胃がんの治療には、手術抗がん剤の2種類が基本となります。

さらに手術には、外科的な手術と、内視鏡手術があり、後者の方が侵襲が少なく、より簡便に行うことができます。同じ治療でも、侵襲が少なくて済むならそちらに越したことはありませんよね。

今回は、胃がんの内視鏡手術の適応や種類についてまとめました。

Sponsored Link

胃がんの内視鏡手術の適応は?

胃がんの内視鏡手術ってどんなときに適応になりますか?
医師
基本的に小さな早期の胃がんのみです。

基本的に内視鏡的治療がされるのはごく早期の胃がんのみ

ごく早期の胃がんとは、上のStage分類の一番左上の、T1aでN0のⅠAのときのみです。

  • 分化型腺がん
  • 2cm以下
  • 潰瘍がない。

この条件を満たす場合に、内視鏡的治療がされることがあります。(もちろん全身状態などを考慮して外科的な手術が行われることがあります。)

Doctor (3)

ただし、施設などによっては、より大きな進行しているがんであっても内視鏡手術が行われることがあります。胃がん治療ガイドラインによると、

胃がんの内視鏡手術の適応の原則
  1. リンパ節転移の可能性が極めて低いがんであること
  2. がんを内視鏡で一括で取りきれること(場所、大きさ)
絶対適応病変
  • 2cm以下
  • 潰瘍がない
  • 分化型
  • 粘膜がん
適応拡大病変
  1. 2cmを超える、潰瘍のない、分化型、粘膜がん
  2. 3cm以下、潰瘍のある、分化型、粘膜がん
  3. 2cm以下、潰瘍のない、未分化型、粘膜がん

とされており、2cmを超えるものであっても、分化型でなくても条件付きで内視鏡手術の適応となることがあります。

Sponsored Link

内視鏡手術の種類は?利点欠点は?

内視鏡的治療には、

  • 内視鏡的粘膜切除術 EMR(Endoscopic Mucosal Resection)
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術 ESD(Endocscopic Submucosal Dissection)

の2種類があります。

jushin_ka

EMRとは?

胃の粘膜病変を挙上して銅線のスネアをかけて、高周波により焼灼切除する方法です。

利点は?
  • 短時間でできることが多い。早ければ5-10分程度で終わります。
  • 出血や穿孔などの合併症が少ない。
欠点は?
  • 小さな病変しかできない。
  • がんの取り残しの可能性が出る。

ESDとは?

高周波ナイフを用いてがん周囲の粘膜を切開して、さらに粘膜下層を剥離して切除する方法です。こちらの方がより広い範囲で組織を切除することができます。

利点は?
  • 比較的大きな病変でも可能。
欠点は?
  • 時間がかかる。長い場合だと数時間。
  • 出血や穿孔などの合併症の確率が上がる。

関連記事)胃がんの治療方法はどうやって決まる?ステージ分類とは?

まとめ

woman (33)

胃がんの内視鏡的手術はここ最近目覚ましい進歩を遂げています。昔では外科的に胃を切除していたものでも内視鏡手術で終わることがあります。

ただし、適応はごく初期の早期胃がんのみです。

またその方法には2種類があります。

医師
それぞれメリット、デメリットがありますが、本当に小さな早期のものならば5分などで治療が終わることもあり、内視鏡手術の魅力ですね。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら