高血圧の薬を服用中に、グレープフルーツを摂ってはいけない理由をご存じでしょうか?
グレープフルーツは美味しい果物ですが、相性の悪い薬があるので注意したいですよね。それに、このような柑橘系にはみかんやいよかんもありますが、それらは大丈夫なのでしょうか。
そこで今回は、高血圧の薬とグレープフルーツについてご説明します。

Sponsored Link

高血圧の薬を服用中にグレープフルーツを摂ってはいけない理由は?

grapefruit
高血圧の薬を服用中の場合、グレープフルーツはNGとされています。
これは、薬の成分に含まれているカルシウム拮抗薬との絡みがあるからですね。
カルシウム拮抗薬は、肝臓の酵素によって代謝されるようになっています。

ところが、グレープフルーツに含まれる成分の中には、この酵素の働きを抑えてしまうものがあるのです。
すると、本来の代謝ペースではなくなるため、薬の成分が想定されているよりも長く体内に残ることになりますよね。
そうなってしまえば、薬の効果が本来よりも長時間になるため、過剰な効果が出て副作用を起こしやすくなるのです。

ですから、高血圧の薬を服用している時には、グレープフルーツ摂取は避けた方が良いのです。

Sponsored Link

グレープフルーツと相性の悪い薬って?

kusuri
グレープフルーツには相性の悪い薬が存在していますね。
その例の1つが高血圧の薬に含まれるカルシウム拮抗薬が関与する薬というわけです。
その他にも、相性が悪いとされている薬があります。

  • 睡眠導入の薬
  • 抗アレルギー薬
  • 免疫抑制薬
  • 高脂圧症の薬
  • てんかんや三者神経痛の薬
  • 副甲状腺機能亢進の抑制薬

このように、高血圧の薬だけに注目するのではなく、様々な薬にも目を向ける必要があります。
ですから、これらの薬を服用中であれば、グレープフルーツを摂取しないようにすることですね。

みかんやいよかんなど、その他の柑橘系は大丈夫なの?

kankitsu-rui
グレープフルーツは柑橘系の果物ですから、他にも仲間となる果物があります。
例えば、みかんやいよかん等を挙げることができます。
このようなグレープフルーツ以外の柑橘系果物は、どのようにすればいいのでしょうか。

  • 温州みかん、レモン、かぼす、バレンシアオレンジなど=摂取しても影響が及ぶことはない
  • いよかん、八朔、夏みかん、文旦など=摂取するとグレープフルーツ同様に、影響を受けてしまうので避ける

こうしてみてみると、柑橘類でひとくくりにはできないようですね。
ですから、どの柑橘系なら影響があって、どの影響なら影響がないということを頭に入れておく必要があります。

薬を服用中でなければ、逆にグレープフルーツは摂るべき?

eat-grapefruit
グレープフルーツにはカリウムビタミンCが多く含まれていますよね。
カリウムは余分な塩分を排出する働きがあるので、高血圧の予防や改善に良いとされているのです。
また、ビタミンCは抗酸化作用があるので、細胞や血管の老化を予防するのに役立つとされています。

しかし、高血圧の薬をはじめ、いくつかの薬は、グレープフルーツとの相性が良くありません。
そのため、それらの薬を服用している間は、グレープフルーツを摂るのはやめておくことが大切なのです。
ただし、服用中の薬がグレープフルーツによる影響を受けないと確認できたならば、美味しくいただくと良いですね。

最後に

高血圧の薬グレープフルーツについてご説明しましたが、いかがですか。
カリウムビタミンCを豊富に含むグレープフルーツは、高血圧の予防や改善、脂肪や血管の老化防止に効果が期待できる果物です。

しかし、高血圧の薬をはじめとするいくつかの薬を服用中の場合は、薬の成分であるカルシウム拮抗薬との関係で、グレープフルーツを摂ると効き過ぎたり副作用が強く出たりする恐れがあります。
ですから、そのような薬を服用している間は、グレープフルーツを摂らないようにすることが大切なのです。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら