女性特有の病気、『乳がん』早期発見の大切さはご存知だと思いますが、その早期発見に大きく貢献しているのが『マンモグラフィー』などの画像検査です。

この名はよく耳にされると思いますが、実際にはどの様な検査なのか、又、それに伴う痛みなどはないのかなど、気になる点は多いと思います。

そこで、今回は『マンモグラフィー』についてまとめました。

Sponsored Link

マンモグラフィーとは?何がわかるの?

マンモグラフィーとは、乳腺専用のX線の装置を使用するレントゲン検査になります。
この方法により、乳がんの初期症状の一つである石灰化を発見でき、早期発見に繋がっています。この石灰化を発見するのがマンモグラフィーの特徴の一つでもあります。エコーやMRよりも石灰化に強いのがマンモグラフィーの特徴なのです。

検査方法としては、乳房を片方ずつ左右、あるいは上下から圧迫して平らにした状態で撮影します。

Examination

この検査により、石炭化の発見の他に、しこりや乳腺のゆがみなどを調べる事も可能です。
検査の時間は、更衣から撮影終了のフィルムをチェックするまでを含めても約20分ほどです。

Sponsored Link

マンモグラフィーで評価する項目は?

  • 腫瘤の有無
  • 石灰化
  • その他の所見:局所的非対称性陰影、構築の乱れ

をチェックしていきます。

mammography1

腫瘤

腫瘤があれば、その形状と辺縁の様子をチェックします。

腫瘤の形状
  • 円形あるいは楕円形
  • 多角形
  • 分葉状
  • 不整形
腫瘤の辺縁
  • 境界明瞭平滑
  • 微細分枝状あるいは微細鋸歯状
  • スピキュラを伴う
  • 境界不明瞭
  • 評価困難

石灰化

石灰化はマンモグラフィーの得意とするところです。丸いのかトゲトゲしているのか、索状なのか分枝状なのかといった形状やどんな風に広がっているのか(全体に広がっているのか線状なのか)という広がりをチェックします。

mammography calc

石灰化の形状
  • 微細円形(small round)
  • 淡く不明瞭(amorphous or indistinct)
  • 多角性、不均一(pleomorphic or heterogeneous)
  • 微細線状、微細分枝状(fine,linear,fine linear or branching)
石灰化の分布
  • びまん性(diffuse scattered)
  • 領域性(regional)
  • 集簇性(grouped,clustered)
  • 線状(linear)
  • 区域性(segmental)

前者2つは良性を考える分布であり、後者3つは悪性を考えさせる分布とされています。

局所的非対称性陰影(FAD)

2方向で同様の形をした非対称性の陰影で、真の腫瘤としての境界や濃度を持たないものです。

構築の乱れ

腫瘤ははっきりしないけども、正常の乳腺構築がゆがんでいるものを構築の乱れと表現します。具体的には、移転から放射状に広がるspiculations、乳腺実質縁の局所に引き込みを認めるretraction、歪みを認めるdistortionといったものがあります。

これらの点を一人一人の各乳房について評価いくのです。

マンモグラフィーの費用は?

気になる費用の方ですが、自治体などで行なわれる定期健診ですと、お住まいになる地域での違いはありますが、一般的には、無料から3,000円前後の自己負担になる場合が多いようです。

ご自分で全額自己負担でお受けになる場合の費用の目安は、以下に記載します。

マンモグラフィー=5,000円前後
超音波(エコー)検査=3,500円前後
マンモグラフィー+超音波検査=10,000円前後

上記に、視触診が加わることがほとんどですので、詳細はご利用の医療機関にて予め確認されて下さい。

超音波(エコー)検査とは?

Woman 4

乳がん検診で用いられるもう一つの検査法に『超音波検査』がありますが、この検査は診察台の上に仰向きとなり、超音波を出す器具を直接乳房に当てて、乳房の内部を観察する検査です。

この検査により、数mm程の小さなしこりを発見できたり、又しこりの状態を詳細に調べる事も可能です。
しかし、マンモグラフィーの様に細かい石炭化を発見する事は不可能です。

しかし、身体への負担も少なく痛みも伴わない為に、妊娠中の方マンモグラフィの痛みに耐えられない方乳腺症がある方、などにはお勧めの検査法となります。

マンモグラフィは痛いって本当?

Woman (3)

マンモグラフィーの検査に伴う痛みに関しては、個人差が大きいとされています。
痛みは月経周期とも多少は関係しますので、可能でしたら、月経開始5日から7日位の頃に検査を受けられる事をお勧めします。

マンモグラフィーは妊娠中も受けられるの?

woman 2

マンモグラフィーはX線の検査ですので、少量でも放射線被爆があります。
その為、妊娠中の方、又はその可能性のある方は受ける事は出来ません。

ここでの被爆量は極少量のものですので、人体に影響を及ぼす事はないと考えられています。

最後に

乳がんの初期には身体への症状は殆ど感じない事が多く、唯一の乳房の変化に気付かないでそのままにされてしまいがちです。

その為に、ご自分の乳房の状態を常に把握され、少しでも変化が起これば直ぐに検査を受ける事をお勧めします。

乳がんは早期に発見出来れば、治癒率も高いとされていますので、早めの判断と行動が大きなカギになる事を忘れないようにされて下さいね。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら