Urinalysis meals Eye-catching image

学校や会社などで毎年行われる尿検査。尿検査は健康診断の時だけではなく、妊婦健診の時や入院した時の朝の健診など、様々な場面で行われます。

医師
尿検査ではこのようなことを調べます
  • 尿たんぱく
  • 尿潜血
  • 尿糖

尿は健康状態を示すバロメーター。尿検査から様々な病気の早期発見につながります。そこで今回は尿検査と食事の関係について調べてみました。

e233fe3c3e536416799be83af4055c7e_s

やっぱり食事の影響って大きいのかしら?
医師
前日の夜の食事などは反映されてしまうことがあります。

実際前日に飲食したものの影響はどのぐらいあるのでしょうか?食べないほうが良いものもあるのでしょうか?それを今回調べました。みなさんもこれから幾度となく尿検査を受けることでしょう。その時の参考にしていただければ嬉しいです。

Sponsored Link

尿検査は前日や当日の食事が影響する?

食事に関してはそこまで神経質になることもないようですが、顕微鏡のような精密検査をするときは食事に気を付けるように言われるようです。病院側から注意をされた場合は食事に気を使ったほうが良いようです。

基本尿検査の時は10時間は何も食べずに検査を受けましょう。

toilet

 

尿検査前日や当日の食事はどうする?

医師
それでは具体的に食事について説明します。

まず前日の暴飲暴食は避けます。

食べてはいけないもの

お菓子などの甘いもの、チョコレートやケーキなど、糖分の多いもの、ビタミン系のドリンク剤やサプリメントなども控えましょう。

飲んではいけないもの

まずはジュースです。ジュースは糖分が多いので検査に影響してしまいます。特に前日の夜は控えましょう。栄養ドリンクなども控えたほうが良いでしょう。甘味料が含まれたスポーツドリンクなども控えましょう。

あとはお酒を飲むと尿検査でひっかかってしまう可能性がありますのでやはり控えるべきです。ペットボトルの緑茶もビタミンcが含まれているので控えたほうが良いようです。

食べても良いもの

基本的には普段通りの食事をしましょう。検査では普段の状態が知りたいわけですから検査の時だけ特別なことをするべきではありません。

ただ夕食は早めに検査を10時間前までに食べましょう。

飲んでもいいもの

コーヒーやお茶は飲んではいけないわけではありませんがあまり砂糖を入れすぎると当日ひっかかってしまう可能性がありますので糖分は控えめにして飲んだ方が無難でしょう。基本的に前日の飲み物は水にしましょう。

その他注意すること

水分を取りすぎないようにしましょう。なぜなら水分を取りすぎると尿が薄まって正常に検査が出来ないことがあるからです。

また紙コップに尿を取るとき「出始めの尿は取らないように」と指示をされますがこれは出始めの尿には細菌や血液が混ざることがあるからです。なので出始めの尿は捨てましょう。

Sponsored Link

薬は尿検査に影響する?

医師
次は薬の影響について説明します。

基本的に尿検査の10時間以上前に服用していただければ問題ないと思われます。ですがビタミンcが入っている風邪薬や、高血圧、心臓疾患、精神安定剤、パーキンソン病、てんかん、喘息のお薬に関しては少量のお水で朝7時までに服用してください。

また糖尿病薬や花粉症薬などは検査終了後に服用してください。

関連記事)尿検査の蛋白の基準値は?前日の注意点は

 

0ef55a1b80dcddefd4a59eb6cdf747b3_s

まとめ

医師
今回のお話しのまとめです。

 

検査前日の食事にはそこまで神経質になる必要はない

ビタミンcや糖分が多く含まれたものは摂取しないほうが良い

薬も基本的に気にすることはないが、一部気を付けたほうが良いものがある

いかがでしたか?今回は尿検査に於ける食事についてお話ししました。誰でも受ける可能性がある尿検査。どこも悪くないのにひっかかっちゃたりしたらまた受診しなければならなくなったりで面倒ですよね。

今回の記事を参考にして尿検査を受ければ無駄に心配することなく受けることができますよね?!

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら