女優の川島なお美さんや、任天堂の岩田聡前社長を死に追いやった胆管癌

胆管にできる癌ということは文字を見ても分かりますが、見つかりにくいガンを言われていますが、それって本当なんでしょうか?

胆管癌とはどんなもの?お酒でリスクが高くなるって本当?胆管ガンの原因と、治療法などについてご説明したいと思います。

Sponsored Link

胆管癌とは?

川島なお美さんのニュースを見て、胆管ガンというものを知りましたが、他にも色々な著名人も同じ病気でお亡くなりになられてますよね。胆管ガンとはどういうものなんでしょうか?
医師
 膵臓癌と並び、見つかりにくいガンと言われている胆管ガンについてご説明致します。
  • 胆管に出来るガンを胆管ガン(肝外胆管癌)という
  • 肝臓内部の胆管で出来たガンを肝内胆管癌という

Cholangiocarcinoma

肝臓で作られた胆汁を流す管を胆管といい、そこに出来た癌を胆管癌(肝外胆管癌)といいます。

また胆管は、肝臓内部にもつながっており、肝臓内部の胆管に出来た癌を肝内胆管癌といいます。

胆管は細いところでも直径7mmほどしかないため、小さなガンでも出来た場合は胆汁の流れをせき止めてしまい、胆汁が十二指腸に流れなくなり黄疸となって現れます。

しかし、肝臓内にできる肝内胆管ガンの場合は黄疸が出にくく、気付いた時には進行癌となって症状が進んでしまっていることがあります。

関連記事)急性胆管炎の症状は?治療は?なぜ怖い?

胆管がんの原因は?お酒でリスクが高くなるって本当?

 人に胆管癌って何?って聞くと「あれはお酒を飲む人がなるもんだよ」と言われましたが、本当でしょうか?
医師
お酒も一つの原因として考えられますが、生まれつき持った先天的胆管異常だったり、原因はいくつか考えられています。

胆石との関係

  • 胆嚢に胆石がある場合、約5~7%の確率で胆管癌になる
  • 肝臓内や胆管に胆石がある場合、約10%の確率で胆管癌になる

何故胆石があると胆管ガンになるかは証明されていませんが、このような数値が出ています。

年令との関係

胆管癌の多くは50歳以上で発症する人が多いといわれ、高齢になるほど胆管癌患者も多くなっていて、年齢も関係すると言われています。

しかし、川島なお美さんのように若くしてなる場合も珍しくはありません。

偏った食生活との関係

coresuterol

胆石症と胆管の先天的異常が深く関係していると言われていますが、胆石の中で最も多い原因として考えられるのがコレステロール系胆石です。

脂肪分を多くふくむ食事や、青魚や果物、野菜の摂取不足が原因となり、胆汁内のコレステロールが結晶化し核となり、徐々に大きくなって胆石になると言われています。

また、過度の飲酒も肝臓に悪いことは間違いありませんが、中には飲酒をしないのに発症する人もいます。

Sponsored Link

胆管癌の治療法とは?

胆管癌になった場合、どのような治療法があるんでしょうか?
医師
胆管がんの治療法についてご説明します。

手術が基本的な治療方法とされます。

ガンができた場所によっては、肝臓や膵臓の一部、更に胃や十二指腸まで切除しなくてはいけない場合もあり、体が手術に耐えられない場合には他の治療法をすることもあります。

また、症状が出にくく、見つかりにくい胆管癌は、見つかった場合には進行していて、転移などで手術ができない場合もあります。

手術ができない場合は、抗がん剤放射線治療を行います。

しかし、黄疸が出ている間は手術や抗がん剤治療さえも行えないため、その黄疸を解除するため更なる処置をすることになります。

syujyutu

医師
 胆管がんの手術には高度な技術が要求されるため、病院選びは重要になってきます。
ありがとうございました。大変勉強になりました。

関連記事)胆石症の治療は?手術?薬で治る?

最後に

  • 胆管にできるガンを胆管癌(肝外胆管癌)
  • 肝臓内の胆管にできるガンを肝内胆管癌
  • 症状が出にくく発見された時には進行してる場合が多い
  • 胆石ができやすい人がなる確率が比較的高い
  • 高齢になるほど患者が増加
  • 偏った食生活や過度な飲酒、先天的胆管異常も関係する
  • 基本的な治療方法は手術
  • 手術や処置には高度な技術が要求されるため、症例数の多い病院を選ぶ

いかがでしたでしょうか?川島なお美さんは肝内胆管癌だったと言われています。

医師の中には、ガンの中でもの悪いガンと言う方もいますが、日頃の食生活や生活習慣を変えるだけで、少しは予防できるのではないでしょうか?

また、欧米ではガンの定期的な検診率は70%以上と言われ、年々ガン患者も減少傾向にあるものの、日本は先進国の中では低く、定期的検診率が30%以下と言われ、ガン患者も増え続けている現状です。

まずは定期的な検診を欠かさず受けましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら