Treatment of gallbladder polyps Eye-catching image

 

胆嚢ポリープは、人間ドックや健康診断などで分かる事が多いものです。

ですが、胆嚢ポリープと聞くと、

「治療はどうしたら?」

と気になりますよね。

そこで今回は、胆嚢ポリープの治療法に焦点をあて

  • 治療方法
  • 経過観察の目安
  • 手術方法
  • 手術後の注意
  • 入院期間や料金

などをご説明致します。

スポンサーリンク

胆嚢ポリープの治療方法は?

胆嚢ポリープがあった場合はどのような治療法があるのでしょう?
  • 経過観察
  • 手術

の2パターンがあります。

経過観察となるのか、治療を必要とするのか、治療法の選択には「手術の適応基準」を元に判断されます。

医師
経過観察となった場合についてご説明します。

経過観察の目安や期間は?

GB polyp echo2 doc2

胆嚢ポリープが見つかったからすぐに摘出するわけではありません。

ただポリープがあっても、症状もなく大きさにも変化がなければ、無理して体に負担となる手術をする必要がないからです。

そのため、一定基準に満たさない場合は経過観察をするようになります。

経過観察も2パターンあります。

  • 5mm以下:1年ごとにエコー検査
  • 6~10mm以下:半年ごとのエコー検査

ただし、胆嚢ポリープが癌となることは数%程度であり、サイズの小さなものはほとんど良性の胆嚢ポリープです。

ですので、

  • 10mm以下のものは最初は3-6か月ごとにエコー検査でフォロー→1-2年間変化がなければ、その後のフォローは不要

とする考えがあり、それが広く受け入れられています(Am J Surg 188:186-190,2004)

胆嚢ポリープの種類は?
どうして経過観察でいいの?
医師
胆嚢ポリープには5種類のポリープが存在します。
  • コレステロールポリープ
  • 腺腫性ポリープ
  • 過形成ポリープ
  • 炎症性ポリープ
  • 胆嚢がん
コレステロールポリープ

胆嚢にできるポリープの90%がこれに当てはまります。良性のものになります。

腺腫性ポリープ

基本的には良性で、一部に胆嚢がんの発生源であるとの報告もあります。

ですが、ここは未だに議論されているところで、大腸癌のように腺腫が癌になるケースは胆嚢の場合は稀とされています。

過形成ポリープ

粘膜表面の細胞が過剰に増殖したものです。

これも良性です。

炎症性ポリープ

胆嚢に炎症が起こった患者さんなどに起こりますが、これも良性です。

胆嚢がん

文字通りの悪性腫瘍です。

これらを見てお分かりのように、約90%以上が良性のコレステロールポリープなので、すぐに手術などをするのではなく、経過観察をして様子を見る方法が一般的になります。

そして、経過観察で終わることがほとんどなのです。

医師
では、経過観察ではなく、あえて手術を必要とするのはどのような時なのか、続いてご説明致します。

スポンサーリンク

胆嚢ポリープの手術の方法は?

手術の場合は胃や腸のようにポリープだけ切除するの?

胆嚢ポリープの場合は、ポリープだけを切除するのではなく、胆嚢摘出手術をおこなう事になります。

胆嚢を摘出する手術には、

  • 腹腔鏡による手術
  • 開腹手術

の2つがあります。

近年は前者の手術が傷も少なく入院期間も少なく、数が多くなっています。

手術になるポイントは?適応は?

医師
胆嚢ポリープが手術になる場合は下記の項目を満たした場合になります。
  • ポリープの大きさが10mm以上
  • 経過観察の検査で大きくなっている
  • 大きさに関わらずポリープの茎は幅広いもの
  • 超音波検査でがんが疑われるもの。

 

これらの条件を満たした場合は病理検査に出し、悪性腫瘍かどうかの判断をする事になります。

その他にも

  • 血液検査の腫瘍マーカー
  • PDG-PET検査
  • 細胞診

をおこなうこともあります。

検査で悪性の可能性がある場合は、手術を勧められ、実際に摘出して癌の有無を詳しく調べることになります。

スポンサーリンク

胆嚢ポリープの手術後注意する事は?

胆嚢ポリープの手術後に気を付ける事はあるの?

基本的には手術前と変わらない生活ができますが、注意する事もあります!

手術後の後遺症下痢になりやすくなったという人がいます。

これは油分の処理能力が胆嚢を摘出した事によって低下しているからです。

手術後の食事では油分の少ない食事をとるよう心がけましょう。

医師
数か月で体が慣れ、気にならないようになる事がほとんどです。

手術後の後遺症

またその他の後遺症としては

  • 傷が腫れる
  • 膿のようなものが出る
  • 感染症を起こす

などにあう場合もあります。

この場合はすぐに病院を受診してください。

その他にも後遺症や合併症などのリスクはあります。

入院期間や料金は?

入院期間や料金は手術により異なります。

開腹手術の場合

  • 入院期間:3週間程度
  • 料金:約30,000~50,000円程度(保険適用後)
    (※その他食費や入院費は別途)

腹腔鏡手術の場合

  • 入院期間:1日~1週間
  • 料金:約100,000円~(保険適用後)
    (※その他食費や入院費は別途)

それぞれメリット・デメリットはありますが、誰でも手術方法を選べるわけではありません。

症状やポリープの大きさなどにより医師と相談しながら手術方法を考えていく必要があります。

スポンサーリンク

 実際に胆嚢ポリープの手術した人の体験談・口コミは?

日帰り手術をされている病院もたしかにあるようですね!

普段の生活にはあまり支障はないよう。。。

でも揚げ物好きにはキツイですね…

たんぱく質がいいというお話も!

そうなんです!

高額医療制度について知っておくと便利ですね!

最後に…

  • 経過観察と手術にをする。
  • 手術の場合は胆嚢を全摘出する。
  • 日帰り手術も最近では多い
  • 開腹手術を腹腔鏡手術がある
  • 料金は開腹手術で3万円~、腹腔鏡で10万円~

 

胆嚢ポリープが見つかった場合は不安になる人も大勢いらっしゃいます。

手術を勧められる場合はもっと不安だと思います。

しかし、悪性腫瘍かどうかの見極めや、悪性腫瘍になる前に取り除く事は生きるという意味で大変大事な事になります。

不安な事は「知る」という事で多少の軽減ができます。是非参考にして下さいね♪

スポンサーリンク  

関連記事はこちら