最近では、中学生や高校生という若年世代にも増えている生理不順(月経異常)。周期日数が長かったり、短かったり、月経量が多すぎたり、少なすぎたり、また月経期間が長すぎたり、月経痛がひどかったり・・・でも、なかなか人に聞けず我慢している場合も多いですよね。

私も中学の頃から生理不順(月経異常)に悩み、親に相談して初めて母と婦人科を訪れましたが、若い子による婦人科の壁はなかなか高く、訪れにくい場所となっています。

そこで今回は、そんな中学生や高校生という若い子に向け、放置したらいけない生理不順(月経異常)はどんなことかをご説明、月経異常の原因や治療薬ピルってどうなの?といったことをご説明したいと思います。

Sponsored Link

生理不順(月経異常)、こんな場合は婦人科に相談を!

生理が始まって以来ずっと不順なんですが、どうしたらいいのでしょう?相談できる相手がおらず、こういう場合は病院に行った方がいいとか教えて下さい。
医師
放置したらいけない、以下のような症状がある場合は、一度婦人科を受診しましょう。
  • 15歳までに初経がなかった場合
  • 12.3歳までに初経はあったが、それ以降不順
  • 極端な「肥満」や「痩せ」と共に不順になった
  • ダイエットによって不順になった
  • 不正出血がある

以上のような場合には、何らかの原因が考えられ、排卵がうまくいってなかったりということも考えられるので、一度婦人科を受診した方がいいでしょう。

gekkeiijyou

関連記事)月経困難症とは?症状は?治療法は?

生理不順(月経異常)の原因は?

どうして生理不順(月経異常)になるんですか?原因を教えて下さい。
医師
生理不順(月経異常)の原因として考えれれるものをご説明致します。
  • 視床下部下垂体障害・視床下部無排卵・高プロラクチン血症
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
  • 卵巣無月経
  • 子宮性無月経

生理不順(月経異常)の原因として、以上の事が考えられますが、まずは婦人科を訪れ検査してみないことには分かりません。また、原因が分かった場合は治療することにより、症状改善にもつながります。

生理不順(月経異常)に対する治療法は?

生理不順(月経異常)だった場合、どういった治療法があるんですか?
医師
生理不順(月経異常)の場合の、代表的な2つの治療法をご紹介します。
  1. 性ホルモン製剤の周期的な投与
  2. 経口避妊薬(ピルなど)

医師の指示のもと、薬物療法が一般的です。中でもピルの使用は、避妊薬としての効果だけでなく、若年女性に有効的で、健康損失を補う効果もあります。

gekkeiijyou

関連記事)意外と多い子宮内膜症の症状をセルフチェックしよう!

ピルってどうなの?ピルの効果は?

ピルといったら、妊娠したくない人が飲む薬といったイメージしかないんですが、実際どうなんでしょう?
医師
日本での避妊方法ではコンドームが一般的ですが、海外の場合はピルが一般的です。また、低用量ピルを使うことによって様々な効果が得られるので、その効果を4つに分けてご説明します。

①月経周期に付随した症状の改善効果

  • 月経困難症(月経痛)の改善→60%改善
  • 月経血量の減少による貧血の改善→50%
  • 月経不順の改善
  • 子宮内膜症の進行抑制と症状改善

②排卵を抑えることによる効果

  • 機能性卵巣嚢腫の減少
  • 子宮外妊娠の減少

③ホルモンバランスの改善・ステロイド作用による効果

  • にきび改善
  • 関節リウマチの減少
  • 骨粗鬆症の減少

④長期服用による効果

  • 子宮体癌の予防→50%減少
  • 卵巣癌の予防→70%減少
  • 大腸癌の減少
  • 骨盤内炎症状疾患の減少
  • 良性乳房腫瘍の減少
  • 良性卵巣腫瘍の減少
医師
「ピルって良い事だらけ!それなら飲む!飲む!」と、軽い気持ちで飲むのではなく、ピルには飲み方があり、その正しい飲み方を実行しなければ意味がありません。用法容量を守り、医師の指示のもと、服用するようにしましょう。また中には、副作用が出る場合もあります。

Sponsored Link

ピルの副作用

ピルは副作用の少ない薬ですが、中には更年期障害のような症状が現れる場合も稀にあります。また、煙草を吸う人がピルを服用した場合、血栓症や心筋梗塞にかかる可能性が高まると言われています。

私は普段から薬の副作用が出やすいタイプなんですが、ピルを服用時も、偏頭痛や肩こり、だるさなどという更年期のような症状が出てしまい、服用を断念しました。しかし、もし合わなければ服用をやめれば症状は改善するので、試してみる価値はありそうです。

ありがとうございました。誰にも相談できなかったんですが、一度婦人科受診し、相談してみようと思います。

関連記事)子宮内膜症の治療でピルを使う場合があるってホント?

関連記事)低用量ピルとは?飲み方は?効果はどう?

最後に

  • 生理不順(月経異常)、悩まず婦人科に相談を
  • 生理不順(月経異常)には視床下部や卵巣などに原因が隠れていることも
  • 生理不順(月経異常)の治療には薬物療法が一般的
  • 生理不順(月経異常)にはピルが効果的
  • 低用量ピルには、月経異常の改善だけでなく様々な効果がある

いかがでしたでしょうか?中学生や高校生だと、自分の生理不順(月経異常)、「これって大丈夫なのかな?」と思っても、なかなか人に聞けないんですよね。しかも、一人で婦人科を訪れるというのは、結構な勇気も必要です。ですが、一人で悩んでいても改善することはなく、貧血が出てしまったり、様々な支障が出てしまいます。

一度、お母さん、保険の先生などに相談してみるのも一つの方法だと思います。我慢せず、勇気を出して適切な検査、治療を受けましょう。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら