心電図では何が分かる?基本の波形は?

心電図検査は、心臓の病気を見つけるための検査です。

心臓は生きている限り鼓動を続けますが、この心臓を動かす電気信号を体の表面で捉えて波形として記録するのが、心電図です。

心電図の基本は、「PQRSTU」のアルファベットの波形の繰り返しで表記されます。

pqrstu

医師
それぞれの波形についてご説明します。

P波

前半の右心房と、後半の左心房の興奮が合わさったものです。

QRS波

心室の興奮の過程をあらわします。

ST部分

普段は平坦ですが、異常があると、変化があらわれます。

T波

心室の電気的な興奮が回復する様子があらわれます。

U波

T波に続いてあらわれる小さな波ですが、あらわれないこともあります。

医師
また、上記以外に、PQ間隔とQT間隔も波形から見てとれます。

PQ間隔

P波の始まりの地点から、Q波の始まりの地点までの時間のことで、発生した電気信号が心室に伝わるまでの時間となります。

QT間隔

Q波の始まりの地点から、T波の終わりの地点までの時間のことで、心室の興奮が始まってから回復するまでの時間となります。

[adsense]

心電図で異常な場合の波形は?

心電図では、以下のような異常が現れます。

医師
それぞれについてご説明します。

調律異常

心臓は1分間に60〜100回、洞結節から発する電気信号を起こしています。

しかし、この範囲を超えて速くなったり、遅くなったりするのが、調律異常です。

electro-cardiogram 1

electro-cardiogram 2

などに異常が見られます。

伝導異常

電気信号を伝える刺激伝導系に異常が現れるものを、伝導異常といいます。

心房から寝室への電気的興奮が伝導しなかったり、心室内で伝導が途切れる場合があります。

electro-cardiogram 3

などがあります。

P波の異常

electro-cardiogram 4

右房負荷は肺性P波、左房負荷は僧帽性P波ともいいます。

QRSの異常

QRS波(寝室の興奮を表す)の振幅の増大からは心室の肥大が、QRSの幅の延長からは、心室の刺激伝導の遅れが分かります。

また、心筋梗塞が疑われる、異常波形などの情報が読み取れます。

electro-cardiogram 5

などがあります。

ST-T波の異常

心室の電気的興奮からの回復状況を反映した状態で、心筋の障害や狭心症(虚血)などがあると変化が出る。

electro-cardiogram

などがあります。

関連記事)

参考文献:四訂版 病院で受ける検査がわかる本P78~83
参考文献:新 検査のすべてがわかる本P154~157
参考文献:検査のしくみ 検査値の読み方P116
参考文献:きょうの健康 検査でわかることP100~109
参考文献:病気がみえるvol.2循環器P356・357

最後に

「この波形はこの異常」と心電図を見るだけで判断することはなかなか難しくもあります。

また、心電図に異常が出れば必ずしも病気があるとも限りません。

ですので、再検査を行い、精密検査をする必要があるのです。

中には、病気があっても自覚症状がなく、詳しい検査をするまで気づかないこともあるので、その兆候を見るためにも心電図検査は重要なのです。

 

関連記事はこちら


タグ

コメントを残す