異常」タグアーカイブ

ベンス・ジョーンズ蛋白とは?検査方法や考えられる疾患を解説

尿検査は様々な項目を調べますが、その一つに蛋白があります。

蛋白が混じる尿を蛋白尿と呼びます。

この蛋白尿の原因は様々ありますが、その中で腎前性蛋白尿(尿を生成する過程で腎臓より前の段階に原因があるタンパク尿)となるものの1つに、ベンス・ジョーンズ蛋白というものがあります。

今回は、ベンス・ジョーンズ蛋白(英語表記で「Bence Jones protein」)について

  • 検査方法
  • 正常値
  • 異常な場合の疾患

などを解説したいと思います。

続きを読む

心電図の見方の基本!異常な場合の原因・鑑別は?

View of the electrocardiogram Eye-catching image

 

健康診断や人間ドックで受ける心電図は、波型のグラフが表示されますが、素人目には何がどうなっているのか、分かりませんよね?

そこで、今回は、心電図の見方の基本として

  • 基本の波形
  • 異常な場合の波形

を、分かりやすくイラストと共にご説明したいと思います。

続きを読む

心電図で異常が出た場合の再検査は?どんな精密検査がある?

Abnormal electrocardiogram Eye-catching image

 

健康診断や人間ドックを受けると、しばらくして検査結果が届きます。

検査結果では、

  • 異常なし
  • わずかに基準値外だが異常のない程度
  • 再検査までは必要ないものの、経過観察
  • 異常があるかも、再検査
  • 何らかの異常を認めるため、要精密検査

と表記されます。

しかし、心電図で異常=心臓に問題が?!

というように、再検査となると不安もつきまといます。

今回は心電図の再検査について

  • 再検査の方法(精密検査)
  • 考えられる異常
  • 注意点

などをご説明したいと思います。

続きを読む

人間ドックの結果が心配・・・これを読めば楽になる!

人間ドック、受けるのはいいけど、毎回結果が出るまでが心配で・・・もうこれが胃や心臓に悪い・・・と思う方も少なくはないんじゃないでしょうか?もし、再検査だったら・・・もし、要精密検査だったら・・・家族はどうする?自分はどうなる?負の連鎖でしょうか・・・どんどん悪い想像ばかりしてしまいますよね。

実は、私・・・人間ドックの結果、異常が出たことがあるんです。「え~そうなの?!」「大丈夫だったの?」そう思う方いらっしゃいますよね。結果・・・大丈夫だったんです。

今回は、人間ドックの結果が心配な方にこれを読めば楽になるという情報として、異常と出ても大丈夫という場合もあることをご説明したいと思います。

続きを読む

心電図の結果の見方は?基本を簡単にご説明

 

Complete medical checkup electro-cardiogram Eye-catching image2

 

健康診断で心電図検査を行い、検査結果が出ますが・・・見ても何の事を書いてあるかさっぱりということってありますよね。

しかし、心電図のところに「D2…要精密検査」と記載があれば・・・

  • 自分は病気なのか?
  • 心電図というと、心臓に問題が?

色々な悪い想像をしてしまいますよね・・・

そこで今回は、健康診断や人間ドックの心電図の結果について

  • 心電図の結果の見方
  • 心電図でわかること
  • 心電図の再検査の意味

など、基本的なことを簡単にご説明しましたので、参考にされてください。

続きを読む

CA15-3・BCA225の基準値は?乳がんの腫瘍マーカーとして有用?

Tumor marker for breast cancer Eye-catching image

腫瘍マーカーの中で、乳がんのために行うものとして、CA15-3やBCA225があります。

このCA15-3BCA225とはどのようなものか、

  • 基準値
  • 異常な場合
  • 注意点

について解説しました。

参考にされてください。

続きを読む

電解質とは?基準値や異常な原因として考えられる病気は?

 

生体において、血液中の電解質は常に一定のバランスを保ち、我々人間が生きていく上での生理的な動きに不可欠な役割を担っています。

しかし、この電解質がそもそもどんなものなのか?

どれくらいだと正常なのか?

わからないことも多いですよね。

そこで今回は、この電解質(英語表記で「Electrolytes」)について

  • 基準値
  • 検査をする意味
  • 異常の原因
  • 注意点

などを詳しく解説したいと思います。

続きを読む

総蛋白(TP)の基準値は?高い・低いとどんな病気の可能性がある?

 

 

血液検査の結果の中で、総蛋白なるものがあります。

総蛋白とは、何なのでしょう?
医師
血液中の蛋白質量を調べたものです。

また、総蛋白の基準値(正常値)や、異常ならどんな病気の可能性があるのか、気になりますよね。

そこで今回は、総蛋白(英語表記で「total protein」略語でTP)について

  • 検査
  • 基準値
  • 異常値(高値・低値)
  • 異常(高値・低値)な場合考えられる病気
  • 注意点

をご説明したいと思います。

続きを読む

血清アミラーゼ(AMY)の基準値は?異常高値・低値ならどんな病気?

血液検査の結果で「血清アミラーゼ」という項目があります。

この血清アミラーゼとは何なのでしょうか?

また、アミラーゼの数値はどれくらいだと問題なのでしょうか?

今回は、血清アミラーゼ(英語表記で「Serum amylase」略語で「AMY」)について

  • 検査で分かること
  • 基準値
  • 異常値で考えられる病気
  • 注意点

をご説明したいと思います。

続きを読む

尿素窒素(BUN)の基準値は?異常ならどんな病気?

尿検査の1つに尿素窒素というものがあります。

尿素窒素とは、血中の尿素に含まれる窒素分を表すもので、BUN(blood urea nitrogenの頭文字をとったもの。読み方は「ビーユーエヌ」)といいます。

尿素は、体内でタンパク質が分解されてできる最終代謝産物で、主として腎臓を通して体外に排出されます。

普通尿素は尿素窒素量として測定され、腎機能の診断、治療経過のチェックにおいて重要な検査となります。

今回は、尿素窒素(BUN)について

  • 検査理由
  • 基準値
  • 病気
  • 注意点

をご説明したいと思います。

続きを読む