Morning hypertension Eye-catching image

 

病院や昼間は正常値なのに、朝だけ血圧が高くなる早朝高血圧

実はとっても見つかりにくい高血圧なんです。

病院で測ると正常値をしめすので、発見が遅れることもありますが、これも治療が必要な立派な高血圧。

では朝の血圧だけが高い早朝高血圧は、どうすれば見つけることができるのでしょうか?

今回は、

  • 早朝高血圧とは何か?
  • 原因
  • 予防

などについて、まとめました。

スポンサーリンク

早朝高血圧とは?

早朝高血圧は、仮面高血圧の一種で

  • 日中に、病院や健康診断などで計測する血圧は正常域をしめす
  • 朝、起床時に計測すると高血圧の値をしめす

という血圧状況のことを指します。

血圧の正常域とは、上の血圧(収縮期血圧)140mmHg未満、下の血圧(拡張期血圧)90mmHg未満となります。
(家庭血圧においては135/85mmHg未満)

souchou

仮面高血圧についてはこちら→仮面高血圧とは?放っておくと危険!原因・種類まとめ

血圧は夜間眠っている時には、もっとも低くなります。

そして早朝、目覚めに向かって上昇していき、活動している昼間が一番高くなる傾向にあります。

ですが早朝高血圧の場合、もっとも血圧が高くなる昼間よりも朝起きた時の血圧の方が高くなることがわかっています。

早朝高血圧には2パターンあり、

  • 明け方から急に血圧が上がる「早朝上昇型」
  • 眠っている間(夜間)から朝まで血圧が高い「夜間持続型」

に分かれます。

どちらも明け方から早朝に発作の起こりやすい脳卒中や心筋梗塞のリスクが大きくなるため、危険な高血圧だといえます。
また起床時にめまいや頭痛、頭が重いなどの症状が出る人もいれば、何の自覚症状もない人もいます。

怖いですね。
早朝高血圧を発見する方法ってあるんですか?

早朝高血圧を発見する方法は?

souchou2

朝起きてからの血圧測定を習慣づけることです。

医師
朝に血圧を測るときのポイントはこちら。
  • 起床1時間以内
  • 排尿は済ませる
  • 服薬、食事の前に
  • 座った姿勢で1〜2分安静にしてから

以上のことに気をつけ、2回測定し平均をとるようにしましょう。

その朝の血圧の1週間の平均値が135/85mmHg以上であれば、早朝高血圧の可能性があります。

測定結果を持って、医療機関を受診するようにしましょう。

医師
最近では家庭用の血圧計でも「早朝高血圧確認機能」がついているものもあります。
毎朝測っていれば、1週間の平均を自動的に出してくれて早朝高血圧だと判断されればマークが光る、といった便利な機能です。

何も自覚症状がないと、朝の血圧を測ろうと思うこともないかもしれません。

ですが重篤な症状を引き起こすリスクが高いのに、健康診断などでは見つからない、というのがこの早朝高血圧です。
予防のためにも、朝晩の血圧を測る習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

また早朝高血圧は、もともと高血圧で降圧治療中の人にも多くみられるともいわれています。
薬を飲んでいるから、治療しているから大丈夫と安心せずに血圧測定の習慣は続けてみてください。

スポンサーリンク

早朝高血圧が起こる原因とは?

早朝高血圧は何が原因で起こってるんですか?

souchou3

  • アルコールの摂取
  • 喫煙
  • 不規則な生活
  • 寒冷
  • 降圧剤の持続時間が不足している
  • 血管が硬い
医師
以上が早朝高血圧を引き起こす危険因子となっています。

現在降圧剤を服用して高血圧を治療中の人はかかりつけの医師に相談し、お酒やタバコ、不規則な生活が続いてるなど自分で改善できるところはしっかりコントロールしていきましょう。

加齢によって血管が硬くなることはありますが、血管が硬いということは、動脈硬化が進んでいるということでもあります。

医師
血管や血液の状態にも注目しましょう。

例えば、動脈硬化によって血管のしなやかさが不足気味になっている場合、高血圧になりやすいのです。
また、血液中の中性脂肪コレステロール値が高値をしめすと、血液がサラサラ状態ではなくどろどろしたものになりがちですね。
これらが、血液のスムーズな流れを阻害することにより、高血圧の値をしめしやすくなります。

しかも、睡眠中に下がり気味だった血圧は、目覚めによって血圧上昇するサイクルがあります。
そのため、血管のしなやかさ不足や血液がどろどろ状態となりがちな起床時の血圧上昇は、早朝高血圧を引き起こす可能性があるのです。

早朝高血圧って予防できるの?

予防するためには、上記の「早朝高血圧の原因」をしっかり意識することにあります。

  • お酒やタバコを控える
  • 食事、運動、睡眠時間など生活習慣を見直す
  • 寒い時期には起床時に部屋やトイレをあたためておく
  • 服用中の降圧剤を変更してもらう

など、できることからやっていきましょう。

起床時の血圧の上昇を少しでも抑えるために、目が覚めてもすぐに起き上がらないで布団の中で5分ほどゆっくりしましょう。
余裕を持つことが大切ですね。

また少しの温度の変化でも血圧は変動します。
起き抜けに冷たい水を一気飲みする、冷たい水で顔を洗う、なども避けたいですね。

医師
無理のない形で、ご自身のライフスタイルの見直しを図るとよいですね。

参考文献:高血圧治療ガイドライン2014 P14.16〜19 薬に頼らない高血圧の正しい下げ方 P38.39

最後に

医師
早朝高血圧についてまとめます。
  • 早朝高血圧は仮面高血圧の一種で、朝起床時の血圧が135/85mmHg以上ある
  • 日中、病院や健康診断で測ると正常域におさまっている
  • 早朝高血圧の発見には起床時の血圧測定を習慣づけること
  • 早朝高血圧の原因は、アルコール・喫煙・寒冷・不規則な生活・降圧剤の効果の不足・血管が硬いなど
  • 早朝高血圧を予防するには原因となる因子を取り除くこと

早朝高血圧についてご説明しましたが、いかがでしたか。

昼間の血圧が正常であるため、見過ごされやすいのが早朝高血圧の怖いところではないでしょうか。

しかも、起床時の高血圧は、脳卒中脳梗塞心筋梗塞などを引き起こしやすい恐れがあります。
ですから、食生活の見直しや運動の取り入れなどできることから、早朝高血圧の予防に努めましょう。

スポンサーリンク  

関連記事はこちら