30代、まだまだ若いようで、色々な衰えも出だす年齢ですね。先日小林麻央さんが人間ドックで乳癌が発見され、治療をしているというニュースを見てショックを受けた方も多いのではないでしょうか?

そういう私も30代・・・他人事ではありません。特に、小林麻央さんと同じように、まだ小さな子もおります。私に何かあったら子供達はどうなるのか?主人が1人で見るなんて実質不可能。逆に、主人に何かあっても1人で全てをやっていくなんて・・・と不安になります。

そこで今回は、30代で人間ドックは必要か否か?皆の意見をまとめ、30代男性の場合受けたい人間ドックの内容、また、女性の場合についてもご説明したいと思います。

Sponsored Link

30代で人間ドックは必要?

30代の夫婦なんですが、人間ドックは必要かどうかで主人と意見が割れています。私は主人に受けて欲しいんですが、主人はまだ若いし必要ないと言います。実際どうなんでしょう?
まだ若いと思ってる30代、年をとってきたと感じる30代、感じ方はそれぞれですが、人間ドックの必要性、一緒に考えてみましょう。

人間ドックで見つかることが多く、また怖い病気として・・・・・・ですよね。高齢になって見つかる癌は、進行も遅いことも多いと言われています。しかし、怖いのが30代などで見つかった癌の場合、癌の種類によっては若い人だと細胞の分裂も活発なので進行も早いと言われています。

Hospital 5

そういう、進行の早い癌・・・もう見つかったら手遅れなの?・・・そうじゃないですよね。早期に発見すれば、早期治療ができ、その分助かる確率もグンと上がります。なので、30代でも人間ドックって必要なんです。

Sponsored Link

30代男性が受けたい人間ドックの内容は?

やはり、30代でも人間ドックは必要ですよね!主人にも話してみます。そして、30代男性の場合、人間ドックでは主にどんな内容を検査した方がいいのでしょうか?
基本検診はもちろんですが、それ以外で30代男性に受けて頂きたい内容をご説明します。
  • 糖尿病検査
  • 脳卒中検査
  • 心臓病検査
  • 脂質異常症検査
  • 高血圧検査
  • 肥満検査
  • 肝臓検査
  • 腎臓検査

これらは、生活習慣病の検査です。30代男性は、特に飲み事の多い年代でもありますよね。そして、休みの日は寝てたい・・・そんな生活は、生活習慣病の中でも怖い、糖尿病まっしぐらです。糖尿病は、疑いが出たその時から、動脈硬化の危険も付きまといます。放置すると怖い病気なんです。

なので、未然に防ぎ予防することができたら1番ですよね。そのために、上記のような検査がおすすめです。将来の自分が健康に暮らせているかどうかは30代の過ごし方が大切なんです。

saiketsu

関連記事)

30代の女性が受けたい人間ドックの内容は?

私は主婦なんですが、主婦でも人間ドックは必要ですよね?
もちろんです。人間ドックを受けるのに職業は関係ありません。主婦も家族にとっては大切な仕事をこなすなくてはならない存在です。30代女性に受けて欲しい人間ドックの内容をご説明します。
  • 乳癌検診
  • 子宮癌検診
  • 胃部検査
  • 腹部検査
  • 心電図

女性の場合は、乳癌検診、子宮癌検診が特に重要となります。この検査は早くから受けておくに越したことありません。市町村の検診ではマンモグラフィや40歳からとなりますが、自費負担となっても受けておいた方が良い検査です。

また、家族の心配などから胃へも負担がかかります。その他、出産を経験した女性だと、苦しい陣痛時に負担がかかった人も多いですよね。私の友人は、産後心臓発作を起こし、緊急搬送された人もいます。レディースドックという人間ドックのプランもあり、そういった検査には以上のような内容が組み込まれています。

nyugan

30代の人間ドックの重要性、主人にも話し、一緒に受けに行きたいと思います。大変参考になりました。

関連記事)女性の人間ドック、何の検査、項目を受けたらいい?年代別まとめ!

最後に

  • 30代でも人間ドックは必要
  • 特に30代など若くして癌が見つかると進行が早い場合も多い
  • 30代男性の場合は、生活習慣病検査を受けることがおすすめ
  • 30代女性の場合は、子宮癌、乳癌検診が組み込まれたレディースドックがおすすめ

30代の人間ドックの重要性、考えさせられますよね。私も、今まで市の健康診断や個別に婦人科検診は受けてはいたんですが、ニュース等で同世代の人の病気のニュースを見る度、ドキっとします・・・。

定期的に人間ドックを受けている人でも病気になるんです。それが人間ドックを受けてない人だったら・・・症状が出た時にはもう手遅れ・・・ということだってあり得ます。人間ドックの重要性、改めて再確認できたと思います。将来の自分の為、家族の為、10年20年、30年後・・・と将来を見据えて人間ドックを受けましょう

Sponsored Link

 

関連記事はこちら