特に、お子様が小さい女性の場合、なかなか人間ドックや健康診断を受けていないことが多いですよね。受けるにもどこで何を受けたらいいかわからないという人が大半だと思います。

企業や自治体が行う検診は、最低限の検査項目しかないため、がんを見つけにいく検査ではありません。ですので、女性特有のがんのチェックをするにはプラスアルファで検査を受ける必要があります。

とはいえ、人間ドックの場合、自費での受診となりますので、受けるにも必要な検査だけにしたいですよね。

そこで今回は年代別に受けるべき検査をまとめてみました。

Sponsored Link

20歳代の女性で受けるべき検査はコレ!

a1a45a5a8687f887e1ee48f56da4af8a_s

当然ながら、高齢になるにつれ、重篤な病気になる確率は増えていきます。20歳代の若いうちは、かなりリスクが少ないと言えます。そんな中でも受けるべき検査は、

  • 甲状腺刺激ホルモン値(TSH)を含めた基本的な血液検査
  • お腹の超音波検査(腹部エコー)
  • 子宮頸がん検査

となります。

関連記事)
子宮頸がん検診とは?何歳から?
子宮がん検診とは?費用は?生理なら?

30歳代の女性で受けるべき検査はコレ!

Skin care

20歳代と異なり、30歳代になると、がんにかかる人の割合も増えてきます。子宮頸がん、甲状腺がん、乳がん、卵巣がんなどをスクリーニングする検査を受ける必要があります。

20歳代よりも検査項目は以下のように増やされることをおすすめします。

血液検査では、CA125と呼ばれる卵巣がんの腫瘍マーカーも可能な限り組み入れましょう。

  • 甲状腺刺激ホルモン値(TSH)を含めた基本的な血液検査
  • お腹の超音波検査(腹部エコー)
  • 子宮頸がん検査
  • 経膣超音波検査
  • マンモグラフィー
  • 乳腺超音波検査(乳腺エコー)
  • 腫瘍マーカーCA125

関連記事)
子宮頸がん検診とは?何歳から?
子宮がん検診とは?費用は?生理なら?
乳がん検診とは?何歳から?
マンモグラフィーとは?痛いの?
腫瘍マーカーのCA125の上昇!どんな癌?基準値は?

40-50歳代の女性で受けるべき検査はコレ!

komatta

40歳代になると、乳がんの発症率が高くなります。

厚労省の発表でも、40歳以上の女性は乳がん検診を受けた方がよいとしています。
その際は、レントゲンであるマンモグラフィーだけでなく、内部をしっかり見れる乳腺超音波検査も受けるようにしてください。

さらに、40歳〜50歳代になってくると、閉経があり、それにより女性ホルモンのバランスが大きく変わり、骨粗しょう症になる可能性がありますので、骨密度もチェックしておきます。

子宮体がんが増えてくるのもこの年代くらいからです。子宮体がんのチェックもするようにしましょう。

また、骨盤底筋が弱くなってくる可能性があるのもこの年齢からですので、骨盤底の検査も組み入れましょう。

関連記事)
乳がん検診とは?何歳から?
マンモグラフィーとは?痛いの?
腫瘍マーカーのCA125の上昇!どんな癌?基準値は?

  • 甲状腺刺激ホルモン値(TSH)を含めた基本的な血液検査
  • お腹の超音波検査(腹部エコー)
  • 子宮がん検査
  • 経膣超音波検査
  • マンモグラフィー
  • 乳腺超音波検査(乳腺エコー)
  • 腫瘍マーカーCA125、CA19-9
  • 骨密度
  • 骨盤MRI

Sponsored Link

最後に

0-85女性ががん検診として受けるべき検査項目をまとめました。年齢に応じて、発症しやすくなるがんがありますので、年齢ごとに明確な区分はできないにしても、検査項目は一般的に増えていきます。ただし、検査にも当然副作用が起こることがありますので、何でも受ければよいというものではありません。

例えば、CT検査による被ばくはその典型です。胸部のレントゲンよりもCT検査の方が肺がんの発見率は高いですが、被ばく量は100倍と言われています。すると、がんを見つけるための検査が原因でがんになってしまえば、本末転倒ですよね。

がん検診はリスクに応じた検査を受けることが重要です。今回は、年齢別のリスクに応じた検査を紹介しました。これに加えて、喫煙習慣がある、高血圧がある、脂質異常がある、などと個々にリスクがある場合は、それに応じた検査を追加していく必要があります。

ぜひ参考にしてください。

また、こちらの記事も合わせてどうぞ

Sponsored Link

 

関連記事はこちら