夜間高血圧の治療とは、どのような高血圧を指すのでしょうか。発見が難しいと言われる夜間高血圧について、何か特徴的な症状があれば知っておきたいですよね。
また、夜間高血圧に気づかないでいると何が心配なのか、夜間高血圧の治療はどのようにするのかも、併せて理解しておきたいものです。
そこで今回は、夜間高血圧についてご説明しましょう。

Sponsored Link

夜間高血圧とは?

night
夜間高血圧とは、主に2種類のタイプに分かれます。

  • 昼間よりも夜間の血圧が高くなる。
  • 夜間の眠っている時に下がり気味になるはずの血圧が下がらない。

いずれにしても、夜間も血圧が高めが続く状態ですよね。
それによって、様々な体内の臓器に余計な負担をかけやすい状態になっているのが問題です。
何故なら、脳梗塞脳卒中、あるいは、心筋梗塞などの深刻な症状を引き起こす原因になりかねないからですね。

発見が難しい夜間高血圧、何か症状はあるの?

ibiki
夜間の血圧変動については眠っている時間でもあるため、なかなか発見することが難しい状態ですよね。
しかし、夜間高血圧の状態になっている場合、何かしらの特徴的な症状を発するようであれば、早めに気づくことが可能ではないでしょうか。

そのような症状の例として代表的なものには、睡眠無呼吸症候群があります。
これは、睡眠中に一時的とはいえ呼吸が止まってしまう症状ですね。

  • 眠っている時に呼吸が止まることがある。
  • 大きないびきをかいては止まり、止まっては再び大きないびきをかく。
  • 寝汗をかいて、朝までに何度か目を覚ます。
  • 起床時に熟睡感を持てず、すっきりと目覚められない。
  • 昼間、妙に眠気を感じて集中力散漫となりやすく、疲労感がある。

このような症状を自覚したり、家族などから指摘されたりするようになったら、睡眠無呼吸症候群夜間高血圧である可能性を考えて、早めに病院を受診しましょう。

Sponsored Link

夜間高血圧に気付かないでいると?

nou_kousoku
夜間高血圧は発見が難しいため気がつきにくいため、知らないうちに命に関わる重大な病気を発症する恐れがあります。
アイルランドで行われた血圧に関する実験結果として、夜間高血圧患者の死亡率が高いという報告も出ているのです。

例えば、

  • 脳梗塞や脳卒中を引き起こす原因になる。
  • 認知症を発症する危険性が高まる。
  • 心筋梗塞や心臓発作を引き起こす原因になる。

というようなことが考えられるわけですね。

これらはいずれも、動脈硬化等によって血流に問題が生じることで置きやすい病状です。
つまり、血液の流れに難のある夜間高血圧が、これらの病状に至るきっかけになる場合も十分にあるのです。

夜間高血圧の治療とは?

hospital
夜間高血圧であると診断された場合、どのような治療を行うことになるのでしょうか。

  • 病院を受診し、医師の指導のもと、朝か朝晩か薬を服用する。
  • 医師の指導のもと、塩分の摂取量を制限した食生活の改善を図る。
  • 1日30分程度の軽い運動を生活習慣に取り入れる。
  • 肥満気味の場合は、適正体重に近づくように減量する。
  • 喫煙者は禁煙の、飲酒週間のある人は禁酒の努力をしてやめるようにする。

このように自分自身で取り組めるものもありますが、早めに病院を受診して医師の処方箋・指導を受けることが大切ですね。

最後に

夜間高血圧は、本来なら血圧が下がり気味となる夜間も血圧が高い状態のことを指します。
なかなか発見しづらい病状ですが、睡眠無呼吸症候群などの症状がある場合は早めの受診を考えると良いですね。

夜間高血圧は眠っている間も体内の臓器が休まらず、脳梗塞などの命に関わる重大な疾患を引き起こす原因にもなるので注意することが大切なのです。
ですから、早めに医師の診断を受け、適切な治療を受けたいものですね。
例えば、薬の服用食生活の改善軽い運動の取り入れや減量禁煙禁酒を心がけましょう。

Sponsored Link

 

関連記事はこちら