腫瘍マーカーのCA125

特に女性の人間ドックでも項目に入っている腫瘍マーカーの一つであるCA125はどのようながんで数値が高値になるのでしょうか?

卵巣癌が有名ですが、それ以外でも高値になることはあるのでしょうか?

また、そもそもCA125とは何なのかについてまとめました。

Sponsored Link

CA125が高値をきたす病気は?

0-88

まず、CA125の正常値は35.0U/ml以下です。

CA125が高値になる病気としては、以下のものが挙げられます。

  • 卵巣がん(特に漿液性腺癌)
  • 子宮がん(子宮体がん、子宮頸部腺癌)
  • 良性卵巣嚢腫
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 炎症・腸閉塞・骨折など

 

上で述べたように、卵巣がん、中でも漿液性腺癌の特異的な腫瘍マーカーと言えますが、それ以外にも、子宮内膜性疾患においても高値を示すことがあります。

Sponsored Link

CA125の評価の注意点

卵巣がんだけではなく、子宮内膜症や子宮筋腫といった、頻度の高い良性病変でも陽性となることがある点です。

また、健常女性であっても月経周期により影響を受けるので、評価には注意が必要です。さらに、炎症や、腸閉塞、骨折など、子宮や卵巣とは関係がないところでも高値となることがあります。

9a6077eb10c5cca00181a529a30908a7_s

そもそもCA125とは?

point5

まず読み方はそのままシーエー125と読みます。

卵巣の悪性腫瘍の特異的な腫瘍マーカーです。特に漿液性腺癌(しょうえきせいせんがん)と呼ばれる悪性腫瘍において高値を示します。

CA130、CA602とは?

CA125と似た腫瘍マーカーにCA130、CA602があります。

CA130とは?

肺がん、卵巣がん(こちらも特に漿液性腺癌)、胆嚢がん、膵臓がんなどで陽性となります。

正常範囲は、35.0U/ml以下です。

CA602とは?

CA602は漿液性腺癌で陽性率が高く、その陽性率はCA125と同程度と言われています。

病気の病勢と相関するため、卵巣がんの漿液性腺癌の治療効果の判定に用いられることもあります。

ただし、この腫瘍マーカーもCA125と同様に、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫など良性病変でも陽性となることがあるので注意が必要です。

最後に

ef384ec7adf00c35693b8b1af6db2dfd_s

CA125は卵巣がん、特に頻度が高い漿液性腺癌に特異的に上昇する腫瘍マーカーです。

そのため、30歳代から女性の人間ドックで項目に入ることが多い検査です。

ただし、高値だから、イコールがんとは限らず、頻度の高い子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症でも陽性となることがあるので、婦人科受診、経膣超音波検査(エコー検査)、骨盤MRIなどによる精密検査が必要となります。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら