乳がんの治療にホルモン治療が用いられます。

ホルモン治療とは女性ホルモンを抑える治療です。

今回は、乳がんのホルモン治療には、具体的にどのような薬が用いられるのか、また副作用はどのようなものがあるのかについてまとめました。

Sponsored Link

早期乳がんに対する標準的なホルモン治療は?

045

早期乳がんに対するホルモン療法を教えてください。
医師
閉経前か閉経後かで使う薬が異なります。

閉経前乳がんの場合

  • タモキシフェン
  • 若年者には卵巣機能抑制療法を追加する。

閉経後乳がんの場合

  • アロマターゼ阻害薬
  • タモキシフェン(骨粗鬆症の人など)
医師
適切なホルモン治療により乳がん再発の半数を抑えることができると言われています。
進行がんや再発したがんには使えないのですか?
医師
その場合にも使われますが、投与の方法が少し異なります。

進行がん、再発乳がんの場合

  1. アロマターゼ阻害薬
  2. フルベストラント
  3. タモキシフェン
  4. ヒスロン

という順番で効果の高いホルモン剤から投与をしていきます。

ただし、症例によっては分子標的治療薬を一緒に使ったり、効果がない場合は、抗がん剤に切り替えることもあります。

Sponsored Link

ホルモン治療ってどれくらいの期間続けるの?

ホルモン療法ってどれくらい続けるものなのですか?

標準的な投与期間は5年と言われています。

医師
これは過去のデータも揃っており、効果も安全性も確立されているからです。

ただし、近年10年続けるとさらに効果的かもしれないということが言われています。

実際タモキシフェンでは10年投与が優れているというデータが出ています。再発、死亡率ともに5年よりも効果的だというデータがあります。

一方、アロマターゼ阻害薬ではまだデータがそろっていません。

同時に、10年続けることによる副作用や費用の懸念があるのも事実です。

Graph

タモキシフェンの副作用は?

10年続ける方が効果的であったというタモキシフェンですが、万能というわけではありません。副作用が起こる可能性があるからです。副作用には、

  • 肺塞栓症
  • 子宮体癌

が有名です。実際10年続けることでこららの副作用が増加したという報告があります。

ホルモン治療の副作用は?

タモキシフェンの副作用は上記の通りですが、そもそもホルモン治療は、女性ホルモンを抑制するものですので、女性ホルモンが欠乏し、更年期症状が副作用として起こります。

具体的には、

  • ほてり
  • 関節の痛み
  • 気分の変調
  • 骨粗鬆症

といったものが挙げられます。

これらの症状は、肺塞栓症や、子宮体癌のように、直接すぐに命に関わるものではないため、症状が出てしまうと、つい内服を止めてしまう人もいます。内服をやめると当然乳がんへの効き目は減ってきます。

最後に

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

乳がんに対するホルモン治療についてまとめました。

ホルモン治療は効きにくいという人もいます。その場合は、分子標的薬など新しい薬が投与されることもあります。

また、ホルモン治療の投与期間については、5年が通常ですが、今後より伸びる可能性があります。

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら