How old is cervical cancer screening Eye-catching image

 

昨今耳にするニュースから、がん検診の重要さが問われていますが、女性特有のがんである子宮頸がんも同様です。

2005~2015年の年齢調整死亡率の推移によると、子宮頸がんは死亡率が最も増加しているがんに該当します。

若くてもなる可能性のあるがんなので、心配されている親御さんも多いと思います。

今回は、子宮頸がん検診について

  • 受けるべき年齢
  • 方法
  • 頻度

などについて、お話ししたいと思います。

Sponsored Link

子宮頸がん検診は何歳から?

厚労省の発表によると、

20歳以上の女性は子宮頸がんの検診を受けるべき

と推奨されています。

なぜ20歳以上なんでしょう?

子宮頸がんは、10代後半から増えはじめ、30代後半でピークを迎え、その後徐々に減っていきます。

date

1)を参考に作成。)

しかし、1985年から2005年の子宮頸がん患者数を見ると、50代以上では減少してきているのに対し、20代で急激に増加しているのがわかります。1)

この統計からわかることは、年齢が進むにつれ患者数が増加する他のがんとは異なり、性活動が活発な若い世代でも患者数が増加しているので、若い世代も子宮頚がん検診を受けるべきということです。

関連記事)子宮がん検診とは?費用は?生理なら?

そもそも子宮頸がんとは?

子宮頸がんは、子宮の入り口付近(子宮下部の管状の部分)にある子宮頸部に出来るがんのことです。

uterine

子宮の入り口の場所という事もあり、検査や観察が比較的容易に出来る為に、発見されやすいがんです。

早期に発見出来れば、治療が比較的しやすいですが、進行してしまうと逆に治療は困難になるため、その点からも早期発見が大変重要なカギとなります。

子宮頸がんは、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスへの感染が原因で発症されると分かっています。

これは、性交渉で感染する事が知られていますが、たとえ感染しても90%の人は2年以内に自分の免疫力によって、このウイルスを排除する事が可能です。

しかし、10%の人は感染した状態が長く続いてしまい、子宮頸がんへと進行してしまう可能性があるとされています。

子宮がん検診ってよく聞きますが、子宮体がんもありますよね?

何が違うんですか?

子宮体がん(しきゅうたいがん)とは違うの?

uterus

子宮頸がんは子宮頸部にできるがんで、子宮体癌は子宮体部にできるがんですので、同じ子宮がんではありますが、異なるものです。

上の画像はMRI(T2強調像・矢状断像)の画像です。
子宮体部と頚部は連続していますが、どこでがんが発生するかで名称は異なります。

子宮体がんの場合は、細胞診などで検診としてのがん検診は一般的には行われません。

したがって、一般的に子宮がん検診といえば子宮頸がん検診のことを指します。

ただし、子宮頸がんの内診過程で子宮体がんが見つかることもあります。

子宮頸がんの検診の方法とは?

uterus cancer examination

子宮頸がんの検診は、婦人科の専門医師による、

  • 問診
  • 視診
  • 内診
  • 細胞診

により行われます。

細胞診はパップテスト(Pap test)とも呼ばれ、子宮の頸部の細胞を擦り採って、顕微鏡で細胞が正常(Grade1)なのか、がん(Grade5)が疑わしいのかを検査します。

子宮頸がん検診を受ける頻度は?

2年に1回の検診が勧められています。2)

また、アメリカなど欧米先進国では3回連続して異常が確認できなければ、その後3年ごとの検診でも問題ないといわれています。

しかし、月経時以外の出血など、いつもと違う症状がある場合は、この期間を待たずして検診を受けることをオススメします。

参考サイト:
1)
国立がん研究センター がん情報サービス 子宮がん検診の勧め

2)国立がん研究センター がん情報サービス 子宮がん検診のQ&A
参考文献:
よくわかる検査数値の基本としくみP134・135
病気がみえるvol.9 婦人科・乳腺外科 第3版P142

最後に

今回は子宮頸がんのがん検診についてお話ししました。

ポイントをまとめます。

  • 20歳以上の女性は子宮頸がん検診を受けるべき
  • 子宮がん検診といえば、一般的に子宮頸がん検診のこと
  • 子宮頸がん検診は、婦人科の専門医により、問診・視診・内診・細胞診という方法でおこなわれる
  • 2年に1回の検診が勧められている

 

子宮頸がんは発展途上国に多い傾向にあり、日本などの先進国には少ないのが現状ですが、日本においてこの10年で死亡率が上昇しているという数字は見過ごせません。

当然、早期発見が重要です。

デリケートな場所でもありますし、不安も強いかと思いますが、ぜひ子宮がん検診を受けられることをオススメします。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら