昔はお年寄りがなることが多いとされてきた逆流性食道炎ですが、最近は若年患者も多く、症状はあるものの見逃してしまっている人も多くいます。

そもそも、どんな原因で起こるものなの?

この逆流性食道炎は、下部食道括約筋圧の低下・食道裂孔ヘルニア・腹圧の上昇(肥満者や妊婦)・食道平滑筋の蠕動運動消失・胃術後などが原因(誘因)として挙げられます。

しかし、食生活や生活習慣によっても起こりやすくなるため、まだ若いから・・・と安心している方でも、「実は逆流性食道炎だった」ということも多いんです。

そこで今回は、逆流性食道炎の症状について

  • セルフチェックの方法
  • 症状
  • どんな人がなりやすいのか

といったことを、お話したいと思います。

結構意外な症状もあるので、ご自分の症状と照らし合わせて参考にされてください。

スポンサーリンク

逆流性食道炎とは?

胃食道逆流症(英語表記で「Gastroesophageal Reflux Disease」略語で「GERD」)のひとつに逆流性食道炎が入ります。

下部食道括約筋(胃と食道の境)が緩むことによって、胃内容物がが逆流し、症状があらわれるものです。

逆流性食道炎の症状をセルフチェック!

胸焼けやゲップが頻繁にあり、逆流性食道炎ではないかと気になっています。

自分でチェックできる方法ってありますか?

医師
逆流性食道炎、セルフチェックの方法を紹介します。

  1. 頻繁に胸焼けする
  2. 食後に胃がもたれる
  3. お腹が張る
  4. 食後に気分が悪くなる
  5. ついつい胸をさすってしまう
  6. 食べ物を飲み込みにくい
  7. すっぱいものが口まで戻ってきてしまうことがある
  8. 喉の奥に違和感を感じる
  9. ゲップが出る
  10. 前かがみになると胃酸が口の中に戻ってきてしまう

 

3つ以上当てはまるものがあれば、逆流性食道炎の可能性があります。

一度医療機関を受診しましょう。

また、10の前かがみになると胃酸が口の中に戻ってきてしまうというのは、逆流性食道炎の可能性がかなり高いため、早目に医療機関で詳しい検査を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

そもそも逆流性食道炎の症状とは?

そもそも、どんな症状が逆流性食道炎にはあるのでしょうか?
医師
代表的な症状について説明します。
  • 胸焼け・胸の痛み
  • 呑酸・ゲップ・嘔吐・吐き気
  • のどの違和感・声がれ
  • 咳・喘息
  • 背中の痛み・腰痛
  • 動悸・めまい

とくに胸焼けや呑酸は、逆流性食道炎の特徴でもあります。

医師
それぞれについて、詳しく解説しますね。

胸焼け・胸の痛み

みぞおちや胸の上の方が焼けるように痛んだり、モヤモヤとするような感じがあります。

呑酸・ゲップ・嘔吐・吐き気

胃酸が逆流するため、すっぱいものが食事中食後、前かがみになった時などにあがってくる感じがあります。

のどの違和感・声がれ

胃液の戻りによってのどに炎症が起こり、違和感や痛みを感じたり、食べ物を飲み込みにくくなったり、声がれることもあります。

そのため、風邪の症状とも間違われやすくあります。→逆流性食道炎で喉のつかえが?!風邪と間違えやすい症状とは?

咳・喘息

逆流した胃酸により刺激され、咳が出たり、咳が激しくなると喘息につながることもあります。

背中の痛み・腰痛

胃や内臓に違和感があると、背中や腰に響いて痛みが出ます。

動悸・めまい

胃腸が弱まると、食事ができなかったり、体全体に力が入らず、動悸やめまいも起こることがあります。

 

医師
これらの症状が食後空腹時だけでなく、頻繁になってくると慢性化してる場合もあります。

慢性化するとどんな影響があるの?

症状が慢性化するとどんな影響が出てくるのでしょうか?
医師
症状が頻繁になり、慢性化することによって起こる影響を説明します。
  • 気分がスッキリしない
  • 熟睡できない
  • 痰が絡む
  • 口臭が気になりだす
  • ゲップやオナラが頻繁に出だす
  • ひどくなると熱が出る
  • 食道ガンや大腸ガンのリスクが高くなる

モヤモヤと感じ、胃の不快感が続くと、仕事や日常生活にも影響が出てきます。

また、外食に誘われても食べれるものと食べれないものが出てくると、楽しく外食できなくなり、気分もモヤモヤしてきます。

胃酸の逆流によって口臭やゲップ・オナラなど、臭いが気になることも・・・。

そして、ひどくなると発熱やひどい胃炎につながることもあり、食道ガンや大腸ガンのリスクが高くなるので、症状を放置せず、早目の受診をオススメします。

スポンサーリンク

 逆流性食道炎になりやすい人とは?

逆流性食道炎って、お年寄りがなるイメージが強く、自分には関係ないと思っていたんですが、症状があてはまります。

そもそも、どんな人がなるものなのでしょうか?

医師
 なりやすい人の傾向を紹介します。
  • 揚げ物・脂ものを好む人
  • 暴飲暴食をする人
  • 肥満の人
  • ストレスの多い人
  • 刺激物を好む人
  • 便秘の人
  • 腰の曲がった人

基本的にストレスが多く、不摂生をする人がなりやすいといわれています。

また食生活も関係し、刺激物を好んだり、甘いものを食べ過ぎたり、外食が多かったり、脂ものを好む人に多く見られます。

そして加齢により逆流性食道炎になったと感じる人もいますが、最近では食生活の変化から、若い人でも逆流性食道炎になる方が大変多くなっています。

 

参考書籍:
病気がみえるVol.1消化器P58〜60
新 病態生理できった内科学8消化器疾患P53・54
消化器疾患ビジュアルブックP32〜34
参考サイト:胃食道逆流症(GERD)ガイドブック

最後に

逆流性食道炎について、ポイントをまとめます。

  • 逆流性食道炎には、胸焼けや呑酸、喉の違和感や咳などがある
  • 偏った食生活や暴飲暴食をする人がなりやすい
  • ストレスの多い人がなりやすい
  • 加齢により腰の曲がった人がなりやすい
  • 若い患者も増えている
  • 日常生活に影響が出る
  • 食道ガンや大腸ガンのリスクが高まる

 

いかがでしたでしょうか?

症状があるのに放置してる人も多くいます。

放置するとさまざまな病気を引き起こす原因ともなるため、一度セルフチェックをし、当てはまる人は医療機関を受診してみることをオススメします。

スポンサーリンク  

関連記事はこちら