閉所恐怖症のMRI検査の対策は?

閉ざされた狭い空間や場所にいることに極度の恐怖を感じる閉所恐怖症

そんな症状をお持ちの方が、一種の密室であるMRIに入り検査を受けることは精神的にも大きな負担となってしまいます。

その様な閉所恐怖症の方でもMRI検査を無理なく行う事は可能なのでしょうか?
また、閉所恐怖症を克服すること自体は可能なのでしょうか?

今回は、閉所恐怖症のMRI検査の対策などをまとめました。

Sponsored Link

閉所恐怖症のMRI検査の対策は?

MRI

一般男性 Bさん
閉所恐怖症のMRI検査の対策はありますか?

閉所恐怖症を持っている人はMRIの検査前にそのむねを検査技師などにきちんと伝えておく必要があります。

女性医師
脳ドックの際は頭方向からMRI装置に入ることになりますので、人によってはこの状態でパニックになってしまい検査が出来なくなってしまう場合もありますので、いくつかの対策がとられますのでご紹介します。
  • 子供などと同様に鎮静剤などで検査時間中眠って頂くという対策がとられる。
  • アイマスクを配布して閉鎖感を感じないように耳栓もしてもらう対策をとる事で安心して問題なく検査を受けられるようになる場合も多い。
  • どうしてもMRIによる検査が困難な場合は、X線を使用したレントゲン装置CTスキャナー装置による検査を行う。
    稀なケースではありますが、それでも時々こういった方がいらっしゃることから、病院側としてもそれなりの配慮と対策を行えるように準備している。
  • オープン型MRIによる検査を行なう。(これについては次にご説明します。)

Sponsored Link

閉所恐怖症のMRI検査 怖さやパニック状態から開放されるオープン型とは?

 

一般男性 Bさん
オープン型とはどんなものですか?
女性医師
MRIという機械はトンネルの中に身体を入れて行くというイメージが大きいですので、人によっては非常に大きな不安を抱えてしまったり、恐怖感を抱いてしまったりするようです。そんな従来のものに比べて、恐怖感を与えずに診察を行えるようになったのがオープンMRIというタイプです。

このオープンMRIは、閉所恐怖症の狭さに恐怖を感じる方向けに作られていますので、トンネルには入っていかずに周囲が切り開かれた状態のまま、MRIによる画像所見を行えるようになったものです。

その為、恐怖感やパニック感から開放され安心して診察出来る方法であると言えます。
また、トンネル型と違い開口部が広いデザインですので関節を動かしながらの撮像や手術中の撮像など特殊な検査にも応用されています。

この他、オープン型MRIは特に小さいお子さんの検査の際に保護者の方が付き添える利点もあり、親子共に安心して検査に望む事が可能です。

気になる性能の方も従来のトンネル式とはほとんど差がないとされています。

関連記事)中之島クリニックの人間ドックの評判は?料金は?

 

point5

 

閉所恐怖症のMRI検査に薬(睡眠薬、鎮静剤)は使用できるの?

drug10

一般男性 Bさん
検査の際に薬を使用できますか?
女性医師
まず検査を受けられる前に担当の医師と相談して睡眠薬や麻酔薬などを使って貰えるか相談されて下さい。
医師が必要と判断した検査でしたら、眠らせて検査を受けることもできると思いますが、他の方法で同様の効果のある検査があるのでしたら無理になさる必要はないと思います。

大きな病院だと安定剤を注射しながらMRIの検査してくれる場合もありますが、昏睡状態でMRIの撮影をするにはリスクが付き物になります。

薬を使用したことで長時間の撮影中に心臓や呼吸が止まってしまった場合に備えて、SPO2や心電図などのモニターを体に装着したり、必要あれば医師や看護師などが検査室内に立ち入って常時監視しするなど大がかりな検査になってしまいます。

そこまでしてもMRI検査をするメリットがあるならば行なわれますが、保険診療でない脳ドックともなればそこまでして行なうのは難しいかもしれません。
もし行なう場合は、保険診療でないので全て自己負担となり、かなりの追加料金が発生することも考慮されて下さい。

閉所恐怖症は克服できるの?

Lift

閉所恐怖症とは、閉ざされた狭い空間や場所に身を置くことに極度の恐怖を感じる症状のことです。

ちなみのこの場合の閉所とは、エレベーターの中、トイレの中、締め切った部屋、マイカー、飛行機、電車、バスなどの乗り物、トンネルなどの入ったらすぐには出れない場所や、身動きがとれない狭い場所の事です。

症状は人それぞれで、極度の発汗、吐き気、全身または手足のしびれ、めまいなどで、酷い場合は発狂して叫んでしまう事もある様で、異常に恐怖や不安を感じます。

一般男性 Bさん
その閉所恐怖症を克服する方法はあるのでしょうか?
女性医師
以下にいくつかの方法がありますのでご紹介します。

自然(自己)治癒力を信じることが大切

閉所恐怖症を克服するには、ある程度の時間がかかることを理解して治療に取り組むことが大切です。
時間は要しますが必ず治りますので、ご自分の中にある自然(自己)治癒力の力を信じ、治そうという強い意思を持ち続けることが大切です。

専門医の力をかりることも必要

病気を治すのはご自身ですし、治そうという強い意思があれば閉所恐怖は必ず治ると言われていますが、間違った治療法では一時的に病状を悪化させてしまったり、時間を必要以上に要する事になりますので、専門家に診断をしてもらい、相談しながら適切な治療を進める事も大切です。

心理療法を行なう場合、過去のトラウマ的体験を思い出させるという工程があり、辛い場合が多いものですが、そこから逃げることは、治療を拒絶する事になってしまいます。

過去の記憶を振り返り、恐怖感の軽い場面から恐怖感の強い場面へ段階的に直面していき、発作が起こらないことを確認しながら、少しずつ恐怖心を取り除くという治療法は、現在もっとも効果があると言われていますので、恐怖とあえて向き合う勇気を持たれて下さい。

適切な処方のもと薬物の服用も考慮

薬物療法に対してネガティブな考えや副作用などを心配する声がありますが、適切な処方のもとで服用すれば心配はありませんので、医師の指示に従い、適宜併用することも考慮されて下さい。

周りからの理解と協力

閉所恐怖症を恥ずかしいことではありません。一人で悩むことは、病状をさらに悪化させる原因になります。

周りの方に閉所恐怖症である事を伝え、辛い症状が現われる可能性のある場所や状況では家族や友人に世話をかけることを負担に思わないで助けを求めて下さい。共に助け合うのが家族であり、友人なのですから、周りの理解を求める事も大切です。

関連記事)脳ドックの評判は?受ける前に知っておきたい5つのこと!

最後に

閉所恐怖症だから、MRI検査に対して大変な恐怖感を懐いている方や検査自体を拒否されている方も多いと思います。

しかし、今回ご紹介しました様に、閉所恐怖症の方のために色々な対策オープン型のMRIも導入されていますので、まずはお受けになる医療機関の設備や方針をしっかり確認され、不安事項を取り除いて検査に臨まれて下さい。

また、閉所恐怖症は克服できますので、諦めずにご自分を信じて前向きに治療に専念されることも大切です。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら