採血」カテゴリーアーカイブ

甲状腺機能低下症の症状は?セルフチェックしよう。

甲状腺機能低下症にはどのような症状があるのか、ご存じですか?

知っていれば、セルフチェックがしやすくなりますよね。

また、甲状腺機能低下症における採血時のTSHの数値や、治療・食事について知っておくことで、焦ったり慌てたりせずに対応できます。

そこで今回は、甲状腺機能低下症についてご説明しましょう。
続きを読む

甲状腺の病気にはどんな種類がある?

甲状腺の病気にはどんな種類があるのか、ご存じですか。
あらかじめ甲状腺の病気や特徴について理解しておくと、早期発見に役立ちますよね。
また、早期発見できれば、早めに治療開始できるのです。
そこで今回は、甲状腺が関わる病気の種類や特徴についてご説明します。
続きを読む

甲状腺の腫れの原因は?セルフチェックできる?

Swelling of the thyroid gland Eye-catching image

甲状腺の腫れの原因はどこにあるのか、気になりませんか。
あらかじめセルフチェックの方法を知っていたり、どんな症状が出てくるのか覚えておくと、気になる点があれば早めに病院へ行きやすいですよね。
でも、甲状腺の腫れを見てくれる診療科は何科なのかも把握する必要があります。
そこで今回は、甲状腺の腫れについてご説明します。
続きを読む

ブライダルチェック【男性】の場合は?費用や内容も徹底解説!

 

ブライダルチェック・・・

気になっているのですが、男性でも受ける事が出来るのでしょうか?

医師
ブライダルチェックは、女性が対象と考えている方が多いようですが、男性のブライダルチェックもあります。

男性のブライダルチェックは、

  • 結婚前、もしくは結婚予定は無いけれど、将来家庭を持ちたい方
  • 結婚され妊活中の方

などを対象に、妊娠力の測定や性感染症などを検査するものです。

そこで・・・

「どんな検査内容なのだろう?」

「費用はどれくらい?」

など、気になる事も出てきます。

そういった疑問を解決!

今回は、男性のブライダルチェック

  • 概要
  • 費用
  • 内容

について紹介します。

ブライダルチェックをお考えのかたのお役に立つと幸いです。

続きを読む

電解質とは?基準値や異常な原因として考えられる病気は?

 

生体において、血液中の電解質は常に一定のバランスを保ち、我々人間が生きていく上での生理的な動きに不可欠な役割を担っています。

しかし、この電解質がそもそもどんなものなのか?

どれくらいだと正常なのか?

わからないことも多いですよね。

そこで今回は、この電解質(英語表記で「Electrolytes」)について

  • 基準値
  • 検査をする意味
  • 異常の原因
  • 注意点

などを詳しく解説したいと思います。

続きを読む

総蛋白(TP)の基準値は?高い・低いとどんな病気の可能性がある?

 

 

血液検査の結果の中で、総蛋白なるものがあります。

総蛋白とは、何なのでしょう?
医師
血液中の蛋白質量を調べたものです。

また、総蛋白の基準値(正常値)や、異常ならどんな病気の可能性があるのか、気になりますよね。

そこで今回は、総蛋白(英語表記で「total protein」略語でTP)について

  • 検査
  • 基準値
  • 異常値(高値・低値)
  • 異常(高値・低値)な場合考えられる病気
  • 注意点

をご説明したいと思います。

続きを読む

血清アミラーゼ(AMY)の基準値は?異常高値・低値ならどんな病気?

血液検査の結果で「血清アミラーゼ」という項目があります。

この血清アミラーゼとは何なのでしょうか?

また、アミラーゼの数値はどれくらいだと問題なのでしょうか?

今回は、血清アミラーゼ(英語表記で「Serum amylase」略語で「AMY」)について

  • 検査で分かること
  • 基準値
  • 異常値で考えられる病気
  • 注意点

をご説明したいと思います。

続きを読む

血清LDHの基準値は?高いとどんな病気?

血液検査でわかる項目のひとつに、LDHというものがあります。

LDHは、血清中にある酵素の一種ですが、どのような場合に異常値となるのでしょう?

今回は、このLDH(読み方はそのままエルディーエイチ、英語表記で「lactate dehydrogenase」日本語に訳すと「血清乳酸脱水素酵素」)について

  • 基準値
  • 高い場合考えられる病気
  • 注意点
  • LDHアイソザイム

などを説明したいと思います。

続きを読む

血液検査でLAPの基準値は?高い・低いと異常?

血液検査の項目のひとつに、LAPというものがあります。

この検査で何がわかるの?
医師
あまり聞きなれないため、このLAPがどういうもので、どんなことがわかるかなど、ピンと来ないことも多いですよね?

そこで今回は、このLAP(英語表記で「leucine aminopeptidase」読み方は「ロイシンアミノペプチターゼ」その略語でLAP(読み方はそのまま「エルエーピー」))について

  • どんな検査なのか
  • 基準値
  • わかる病気
  • 注意点

などについてまとめました。

続きを読む

ALP(アルカリフォスファターゼ)が高値だと問題?基準値は?

 

ALP(アルカリフォスファターゼ)は、肝臓・腎臓・小腸・骨など多くの臓器に含まれているリン酸化合物を分解する分解酵素のひとつです。

このような臓器に異常が発生すると、アルカリホスファターゼが血液中に流出しやすくなりますので、血液検査などの臨床検査において、肝臓機能の状態を調べる指標として検査されます。

ALPが高値だったり、低い場合はどのような問題があるのでしょう?

今回は、ALP(アルカリフォスファターゼ)(読み方はそのままエーエルピーと読むことの方が多いです)について

  • 検査をする意味
  • 基準値
  • 異常な場合に考えられる病気
  • 注意点

などをまとめました。

参考にされてください。

続きを読む