Urinalysis Eye-catching image

 

手軽に行え、体の状態を知ることができる検査として、尿検査があります。

その中でも、尿蛋白がでた場合、病気が原因のことや病気以外が原因のこと、女性の場合でしたら妊娠中に出るものなど・・・様々な原因で陽性となることがあります。

しかし、実際のところ・・・

どれくらいの人(何%くらいの人)が、尿検査で蛋白が陽性になっているのでしょう?

今回は、そんな尿検査で蛋白が陽性になる割合(比率)について、

  • 小・中学生
  • 大学生
  • 40代
  • 50代
  • 60代
  • 70代
  • 80代以上

と、年代別に分け、データを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

尿蛋白が陽性になるのはどれくらい?

proteinurea1

年齢の低い方から順に、陽性率を紹介していきます。

ちなみに尿検査で蛋白が陽性となる基準値はこちらです。→【まとめ】尿蛋白の基準値は?陽性の場合の再検査は?

【小・中学生】尿蛋白陽性率

学校疫学データ(学生の健康白書・1995)によると

  • 小学生全体 0.69%
  • 中学生全体 2.11%

目安として小学生・中学生では100人に1人〜2人くらいが引っかかるということです。

【大学生】尿蛋白陽性率

  • 大学生全体は、4.06%

となっており、大学生では100人に4人くらいが引っかかるということです。

年齢が上がるにつれ陽性率が増加しているのがわかります。

では、それ以降の年代ではどうなのでしょう?

40代以降は、平成6年度、茨城県総合健診協会の検尿疫学データです。

【40代】尿蛋白陽性率

  • 40代男性は、2.3%
  • 40代女性は、1.0%

【50代】尿蛋白陽性率

  • 50代男性は、2.9%
  • 50代女性は、1.4%

【60代】尿蛋白陽性率

  • 60代男性は、3.6%
  • 60代女性は、1.9%

【70代】尿蛋白陽性率

  • 70代男性は、4.4%
  • 70代女性は、3.1%

【80歳以降】尿蛋白陽性率

  • 80歳以降は、6.9%
  • 80歳以降は、5.9%

proteinurea

これらの結果を見ると、やはり年齢と共に尿蛋白陽性率は増加しています。

そして、男女比で見ると、男性の方が全年代で多い傾向がありますね。

これには、年齢と共に増加する高血圧糖尿病により、腎機能が低下して、尿にも影響が出ているということも関係します。

しかし、全てが病気につながるわけではなく、尿蛋白で陽性となる原因には、 生理的蛋白尿というものもあります。

詳しくはこちらをご覧ください。→【徹底まとめ】尿検査で蛋白が出る原因は?わかる病気はコレ!

参考文献:
あなたも名医!危ない 尿蛋白・血尿P6・7
日内会誌 90:1200,2001

最後に

  • 年齢が上がるにつれ、尿蛋白陽性率も増加している
  • 女性よりも男性の方が、尿蛋白陽性となることが多い

 

全てが病気につながる(原因)わけではありませんが、尿蛋白が陽性と出た場合、しっかり病院で検査をし、原因を突き止めることが重要です。

くれぐれも放置しないようにしましょう。

スポンサーリンク  

関連記事はこちら