brain-4

脳は、大脳、間脳、脳幹、脳梁、小脳から構成されていますが、大脳の後下方にある小脳にはどんな機能があるのでしょう?

今回は、小脳にスポットを当て

  • 構造
  • 働き
  • 障害による症状

をご説明したいと思います。

Sponsored Link

小脳とは?

小脳は、大脳の後下方かつ、脳幹の背側にあります。成人で重さは120~140グラムで、脳全体の重さの10%強を占めます。また、大脳と同じく、灰白質と白質を持っています。

brain

小脳の構造は、小脳半球・虫部・片葉小節葉(へんようしょうせつよう)に分けられます。(前葉・後葉・片葉小節葉と区分されることもある)

brain-6

系統発生学的には、大脳小脳(新小脳)・脊髄小脳(旧小脳)・前庭小脳(原小脳)の3つにも分けられます。

brain-5

関連記事)【まとめ】大脳皮質とは?機能や障害された時の起こりうる症状

小脳の働きは?

小脳は、運動機能の調整・体の動きを記憶(運動の学習)・大脳の思考をコピーして保持する機能があると近年分かってきました。

医師
大脳小脳(新小脳)・脊髄小脳(旧小脳)・前庭小脳(原小脳)の働きをそれぞれご説明します。

大脳小脳(新小脳)

四股の動きの調節。

脊髄小脳(旧小脳)

姿勢や歩行、体幹や四股の動きの調節。

前庭小脳(原小脳)

頭部と眼球運動の調整や体の平衡の維持。

海馬の記憶の形成は長期増強(LTP)が使われるのに対し、小脳の運動の学習には、長期抑圧(LTD)・長期増強という両方向のシナプス可塑性が使われます。そのため、水泳(泳ぎ方)や自転車の乗り方、スキーなど体で覚える記憶は小脳に蓄えられると考えられています。

Sponsored Link

小脳が障害された場合に起こりうる症状は?

小脳が障害されると、小脳の持つ働きが阻害されます。そして、しばしば運動失調など、協調運動の欠如が現れます。

医師
働きと同様に、大脳小脳(新小脳)・脊髄小脳(旧小脳)・前庭小脳(原小脳)という部位別にご説明すると、以下のような症状が現れます。

大脳小脳(新小脳)

四股の協調運動の障害構音障害などが起こります。運動がスムーズに行えなくなり、運動の分解と言い、行動が一つ一つに分解されてしまう症状が出現します。

脊髄小脳(旧小脳)

立位や座位での動揺や歩行障害などが起こります。これは、小脳の筋紡錘への制御に異常が生じて筋トーヌスが下がるためとも言われています。

前庭小脳(原小脳)

平衡障害や目眩、眼振など眼球運動障害が起こります。

最後に

  • 小脳の構造は、小脳半球・虫部・片葉小節葉に分けられる
  • 系統発生学的には、大脳小脳(新小脳)・脊髄小脳(旧小脳)・前庭小脳(原小脳)に分類される
  • 小脳は、運動機能の調整・体の動きを記憶(運動の学習)・大脳の思考をコピーして保持する機能がある
  • 運動失調など、協調運動の欠如などを中心に症状が現れる

 

アルツハイマー型認知症患者の脳をPETで検査した結果、頭頂連合野や側頭連合野は認知症により脳の萎縮が進み、全く機能していなかったものの、小脳はなぜか活発に活動しているということが判明しました。

アルツハイマー型認知症患者の場合、例外なく小脳が活動し、通常より強化されているということが確認され、どうしてこうなるかというと、大脳から失われてしまった精神的な機能を小脳が代替していると考えられているのです。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら