血圧の下が高い場合、原因は何が考えられるのでしょうか。
また、高いといっても、血圧の上は正常だが下だけ高い時も高血圧の範疇なのか気になりますよね。いずれにしても、血圧の下が高い場合の注意点や対処法について知っておくのは大切なことです。
そこで今回は、血圧の下が高い場合の原因等についてご説明しましょう。

Sponsored Link

血圧の下が高い場合の原因は?

himan
血圧の下が高い場合は、以下の原因であることが少なくありません。

  • 運動不足食生活の乱れ等によって肥満気味である
  • 喫煙飲酒を好む
  • 睡眠不足ストレスが多い生活をしている

上記のような日々が続いている時に血圧の下が高い場合には、それぞれの原因を解消するように努めたいですね。

Sponsored Link

血圧の上は正常、下だけ高い場合も高血圧?

高血圧とは一般的には、血圧の上の数値に注目してしまいがちですよね。しかし、たとえ上が正常であったとしても、下の数値が高い場合には、高血圧の状態なのです。

具体的には、心臓がまだ血液を送り出していない段階の血管が、内部で強い圧力を受けている状態ですね。

つまり、拡張期高血圧と呼ばれるもので、下の血圧が85mmHg以上を示すと該当します。

血圧の下が高い場合、注意したいことは?

heart-itai

拡張期高血圧と呼ばれる血圧の下が高くなっている場合も、当然、注意が必要になってきます。

というのも、動脈硬化が進行しようとしていることが考えられるからです。

何故なら、まだ心臓から送り出される血液が血管内に流入していないのにもかかわらず、血管が圧力を受けて詰まり気味と同様になるためです。

尚、血圧の下が高い時の症状については、『血圧の下が高い場合に出る症状とは?薬は必要?』をご参照下さい。

動脈硬化は、脳卒中脳梗塞心筋梗塞といった命にかかわる病状の原因になるものです。ですから、血圧の下が高い状態を甘く見ないようにしたいですね。

血圧の下が高い場合の対処法は?

karui-sports
血圧の下が高い数値を示したのであれば、まず、生活習慣を改善することが大切です。

  • 塩分が控えめの食事を心がける
  • 動脈硬化に繋がるコレステロールや中性脂肪の排出に役立つ食物繊維を多く含む食品を摂る
  • ウォーキングやスイミング等の軽い運動を日課に取り入れる
  • 禁煙する
  • 過多な飲酒をせず、適量内に抑える

このように日頃の生活態度を見直し、健康的なライフスタイルを構築すると良いですね。

最後に

血圧の上が正常だったとしても、下が高い場合は拡張期高血圧と呼ばれる高血圧なので注意したいですね。
日頃の生活を見直し、肥満運動不足食生活の乱れストレス睡眠不足喫煙飲酒の量・機会が多い等があれば、改善する努力が必要です。
何故なら、血圧の下が高いのは動脈硬化が進行しようとしている恐れがあるからですね。
ですから、血圧の下が高い状態を安易に捉えず、生活習慣を見直してみませんか。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら