」タグアーカイブ

バレット食道は癌化する?症状や治療法をイラストや画像で説明

Barrett's esophagus Eye-catching image

上部消化管内視鏡(胃カメラ)を受けると、「バレット食道」と診断されることがあります。

イギリスの外科医にちなんで付けられたこのバレット食道ですが、主に逆流性食道炎が原因となり起こります。

問題なのは、このバレット食道が癌化することがあるということです。

今回は、このバレット(Barrett)食道について、どんなものなのかを含め

  • 症状
  • 検査
  • 治療

などをわかりやすく説明していきたいと思います。

続きを読む

アカラシアは食道癌になりやすい!?予防出来る?

achalasia

食道アカラシアというと、下部食道括約筋の機能障害により、物が飲み込みにくい、嘔吐(吐き気)、胸痛などの燕下障害が起こルものです。長年この症状に悩み、徐々に症状は悪化し、治療なしでは自然回復することはありません。

更に、この食道アカラシアは、食道癌のリスクが普通の人に比べると高くなるというのです。それは本当でしょうか?

今回は、アカラシアと食道癌の関係、予防や早期発見のためにどういったことに注意すべきかご説明したいと思います。

続きを読む

腹部エコーで胆嚢ポリープが!大きくなったら危険?

腹部エコーで胆嚢ポリープが見つかったんです!経過観察と言われましたが、大きくなったら癌の可能性が高まるのでしょうか?
医師
ポリープの大きさにもよりますが、10mm以下なら癌の可能性は低いですが、急激に大きくなったりする場合は癌の可能性が高まりますので経過観察が必要です。

人間ドックの腹部エコーで胆嚢ポリープを指摘された場合、必ず大きさが問題となります。

なぜなら、胆嚢ポリープは大きさが良性・悪性の判断の一つの基準となるからです。

 

そこで今回は、

  • どれくらいの大きさまでなら良性?
  • 小さな胆嚢ポリープでも、大きくなる可能性はある?
  • 胆嚢ポリープが大きくなったらどうなる?
  • 癌になる可能性がある大きさはどれくらい?

など、胆嚢ポリープの大きさに焦点を当ててご説明していきます。

続きを読む

腹部エコーで肝臓に影!どんな病気の可能性がある?

最近、超音波検査を受けたら肝臓に影が見つかったんですよ!
医師
落ち着いてください。大きな病気と決まったわけではありませんよ。

超音波検査を受けたら影が見つかった!なんてわかったら誰だって不安になってしまいます。

もちろん精密検査をやらないとわからないこともありますが超音波検査からわかることだってたくさんありますしね。

実際影が見つかったらどんな病気が考えられるのか、考え出したら夜も眠れませんね。

そこでそんなあなたの為に

  • 肝臓に影!どんな病気の可能性があるの?
  • 肝臓がんを疑う場合の数値の判断基準は?
  • 肝臓がんの特徴は?

についてまとめました。

続きを読む

腹部エコーで膵臓に影がある!原因は?良性から癌まで。

健診や人間ドックで膵臓を調べる検査として最も一般的なのは腹部エコーです。

エコー検査は超音波を体に当て、その反響を画像化する検査法で、体の外から調べることが可能となり、体への負担の少ない検査法の1つです。

その腹部エコー検査で医師から「膵臓に影がある」と言われたら・・・。

「もしかして、癌なのでは?」などと不安が大きくなる場合もあるかもしれません。

そこで今回は、

  • 腹部エコーで膵臓に影がある場合に考えられる病気は?
  • 腹部エコー で膵臓癌の疑いがあるとほぼ確定なのか?
  • 腹部エコー で膵臓を検査、描出不良とは?

について説明して行きます。

続きを読む

腫瘍マーカーのProGRPの基準値は?高いとどんな病気?

腫瘍マーカーの1つにProGRPというものがあります。

ProGRP は小細胞肺癌と呼ばれる種類のがんの腫瘍マーカーの1つなのですが、今回はこのProRGP(プロジーアールピー)について

  • 基準値
  • 異常な場合考えられる病気
  • 注意点

をご説明したいと思います。

続きを読む

腫瘍マーカーのPSAが高い!前立腺がん?

A high PSA tumor markers Eye-catching image

人間ドックでも検査の中に入っている腫瘍マーカーの一つであるPSAが高値を示す場合、どのような可能性があるのでしょうか?

PSAは前立腺がんの腫瘍マーカーとして知られていますが、高ければ前立腺がんなのでしょうか?

また、そもそもPSAとは何なのかについてまとめました。

続きを読む

血尿の原因は癌の可能性もある?その確率は?

Cause of hematuria Eye-catching image

 

尿には、体のさまざまな成分が現れますが、その排泄物である尿に血液が混入すると(血尿)、何が原因なのかと焦りますよね。

また、血尿となると、癌の可能性もあるのでしょうか?

今回は血尿について

  • 原因
  • 癌発見の確率
  • 危険因子
  • 再検査

など、気になる情報を、血尿診断ガイドラインを元に図でわかりやすく解説します。

続きを読む

がんは早期発見で生存率は大きく上がる!

日本人の2人に1人はがんにかかりますが、がんの種類によっても悪性度が高い、低いがあると同時に、同じがんでも早期発見されて、取り除くことができれば、完治もしくはそれに近い状態に持っていけます。

それだけ早期発見が大事だということです。

ここでは、早期発見できたがんと進行したがんの生存率の違いについてまとめました。

続きを読む

PET-CT検査でわかることは?メリットデメリットを徹底まとめ!

PET-CT検査でどのような病気やがんがわかるのでしょうか?

現在ではPETよりもPETとCTが一体化されたPET-CT検査が主流となっています。

PET検査CT検査が同時に出来るとは、どの様な事でしょうか?

また、どの様なメリットがあるのでしょうか?

今回は、そのPET-CT検査について

  • 検査方法
  • メリット
  • デメリット

をわかりやすく解説したいと思います。

続きを読む