大腸がんが急増中の現在、手術が必要となる前に大腸ポリープや大腸がんの発生の有無を定期的に内視鏡検査にてチェックをする事は大切です。

しかし、この内視鏡検査に対し「痛み」などのネガティブなイメージをお持ちの方も多く、最近は内視鏡の際に麻酔を使う施設も増えてきました

でも、麻酔による副作用は大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、

  • 大腸内視鏡検査での麻酔の副作用による症状
  • 大腸内視鏡検査は 麻酔なしでも可能なのか
  • 大腸内視鏡検査で使用する鎮静剤や鎮痛剤の種類
  • 大腸内視鏡検査での麻酔後はどれくらいの時間で帰宅できるのか

について調べました。

Sponsored Link

大腸内視鏡検査での麻酔の副作用は大丈夫?症状について調べました!

大腸内視鏡検査で麻酔をしたのですが、その後頭痛が酷くて・・・これは副作用でしょうか?
医師
副作用が強く出ている可能性が高いです。

次第によくなると思いますが、痛みが強いようでしたら痛み止めを飲んでください。

医師
それでは、気になる他の副作用としての症状を以下にご紹介します!

副作用としての主な症状

  • 血圧低下(吐き気や嘔吐に繋がる可能性も)
  • アレルギーによる発疹
  • 血管痛
  • 血管炎
  • 呼吸抑制
  • ふらつき
  • 眠気
  • 注意力や集中力の低下
  • 運動反射能力低下

 

医師
ただし、そこまで強い副作用が出る人は滅多にいません。

一般的に使われる麻酔は「静脈麻酔」で、これは睡眠薬を注射して眠っている間に検査を行う方法です。

drug8 doc3

この方法ですと患者さんにとっては非常に楽なのですが、深い麻酔は低酸素血症(呼吸が浅くなり酸素不足になった状態)を起 こすなどの副作用が稀にありますので、血圧・酸素濃度をみるモニターを使用し、検査中の体の状態を常に把握できるよう安全にも考慮してあります。

眠ってしまうほどの深い麻酔でなく、「ボー」っとする程度の浅い麻酔でしたら安全ですので内視鏡検査の際に浅い麻酔を使うことは有用です。

関連記事)大腸内視鏡の下剤が効かない場合は?知っていると安心!

Sponsored Link

大腸内視鏡検査は麻酔なしでも可能なの?

検査へは車で行く予定ですが、麻酔なしで検査を受けても大丈夫なのでしょうか?
医師
医師の技術力と患者さんの腸への挿入のしやすさの問題もありますので、一概には大丈夫とは言えません

多くの方は挿入開始から奥まで到達するまでの時間は数分~10分程ですので、苦痛は少ない場合が多いのですが、中には挿入が難しい腸管の方もいらっしゃいます。

ご利用になる施設によっては、検査の途中に苦しそうなので鎮静剤を用いる場合もあります。

鎮静剤を使うと検査当日は運転禁止となりますが、鎮静剤はほんの少しでも使うとかなり痛みが軽減されますので、もう一度ご自分で何を優先されたいのか確認するのが大切ですね。

関連記事)大腸内視鏡検査の痛みの原因は?検査後も傷む事がある?

colon camera doc2

 

大腸内視鏡検査で使用する鎮静剤や鎮痛剤の種類は?

大腸内視鏡検査で使用する鎮静剤や鎮痛剤の種類を教えて下さい。
医師
それでは、一般的に使用されている薬剤の種類を以下に説明をします。

鎮静剤や鎮痛剤の種類

  • ドルミカム:この薬は短時間で目覚めてしまう特徴があるため、検査に時間が掛かりすぎると薬の効果が切れてしまう事もありますので、ポリープ切除手術の様に時間がかかる事がわかっている時は点滴で少しずついれます。
  • セルシン:目覚めるのに時間がかかるので大腸ポリープ切除の様に入院前提のときに使う事が多い薬です。
  • オピスタン:鎮痛剤としては一般的に使用される薬剤で、痛みが全くなく検査を受けることが可能な一方でアレルギーや血圧低下などの副作用のリスクもあります。

より安全に検査を受けていただくため、心電図や血中酸素濃度をモニターし、 必要に応じて酸素を投与するのが一般的です。

鎮静剤はアルコールと作用が似ておりお酒に強い方は眠気や副作用も出にくいことが多いですが、逆に弱い方は眠気や副作用も起きやすいと言えます。

また、鎮静剤を投与してから副作用が1日続く場合もあります。

関連記事)大腸内視鏡の費用に保険が適応されるのはどんな時?知っておくと安心!

hp doc3 doc2

 

大腸内視鏡検査での麻酔後はどれくらいの時間で帰宅できるの?

doc1 doc5

麻酔薬の作用には個人差がありますので、検査が終了しても目が覚めるまで約1時間程度は安静にしていただき、血圧やふらつき、覚醒状態を確認してからお帰りいただきます。

検査当日は、車の運転は危険ですので絶対にしないようにして下さい。

関連記事)

まとめ

医師
今回のポイントのまとめ!
  • 一般的に使われる麻酔は「静脈麻酔」で、これは睡眠薬を注射して眠っている間に検査を行う方法。
  • 麻酔による副作用の症状には、頭痛・血圧低下・アレルギーによる発疹などがあるが強いものは稀である。
  • 麻酔なしで検査を受けえる事は一概に大丈夫とは言えない。
  • 鎮静剤の種類には、ドルミカム・セルシンなどがある。
  • 麻酔後は約1時間程安静にしてから帰宅できる。

日本でも屈指の症例数を誇る内視鏡施設の医師達は、内視鏡検査の麻酔に対してポジティブであり、その道に熟知した内視鏡専門医や指導医レベルの医師達が用いる内視鏡検査時の麻酔は特に問題なさそうです。

1度検査を受け耐え難い苦痛を経験してしまうと、2度とその検査を受けたくない恐怖心も生まれてしまうものですが、内視鏡検査は1~2年毎に定期的に受けることが理想的です。

その点からも内視鏡検査において苦痛を経験する事がいかに大きなリスクになるかがお分かりになると思います。

全ての方が必ずしも麻酔をすべきではありませんし、検査終了後に運転する方などには麻酔なしの内視鏡も可能です。

しかし、内視鏡検査に不安をお持ちな方 や以前の検査で痛みが強かった方は麻酔を用いる事も考慮してはいかがでしょうか。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら