Medicine and side effects of diabetes Eye-catching image

糖尿病というと、食事療法・運動療法・薬物療法が治療として必要といわれています。

特に薬物療法は、色々注意すべきことがあります。

うちの祖母も糖尿病で何種類もの薬を飲んでいたんですが、この薬の管理が大変で、飲み間違えて大変なことになってしまったこともあります・・・。

今回は、糖尿病の治療薬について

  • 飲み薬の種類
  • 注射薬の種類
  • 副作用
  • 注意すべきこと

以上についてお話したいと思います。

Sponsored Link

糖尿病の治療薬、飲み薬にはどんな種類がある?

母が糖尿病で薬を飲んでるんですが、最近徐々に物忘れが多くなったので、薬を管理してあげたいと思ってます。

そのために、糖尿病の治療薬にはどんな種類があるのか教えて下さい。

年をとってくると、薬の管理も本当に大変です。

家族が管理してあげる、理想的ですね。

糖尿病の治療薬にはいくつか種類があり、それぞれ飲む時間も異なります。

tounyou

糖尿病の治療薬として

  • インスリンの分泌を促す薬
  • 食後の血糖値を抑える薬
  • インスリンの効き目を良くする薬
  • 血糖依存的にインスリン分泌を促進する薬

 

これらの薬が処方されます。

それぞれの薬についてどんなものがあるのか薬一覧と服用時をご説明します。

インスリンの分泌促進薬

  • グリミクロン
  • グリミクロンHA
  • ダオニール
  • アマリール

スルホニル尿素薬で、1日1~2回、食前または食後に服用します。

  • ファスティック
  • グルファスト

同じくインスリン分泌を促進する薬なんですが、即効型インスリン分泌促進薬で、1日3回、食前前に服用します。

食後の血糖上昇を抑える薬

  • グルコパイ
  • ベイスン
  • ベイスンOD
  • セイブル

α-グルコシダーゼ阻害薬で、1日3回、食直前「いただきます」の前に飲む薬です。

インスリンの効きを良くする薬

  • アクトス

インスリン抵抗性改善薬1日1回、朝食前または朝食後に服用します。

肝臓での糖の生成・放出を抑える薬

  • メルビン

ビグアナイド薬で、1日2~3回、食後に服用します。

血糖依存的にインスリン分泌を促進する薬

  • ジャヌビア

DPP4阻害薬1日1回の服用が必要です。

また、これ以外にも糖尿病の合併症改善薬というのもあります。

合併症改善薬

  • キネダック
  • メキシチール

などがあり、キネダックは1日3回食前に、メキシチールは1日3回食後に服用となります。

Sponsored Link

 糖尿病の注射薬にはどんな種類がある?

飲み薬の他に、注射薬もありますよね?
糖尿病の治療薬は、飲み薬だけで済む人と、注射を自分で毎日しないといけない治療法もあります。

糖尿病の注射薬は、インスリンを投与し血糖値を下げるために使用します。

tounyou

そのインスリン注射には、超即効型・即効型・混合型・中間型・持続型と種類があり、それぞれ役割が違います。

超即効型

  • ヒューマログ
  • アピドラ
  • ノボラビッド

などの種類があります。

作用が発揮されるまで・・・

ヒューマログやアピドラは15分以内

ノボラビッドは10~20分

と効き目が早く、効き目が持続される時間は3~5時間で、1日3回、食直前に打つものです。

即効型

  • ヒューマリンR
  • イノレットR
  • ノボリンR

などの種類があります。

作用発揮までに・・・

ヒューマリンRは、0.5~1時間、持続時間は6~8時間

イノレットRやノボリンRは、発揮までに0.5時間8時間持続

1日3回食前30分に打つことになっています。

混合型(超即効型と中間型を混ぜたもの)

  • ヒューマログミックス50
  • ノボラビッド30ミックス

この2つは作用発揮までに10~20分、そして24時間持続するため、注射は1日1~2回、食直前となっています。

混合型(即効型と中間型を混ぜたもの)

  • イノレット30R
  • ノボリン30R

即効性の割合によって、30R~50Rまであり、作用発揮まで30分ほどかかり、24時間効果は持続します。

1日1~2回、食前30分以内に注射することになっています。

関連記事)糖尿病予防には食事の見直しが大事。おすすめレシピは?

糖尿病治療薬の副作用は?

糖尿病の薬には副作用ってありますか?
薬によって微妙に副作用は異なりますが、以下のようなものがあります。
  • 低血糖
  • 肝障害
  • 浮腫
  • 体重増加
  • 倦怠感
  • 心不全
  • 腹部膨満
  • 放屁
  • 吐き気
  • 筋肉痛
  • 下痢
中でも、特に気を付けないといけないのは低血糖です。

血糖を下げることが目的の治療薬ですが、下げすぎると逆に低血糖となり、以下のような症状が現れます。

低血糖の症状

  • イライラ
  • 空腹感
  • めまい
  • 手足のふるえ
  • 冷や汗
  • 蒼白
  • 動悸
  • 脈圧拡大
  • 悪心
  • 不安
  • 意識消失
  • 痙攣

 

放置しておくと、麻痺・人格変化・精神障害・失語・意識消失・痙攣など様々な症状があらわれ、長期化するほど大変危険です。

  • 服用する量や時間を間違えたり
  • 食事の量や遅れ
  • 激しい運動
  • 飲酒

などによって、低血糖の状態となったりします。

うちの祖母も何度か起こしたことがあるんですが、急に「寒気がする」とブルブル震えだし、「めまいがして歩けない」と大変でした。

このような低血糖になった時の対処法をご説明します。

低血糖の対処法
  • すぐに糖分をとる

糖が下がり過ぎたことによって起こる症状なので、すぐさま糖を上げる必要があります

飴玉・砂糖・ブドウ糖・ジュースなどをとり、しばらく休みましょう。

tyuui

それでも症状が治まらない場合は、すぐにかかりつけ医に連絡し受診する必要があります。

(参考書籍:内科診断学 第2版)

Sponsored Link

糖尿病の治療薬、注意すべきことは?

糖尿病の治療薬を使う際、注意することってありますか?
飲み薬の場合、インスリン注射の場合と分けて、注意すべきことをご説明します。

飲み薬

  • 時間を守る
  • 自分の判断で薬を減らしたり、中止したりしない
  • 用法容量を守る
  • 常に低血糖に備えて甘いものを用意する
  • 他の薬との併用をしない
特によく間違いがちなのが、薬の服用時間です。
薬の服用時間
  • 食直前は、食事をとる直前
  • 食前は、食事をする30分前
  • 食後は、食事の後30分
  • 食間は、食事と食事の間、食事の2時間後

特に食間を間違え、食事中に服用してしまう人が多くなっています。

そうではなく、朝ご飯が済んだら昼ご飯までの間、食事の2時間後。

昼ご飯が済んだら、晩御飯までの間、昼ご飯の2時間後などのことです。

他の薬との併用

他の薬を服用する際は注意が必要です。

飲み合わせによっては副作用を起こしてしまうこともあります。

勝手な薬の服用は避け、処方してもらう薬もお薬手帳を提示し、糖尿病の薬との飲み合わせも考慮してもらいましょう

注射薬

  • 毎回針を交換する
  • 投与前に残量の確認と空打ち
  • 混合型、中間型はよく振ってから使用する
  • 他人と貸し借りをしない
  • 正しく保管する(使用中:室温・未使用時:冷所)
大変参考になりました。とにかく、飲み間違えると大変ということが分かりました。

やはり、物忘れが多くなってきた今、自分で管理させるのは不安なので、家族がしっかり管理したいと思います。

関連記事

最後に

  • 糖尿病の飲み薬には、インスリンの分泌を促す薬・食後の血糖値を抑える薬・インスリンの効き目を良くする薬・血糖依存的にインスリン分泌を促進する薬がある
  • インスリン注射には、超即効型、即効型、混合型、中間型、持続型と種類がある
  • 服用する量や時間を間違えたり、食事の量や遅れ、激しい運動、飲酒によって起こる低血糖に注意
  • 低血糖になったら、すぐさま糖を上げる必要がある
  • 時間、用法容量を守る
  • 注射の管理には気を付ける

 

特に、薬の飲み間違え・・・多いんですよね。

うちの祖母も、飲んだこと自体を忘れ二度飲みしてしまったり・・・。

そういうことを防止するためにも、曜日・時間がかかれた薬ケースが100均にも売ってますので、そういうのを活用するのもおすすめです。

糖尿病にとって、この薬がとても大切なので、自分で管理できない場合は、第三者にお願いするのが良いでしょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら