病気」タグアーカイブ

【図解】尿潜血の原因は?陽性ならどんな病気の可能性がある?

Cause of occult blood Eye-catching image

 

赤ちゃんから高齢者まで、年齢問わず行え、痛みも苦痛も感じることのない尿検査

尿には、体内のさまざまな成分が含まれており、病気などの異常を発見することも可能です。

では、尿検査によって尿潜血(にょうせんけつ)が陽性となった場合、どのような病気の可能性があるのでしょう?

今回は、尿潜血(英語表記で「urine occult blood 」)について

  • 基準値
  • 陽性の場合の原因
  • 考えられる病気
  • 注意点

を解説したいと思います。

続きを読む

尿検査のpHとは?基準値や考えられる病気は?

pH Eye-catching image

 

健康診断や人間ドックなどで行われる尿検査。

その中で、尿pHという項目を目にしたこともあると思います。

今回は、この尿検査のpHについて

  • 検査で分かること
  • 基準値
  • 異常な場合
  • 病気
  • 注意点

をご説明したいと思います。

続きを読む

【保存版】肝臓の病気や症状を徹底まとめ!

Disease of the liver Eye-catching image

 

肝臓という人体最大の臓器は、症状が出にくい場所でもあり、疾患が隠れていても発見が遅れることのある沈黙の臓器といわれています。

では、そんな肝臓に起こる病気はどのようなものがあるのでしょう?

今回は、肝臓の病気を症状を含め徹底的にまとめました。

参考にされてください。
続きを読む

【CT、MRI画像あり】脳萎縮とは?症状や考えられる病気は?

人間ドックや健康診断などで頭部CTやMRIといった画像診断を受けた時に、

「年齢不相応な脳萎縮」

と記載されることがあります。

実は、この脳萎縮とは、非常に診断が難しいものです。

というのは脳の萎縮は、

  • 加齢により起こる。
  • 個人差もある。

からです。

つまり、「脳萎縮がある」と診断するには、この両者を考えてもやはり異常な萎縮だ!と判断しなければならないからです。

この脳萎縮は、正常であっても加齢と共に起こりますが、それ以外にも様々な原因で起こります。

今回は脳萎縮(英語で「Brain atrophy」)について、そもそも脳萎縮とは何なのか、脳萎縮の症状、原因、画像所見、さらに脳萎縮は回復するのか?といったところについて実際の画像を交えながら、ご説明していきたいと思います。

続きを読む

腹部エコーで膵臓に影がある!原因は?良性から癌まで。

健診や人間ドックで膵臓を調べる検査として最も一般的なのは腹部エコーです。

エコー検査は超音波を体に当て、その反響を画像化する検査法で、体の外から調べることが可能となり、体への負担の少ない検査法の1つです。

その腹部エコー検査で医師から「膵臓に影がある」と言われたら・・・。

「もしかして、癌なのでは?」などと不安が大きくなる場合もあるかもしれません。

そこで今回は、

  • 腹部エコーで膵臓に影がある場合に考えられる病気は?
  • 腹部エコー で膵臓癌の疑いがあるとほぼ確定なのか?
  • 腹部エコー で膵臓を検査、描出不良とは?

について説明して行きます。

続きを読む

尿沈渣で円柱の正常値とは?どんな病気がわかる?

健診に行けば誰もが行う尿検査。

ここで何か見つかるとまた再検査になります。

この再検査で行われるのが尿沈渣です。

尿沈渣では顕微鏡を用いて尿についてさらに詳しく調べるので、尿検査の段階ではわからなかったこともわかるようになります。

尿沈渣の成分には、有機成分、無機成分に大きく分けられます。

そして今回お話しすることは、尿沈渣で検査され有機成分に分類される円柱についてです。

  • 円柱とはどういうものなのか
  • 正常値
  • 異常な場合

これらことについて解説します。

続きを読む

病院

尿沈渣で細菌が・・・基準値や原因まとめ!考えられる疾患は?

尿検査で細菌が見つかることがあります。

尿検査で最も一般的な検査は試験紙法と呼ばれる検査です。

この試験紙法で尿路感染を疑う結果が出た場合や、腎・泌尿器疾患が疑われる場合、尿沈渣という検査が行われます。

尿沈渣とは尿を遠心分離させ顕微鏡で観察する検査です。

今回はこの尿沈渣で細菌が陽性となった場合について

  • 尿沈渣での細菌の基準値は?
  • 尿沈渣で陽性になった場合はどうなるのか
  • 尿沈渣で細菌が出る原因や疾患は?

これらについてわかりやすくまとめてみました。

続きを読む

健康診断

大腸内視鏡でわかる病気は?検査すべき年齢や症状は?

人間ドックや健康診断でも行われ、大腸がんのスクリーニングでもある大腸内視鏡(大腸カメラ)

同じく大腸がんのスクリーニングとして手軽に行える便潜血検査と異なり、お尻の穴にカメラを挿入することに抵抗を感じる方も多くいらっしゃいます。

しかし、便検査では潜血反応を知ることにより病気の疑いを知ることができますが、大腸内視鏡ではさらに詳しく、実際に目で病気を確認・検査することが可能です。

では、実際大腸内視鏡でどのような病気が発見できるのか?

今回は、大腸内視鏡について

  • わかる病気
  • 何歳から受けるべきか
  • 受けるべき症状

などを解説したいと思います。

ぜひ参考になさってください。

続きを読む

【保存版】CRPが高い原因は?どんな病気の可能性がある?徹底まとめ!

感染症があるかどうかを判断する血液検査の一つに、

  • 白血球数(WBC)
  • CRP(読み方はそのままシーアールピー)

があります。

特にCRPは炎症マーカーの代表として知られており、細菌感染症を始めとする炎症性疾患を中心に高値となり、採血項目の中でも日常的に検査されるものです。

ただし、「CRPが高値=感染」というわけではありません。

また、「CRPが低値=感染ではない」というわけでもありません。

これらはあくまで参考であり、この2つの数値のみを見て感染の有無を判断するのは良くないと言われます。

特に、CRPだけを見ていると全体像が見えなくなります。

つまり、他のデータや体の状態などと総合的に判断する必要があります。

医師
今回はそんなCRPについてです。
  • CRPが高いときにはどのような原因が考えられるのか?
  • どのような病気の可能性があるのか?

を中心にCRPについて徹底的にまとめました。

ではいきます! 続きを読む

尿検査でわかることは?どんな病気が見つかる?

Seen in urine test Eye-catching image

 

尿を採取して提出するだけで済む簡単に行える検査なため、様々な場で行う機会の多い尿検査。

しかし、その尿検査でどんなことが分かるのかご存知ですか?

自分の体から排出される尿には、色々な成分が現れます

身近なとこでいえば、幼稚園や学校等の尿検査・妊娠中に行う尿検査・泌尿器科・内科等でも頻繁に行われます。

今回は、この尿検査について

  • 分かること
  • 分かる病気
  • 尿検査の見方

などをご説明したいと思います。

続きを読む