割合(比率)について、

  • 小・中学生
  • 大学生
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 70代
  • 80代以上

と、年代別に分け、データを紹介したいと思います。

続きを読む

ヘモグロビン尿とは?原因や検査をわかりやすく解説

様々な場で手軽に行える検査として、尿検査がありますよね。

その尿検査の中で、尿潜血を調べた結果、ヘモグロビン尿とわかることがあります。

ヘモグロビン尿って何?

何か病気なの?

など、聞きなれない病名に戸惑うことも多いと思います。

そこで今回は、ヘモグロビン尿(英語表記で「Hemoglobinuria」)について

  • 原因(病気)
  • 検査方法
  • 鑑別方法
  • 病気

など、きになる情報をまとめました。

参考にされてください。

続きを読む

ベンス・ジョーンズ蛋白とは?検査方法や考えられる疾患を解説

尿検査は様々な項目を調べますが、その一つに蛋白があります。

蛋白が混じる尿を蛋白尿と呼びます。

この蛋白尿の原因は様々ありますが、その中で腎前性蛋白尿(尿を生成する過程で腎臓より前の段階に原因があるタンパク尿)となるものの1つに、ベンス・ジョーンズ蛋白というものがあります。

今回は、ベンス・ジョーンズ蛋白(英語表記で「Bence Jones protein」)について

  • 検査方法
  • 正常値
  • 異常な場合の疾患

などを解説したいと思います。

続きを読む

【まとめ】ミオグロビン尿症とは?原因・検査・治療について!

健康診断や人間ドックの尿検査のスクリーニングとして用いられる試験紙法には、尿潜血の検査が含まれています。

この尿潜血の検査で陽性となった場合、

尿に血液(=赤血球)が混じっている血尿である

ことがまず考えられ、再検査や「尿沈渣」という顕微鏡を用いたより詳しい検査をすることになります。

顕微鏡で赤血球が基準値以上確認されれば、血尿と診断されます。

そして、尿潜血検査で陽性のほとんどがこの血尿です。

尿潜血について詳しくはこちらにまとめました。→尿潜血の原因は?陽性の場合どんな病気の可能性がある?

しかし、より詳しい検査である尿沈渣で赤血球が見られないことが稀にあります。

urine myoglobin

つまり、試験紙法では尿潜血が陽性なのに、実際は血液(赤血球)は混じっていないということで、これを偽陽性(ぎようせい)と言います。

この尿潜血の偽陽性を起こす原因にミオグロビン尿ヘモグロビン尿があります。

今回はこのうち、ミオグロビン尿症について

  • 原因
  • 検査(鑑別)
  • 治療

などを説明したいと思います。

続きを読む

尿ビリルビンが陽性の場合考えられる病気は?基準値は?

Urine bilirubin Eye-catching image

 

尿検査をして、分かる項目の一つに尿ビリルビンがあります。

ビリルビンというと、新生児期(生まれてすぐ)に調べる黄疸の検査を思い浮かべる方も多いと思います。

新生児黄疸の場合は、血液中に含まれるビリルビンを調べて診断しますが、実はある病気が原因で、尿にビリルビンが含まれることもあるのです。

そこで今回は、尿ビリルビンについて、どんなものなのかを説明しつつ

  • 基準値
  • 病気
  • 注意点

をお話ししたいと思います。

続きを読む

【図解】尿潜血の原因は?陽性ならどんな病気の可能性がある?

Cause of occult blood Eye-catching image

 

赤ちゃんから高齢者まで、年齢問わず行え、痛みも苦痛も感じることのない尿検査

尿には、体内のさまざまな成分が含まれており、病気などの異常を発見することも可能です。

では、尿検査によって尿潜血(にょうせんけつ)が陽性となった場合、どのような病気の可能性があるのでしょう?

今回は、尿潜血(英語表記で「urine occult blood 」)について

  • 基準値
  • 陽性の場合の原因
  • 考えられる病気
  • 注意点

を解説したいと思います。

続きを読む

尿ケトン体とは?基準値や陽性の場合考えられる原因は?

尿には様々な成分が含まれ排出されますが、手軽に体への負担もなくできる尿検査は、様々な検査としてよく行われます。

その尿検査でわかる項目の1つに、尿ケトン体というのがあります。

では尿ケトン体から、何が分かるのでしょう?

今回は、この尿ケトン体について

  • 基準値
  • 陽性の場合の原因
  • 改善方法
  • 注意点

などをご説明したいと思います。

続きを読む

尿アルブミンの基準値はコレ!検査方法と共に解説

赤ちゃんから高齢者まで行える、体に負担のない検査として、尿検査があります。

この尿検査で分かる項目はたくさんありますが、その中でも尿アルブミン(尿Alb)をご存知でしょうか?

今回は、この尿アルブミン(英語表記で「urine albumin」)について

  • 基準値
  • 検査方法
  • 異常な場合

などを説明したいと思います。

続きを読む

尿検査のpHとは?基準値や考えられる病気は?

pH Eye-catching image

 

健康診断や人間ドックなどで行われる尿検査。

その中で、尿pHという項目を目にしたこともあると思います。

今回は、この尿検査のpHについて

  • 検査で分かること
  • 基準値
  • 異常な場合
  • 病気
  • 注意点

をご説明したいと思います。

続きを読む

尿の細菌の検査方法を徹底解説!採尿方法・鑑別疾患まで!

Examination of the urine of bacteria Eye-catching image

 

健康診断などの尿検査で異常が見つかり、再検査になることがあります。

尿検査で尿から細菌が出てしまい、細菌尿と言われることは意外と多くあります。

そこで今回は

  • そもそも細菌尿とは?
  • どんな検査で細菌尿がわかるのか?検査方法
  • 尿に細菌が出た場合の採尿方法
  • 尿に細菌が出て熱がある場合に考えられる病気

これらについてまとめてみました。

これを読めば細菌尿について理解できること間違いなしです!

続きを読む